みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供にオススメの習い事ランキング(男の子編)体力増強をメインにするならスイミングが一番人気

      2015/07/28

スイミングの習い事
幼稚園に通うようになると、周りのお友だちが習い事を始めたのを聞いたりすると「うちの子も何か習わせたいけど…」と、思うことありますよね。

男の子だと体を動かすスポーツ系の習い事をさせることが多いようです。
今回は人気の習い事やオススメの習い事をご紹介します。

今も昔も人気の高い「スイミング」は体力増強にはオススメです

「スイミング」は男女ともに人気がありますが、男の子では1位でした。
顔に水が付くのが嫌で怖がっているわが子を見て克服させたいと思ったり、将来泳げないのでは可愛そうだという理由で習わせることもあるかと思いますが、体が丈夫な子になって欲しい、運動不足を解消させてあげたいなど「体力増強」が目的の場合が多いようです。

メリットは泳げるようになることだけではありません。身体全体を使うので「バランス良く筋肉がつく」ことや、「持久力」が養われることなども魅力です。

将来必ず役に立つ「英会話」は、幼い頃から習えばネイティブに

小さい頃から習わせてあげたい習い事といえばやっぱり「英会話」ですよね。人気2位です。
脳の構造や耳の発達が著しい幼児期に本格的に英語を習うことで、ネイティブな発音も習得できますし、何より子供が将来、学校でも社会へ出ても大いに役に立つはずです。

さらに英語を習うことで「グローバル」な視野を持つことができるので、「好奇心も旺盛」になるだけでなく、自分の世界を広げていくきっかけにもなるかもしれませんね。
「積極性」も育っていくので、大人になって自分の意見を相手に伝える力も、自然と身に付いていくことが期待できます。

チームワークで協調性も養われる「サッカー」はやっぱり人気です

3位だったのは、大勢でひとつのボールを追いかける「サッカー」は、「チームワークの大切さ」で協調性が養われて、ルールを重んじる精神などを学ぶことができるスポーツです。
体もたくさん動かしますから、必然的に体力もついていきますね。

たくさんの仲間と協力して、目標が達成できたときの喜びを味わうことが出来るのは、集団球技ならではです。

サッカーでは、常に動きながら「次はどうするか」の判断を求められますから、「瞬発力」も鍛えられます。これは普段の生活でも必要な能力で、車を運転する時も瞬発力を使っているのです。

4位以降は「ピアノ・音楽」「空手」「書道」と続きます

その他にも、脳の発達にも効果的な「ピアノ・音楽」や、厳しさの中に規律を学ぶ「空手」、精神を安定させて集中力を高める「書道」などが続いて人気がありました。

習い事は、子供の特性を生かして選んであげたいところです。親の気持ちとしてサッカーを習わせたけど、子供自身が苦痛に思っている姿が見られるようなら、思い切って違う習い事に切り替えることも大切だと思います。

「継続は力なり」です。まずはどうしたら楽しく取り組めるのかを考えてあげたり、子供の気持ちも聞きながら、お子さんに合った習い事を見つけてくださいね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供のお手伝いにお駄賃は必要?お金の管理能力はお小遣い制がおすすめ!

「お駄賃」の意味をご存じでしょうか。昔は頼まれ事などで足と時間、労力を使って動い …

直したい子供の「人見知り」。社会性を育む方法を考えてみましょう

2才を過ぎる頃になると、激しい人見知りをする子供が出てきます。お買い物へ出かけて …

ママ友との付き合いって必要?ママ友グループに入るメリットとは

子供を育てるうえで、どのママも一度は考えてしまうであろう“ママ友”との付き合い方 …

幼稚園児のお弁当。可愛く美味しそうに見せる簡単なコツを伝授します!

保育園は基本的に給食ですが、幼稚園はまだまだお弁当を持って行くという園は多いはず …

避けられないママ友とのお付き合い…上手にこなしてストレスを無くしませんか?

幼稚園、小学校など、子供が大きくなるにつれて「ママ友」の存在は頼もしいと感じる一 …

パパママ呼び方
子供に「パパ」「ママ」と呼ばせるのは何歳まで?

赤ちゃんのころから言葉を発するようになるまで、およそ1年かかります。 初めて「パ …

娘に質問してみました!!「子育て中のママたちに言いたいことってどんなこと?」

同じ屋根の下に一緒に住んでいる以上、子供のことを気にしないっていうのは無理!! …

「買って買って!」はチャンスかも!?お金の教育をするにはどうしたらいいの?

赤ちゃんの頃から不自由なく周りの人がお世話をしてくれ、自分の足で立って歩けるよう …

飲食店で市販のベビーフード、勝手に食べるのってアリ?

まだまだ産まれたばかりの頃は、大人の分だけご飯を用意すれば良いので外食も比較的大 …

ストレス社会、子供にとっても同じこと!!子供たちの”SOSサイン”に気づいていますか?

現代社会=ストレス社会と言われています。 ストレスがたまると潰瘍・過食・アトピー …