みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

家庭教師と集団学習塾のメリット・デメリット比較。子供に合っているのはどっち?

      2015/07/28

集団学習塾
お子さんの将来のことを考えると、やはり教育には力を注いであげたいものです。
ですが、親自身が教えてあげられることは限られてくるので、家庭教師や学習塾を利用することを考えますよね。

そこで、家庭教師と塾との違いや、メリット・デメリットについて比較してみましょう。

家庭教師はマンツーマンの個人指導だから、お子さんのペースに合わせてくれます

子供の成長に個人差があるように、学習面においても理解力や進め方はそれぞれ違いますよね。
得意科目もあれば苦手科目もあるはずです。

そんなお子さんのペースに合わせてくれるのが「家庭教師」です。克服したい教科などがあれば、時間をかけてゆっくり丁寧に教えてくれますし、得意な分野があれば、さらに先へ進んで教えてくれることも可能でしょう。

「家庭教師」の場合のほとんどが、家に直接来て教えてくれるスタイルなので、時間の融通も聞かせてくれるなど、ご両親やお子さんの都合を優先して勉強を進めることができるのが、メリットとしてあげられると思います。

「家庭教師」のデメリットは?

やはり1対1ということで、もしもその先生が子供と合わなかった場合などは、もう一度新たに先生を紹介してもらうなどの「時間のロスができてしまう」ことや、集団学習塾に比べると、費用面では高い場合が多いので、家計には苦しいところです。

「集団学習塾」では周りの子供と競い合うことで、さらなる高みを目指すことが出来ます

そしてもうひとつ考えたいのが「集団学習塾」のことです。こちらは1人の先生に対して複数の子供を教えますから、学校の延長線のようでもありますね。
同じレベルの子供が周りにたくさんいることで、「あの子には負けたくない!」など競争心が芽生えてやる気をアップさせたり、人の目がたくさんあることで、その中でも集中力を高める効果も期待できるでしょう。

さらに、受験などに関して言えば、その地域の学校の情報などは常にリサーチしていますから、受験対策に備えるアドバイスを貰えたり、傾向などをレクチャーしてくれるメリットも考えられますね。

「集団学習塾」のデメリットは?

集団で学ぶ時にデメリットとして挙げられるのは、「個人対応しにくい」ということです。
大勢を限られた時間内で指導するのですから、もし分からないことがあったとしても、すぐに質問して解決できるか?といえば疑問です。

それから塾までは自分で通うことになりますので、通学時間もかかります。親の目も届かず、勉強がどんなふうに進んでいるのかを把握しにくい点も、デメリットなのかもしれません。

いかがでしたか?
家庭教師も学習塾も、それぞれにメリット、デメリットはあります。その違いを良く理解したうえで、お子さんの性格や個性にあった勉強方法を選んであげたいですね。

最近では、双方の良いところを吸収するべく、どちらも併用しているご家庭も増えているそうです。
より効果的な方法を見つけて、成績を伸ばすことができたらいいですね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

テープ式からパンツ式へ替えるのっていつ?オムツ替えもっと楽にしよう!

あなたは紙オムツを使っていますか?生後まもなくの赤ちゃんのほとんどは「テープ式」 …

パパママ呼び方
子供をお手伝い上手にさせる心得。子供のやる気を伸ばすことが大切!

子供は毎日、何かしらのお手伝いをしていますか?子供が「お手伝いをしたい!」と言っ …

子供の問題で迷った時は夫婦で決断する。妻に子育てを丸投げしない事が大切です

小学生や保育園、幼稚園などに通っている子供がいる家庭では、毎日、実に多くの仕事が …

このままで大丈夫かな?子供の身長を伸ばすためにできること

「あれ?うちの子だけなんだか小さい」「去年まで同じくらいの身長だったのに、すっか …

発達障害の子供との付き合い方。子供にどう説明したらいい?

ここ数年、育児をしている方は「発達障害」という言葉を必ずと言って良いほど耳にして …

どうして「イヤイヤ期」「魔の二歳児」になってしまうの?どう接したら?

1才を過ぎて言葉を話すようになると、自分の周りにあるものに何でも興味を持ち、おも …

我が子を大学まで進学させたい…無理なく貯金するのはいつがベスト?

お子さんが産まれると、その子の将来を考えたり夢を見たり…親御さんの期待は膨らむで …

「勉強しなさい!」って言いたくない…進んで勉強する子って、何が違うの?

比べたくはないけど、やっぱりよその子を見ていると「あの子はいつも成績優秀よね、何 …

子供がお手伝いをしてくれない…楽しく習慣化する効果的な方法とは?

子供がだんだん大きくなってくると、家族の一員としてはもちろん、これから生活してい …

赤ちゃん吐き戻し
離乳食の吐き戻しが多い時の対処法。赤ちゃんの嘔吐後の水分補給には経口補水液をあげよう

赤ちゃんは自分で食べる量をセーブできません。 食べたくない!いやいや!と言って拒 …