みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

学資保険の仕組みと選び方。貯蓄型と保証型の特徴とメリット・デメリットまとめ

      2015/07/28

学資保険
子供の養育費のこと、みなさんはどのように考えていますか?
「まだ赤ちゃんだし、必要ないかな?」という方は少し危険信号かもしれません。

高校、大学へ行く頃になったときに慌てたのでは遅いのです。
そこで「学資保険」のことを、少し考えてみたいと思います。

18歳満期でいっぱい受け取れる「貯蓄型」、お子さんの病気やケガに手厚い「保障型」、どちらを選びますか?

一般的にかかる学費には幼稚園や保育園、小学校、中学校、そして高校や大学進学などが考えられますね。
将来必要になる学費のために、「子供が小さな頃から貯金をするから、学資保険は入らなくて大丈夫!」という方もいらっしゃると思います。

もちろん、それが出来ればとても安心ですが、「学資保険」には「もしも」の時のための補償がついていることが、さらに安心できるポイントではないでしょうか。

大きく分けると「保障型」と「貯蓄型」に分けられますね。

お子さんが病気やケガなどをした場合に保障されているタイプだと、満期で受け取れる額は少なくなり、貯蓄を重視して満期に受け取れる金額が多いタイプだと、子供が病気やケガになったときの保障はほとんどありません。

ですから、学資保険に入るときには、まずどちらのタイプを重視するのかを決める必要がありますね。

将来の学資金だったら、赤ちゃんの時から貯金すればいいのでは?

学費が必要になってくるのは、やはり高校や大学入学のときです。
入学金や授業料など、一括で納付しなくてはならない場合が多いので、かなりのまとまった金額が手元に必要になる訳です。

お子さんが赤ちゃんの時から積み立て貯金をしていけば、進学をするときに慌てることはありませんよね。

しかし、その貯金は本当にそのままキープできるのでしょうか?

車の購入、家の購入、家族旅行、そのほか色々…お子さんが18歳を迎えるまでには、いろんなライフイベントがあるものです。積み立て貯金などは、こうしたところに使ってしまう場合が多いので、将来の為の「学費」として管理するのは、意外と難しいのです。

また、学資保険は最終的に返還率が105%以上のものが多く、貯金をするよりも5%も金利がつくのでお得です。
100万円預けていたら、105万円になって返ってきます。銀行の金利が0.2%前後の時代ですから、非常にお得な金融商品と言えます。

また、基本的に学資保険は、万が一、親が亡くなった場合に以降の保険料支払いが免除されます。
人生で万が一のことがあった時に、学費を残せるため生命保険の役割も少し担っているのが特徴です。

最終的に受け取る金額が増えるように、満期満了まで待ちましょう

「貯蓄型」に多いのですが、節目ごとに「お祝い金」がもらえるものがあります。
入学を迎えるたびにもらえるので、制服や学用品の購入などに役立ちますが、最終的に受け取る金額を多くしたいのであれば、このお祝い金は使わずそのまま保険会社に預けておくのがベストでしょう。

保険会社によっては、お祝い金に利息をつけてくれるところもあるので、預ければ預けただけ利息として増えていくことになるのです。
銀行よりも高い利率のところも多いので、もしもお祝い金を使わなくてもいいのであれば、引き続き保険会社に預けておくことで、さらに将来のためのお金を増やすことができるのです。

子供のための「学資保険」ですが、こうして考えてみると親のためでもあるのではないでしょうか。将来の安心のために、今、賢い選択をしていきましょう。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

ママ友にプレゼント
ママ友の誕生日にオススメのプレゼント。予算3000円から価格別まとめ

「来月ママ友の誕生日なんだけど、何をプレゼントしようかしら…」 何かとお付き合い …

子どものおもちゃ、厳選したほうがいい?それともたくさんあったほうがいいの?

子どものおもちゃは、赤ちゃん用品店などに行くと実に様々なものが売られていて、次か …

子供の自転車練習は何歳から?自転車デビューはタイミングが大事!

子供が補助輪を外した二輪自転車に乗れるようになるのは、早ければ幼稚園の年少から、 …

毒親問題
一所懸命に子育てをする親ほど毒親になる危険性が高い。拡大化する「毒親問題」あなたは大丈夫ですか?

最近よく聞くようになった「毒親」という言葉ですが、ここには根深い闇が潜んでいるこ …

ママ友を作りたい!仲良くなれる言葉がけとは?

様々なトラブルなどから、どちらかというとマイナスなイメージが先行しているママ友付 …

知らないうちに「子供の言いなり」になっていませんか?子供の上手な叱り方、なだめ方を知りましょう

お子さんが年齢を重ねてくると「うるせー!」など、口答えされて、大きくショックを受 …

夏休み明けが心配!?子供のSOS、見逃さないで!

最近のニュースで「子供の自殺が一番多いのは、夏休み明けの9月1日です」と騒がれて …

社会マナーは子供時代の集団生活から受け継がれていくものです!!

ゆとり世代以降の言動、行動、社会人マナーが問題とされています。 私は子供の習い事 …

先生に意見をいう
保護者から担任の先生への苦情・意見の伝え方。角が立たないように主張する方法とは?

ここ数年で「モンスターペアレント」という言葉が定着し、その存在は学校の先生や周り …

実の母から昔の育児論を押し付けられる!うまくかわすための3つの秘策

  なかなか良い関係を築くのが難しい義理のお母さんならば、育児に対して …