みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

家庭教師と集団学習塾のメリット・デメリット比較。子供に合っているのはどっち?

      2015/07/28

集団学習塾
お子さんの将来のことを考えると、やはり教育には力を注いであげたいものです。
ですが、親自身が教えてあげられることは限られてくるので、家庭教師や学習塾を利用することを考えますよね。

そこで、家庭教師と塾との違いや、メリット・デメリットについて比較してみましょう。

家庭教師はマンツーマンの個人指導だから、お子さんのペースに合わせてくれます

子供の成長に個人差があるように、学習面においても理解力や進め方はそれぞれ違いますよね。
得意科目もあれば苦手科目もあるはずです。

そんなお子さんのペースに合わせてくれるのが「家庭教師」です。克服したい教科などがあれば、時間をかけてゆっくり丁寧に教えてくれますし、得意な分野があれば、さらに先へ進んで教えてくれることも可能でしょう。

「家庭教師」の場合のほとんどが、家に直接来て教えてくれるスタイルなので、時間の融通も聞かせてくれるなど、ご両親やお子さんの都合を優先して勉強を進めることができるのが、メリットとしてあげられると思います。

「家庭教師」のデメリットは?

やはり1対1ということで、もしもその先生が子供と合わなかった場合などは、もう一度新たに先生を紹介してもらうなどの「時間のロスができてしまう」ことや、集団学習塾に比べると、費用面では高い場合が多いので、家計には苦しいところです。

「集団学習塾」では周りの子供と競い合うことで、さらなる高みを目指すことが出来ます

そしてもうひとつ考えたいのが「集団学習塾」のことです。こちらは1人の先生に対して複数の子供を教えますから、学校の延長線のようでもありますね。
同じレベルの子供が周りにたくさんいることで、「あの子には負けたくない!」など競争心が芽生えてやる気をアップさせたり、人の目がたくさんあることで、その中でも集中力を高める効果も期待できるでしょう。

さらに、受験などに関して言えば、その地域の学校の情報などは常にリサーチしていますから、受験対策に備えるアドバイスを貰えたり、傾向などをレクチャーしてくれるメリットも考えられますね。

「集団学習塾」のデメリットは?

集団で学ぶ時にデメリットとして挙げられるのは、「個人対応しにくい」ということです。
大勢を限られた時間内で指導するのですから、もし分からないことがあったとしても、すぐに質問して解決できるか?といえば疑問です。

それから塾までは自分で通うことになりますので、通学時間もかかります。親の目も届かず、勉強がどんなふうに進んでいるのかを把握しにくい点も、デメリットなのかもしれません。

いかがでしたか?
家庭教師も学習塾も、それぞれにメリット、デメリットはあります。その違いを良く理解したうえで、お子さんの性格や個性にあった勉強方法を選んであげたいですね。

最近では、双方の良いところを吸収するべく、どちらも併用しているご家庭も増えているそうです。
より効果的な方法を見つけて、成績を伸ばすことができたらいいですね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

不規則な生活はこんな病気を引き起こす。確認したい子供の症状6点!!

小・中学校の実態に愕然とすること、保健室登校、不登校者が全体の1/3近くを占めて …

中学生のニキビ治療
中学生の思春期ニキビ治療法&予防法。スキンケアで10代の肌荒れは防げます

早い子で小学校高学年になると、顔にニキビが出始めます。 中学生特有の思春期ニキビ …

子供の自己肯定感
ポジティブ思考の子供に育てる方法。成功体験を積み上げて自己肯定感のある子供に育てよう

この「自己肯定感」という言葉、聞いたことありませんか? 最近、幼児教育の現場では …

小さい子どもを連れて行く外食、どんなところが良い?

2歳以下の小さい子どもと一緒に外食をするとなると、様々なことが気になってしまって …

子供は汗っかき、汗をかいたら水分補給を!!でも実は、汗をかいていない時にでもからだの水分は失われています。

子供は汗っかき。 少し動いただけでも驚くほどの汗が出ていますよね? 子供は(赤ち …

子供が喜ぶホットプレートを使った簡単アイデアレシピ

毎日の食事に、どれくらいの頻度でホットプレートを活用していますか? 大きな調理器 …

男の子
人の話を聞かない子供はどう注意すれば直るの?男の子が学校のことを話さない理由

小さなころは「ただいま!あのね、先生がね…」と毎日話してくれたのに、大きくなるに …

「間違った褒め方」をしていると「わざと出来ないフリをする子供」になる?

子供だけに限らず、人間は「褒められたい」という欲求を持っていますよね。大人になっ …

知っておくと便利!離乳食の冷凍保存方法

子供の離乳食作りは、生後5~6カ月から始まり、1歳を過ぎるまで続きます。 特にス …

このままで大丈夫かな?子供の身長を伸ばすためにできること

「あれ?うちの子だけなんだか小さい」「去年まで同じくらいの身長だったのに、すっか …