みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

学資保険の仕組みと選び方。貯蓄型と保証型の特徴とメリット・デメリットまとめ

      2015/07/28

学資保険
子供の養育費のこと、みなさんはどのように考えていますか?
「まだ赤ちゃんだし、必要ないかな?」という方は少し危険信号かもしれません。

高校、大学へ行く頃になったときに慌てたのでは遅いのです。
そこで「学資保険」のことを、少し考えてみたいと思います。

18歳満期でいっぱい受け取れる「貯蓄型」、お子さんの病気やケガに手厚い「保障型」、どちらを選びますか?

一般的にかかる学費には幼稚園や保育園、小学校、中学校、そして高校や大学進学などが考えられますね。
将来必要になる学費のために、「子供が小さな頃から貯金をするから、学資保険は入らなくて大丈夫!」という方もいらっしゃると思います。

もちろん、それが出来ればとても安心ですが、「学資保険」には「もしも」の時のための補償がついていることが、さらに安心できるポイントではないでしょうか。

大きく分けると「保障型」と「貯蓄型」に分けられますね。

お子さんが病気やケガなどをした場合に保障されているタイプだと、満期で受け取れる額は少なくなり、貯蓄を重視して満期に受け取れる金額が多いタイプだと、子供が病気やケガになったときの保障はほとんどありません。

ですから、学資保険に入るときには、まずどちらのタイプを重視するのかを決める必要がありますね。

将来の学資金だったら、赤ちゃんの時から貯金すればいいのでは?

学費が必要になってくるのは、やはり高校や大学入学のときです。
入学金や授業料など、一括で納付しなくてはならない場合が多いので、かなりのまとまった金額が手元に必要になる訳です。

お子さんが赤ちゃんの時から積み立て貯金をしていけば、進学をするときに慌てることはありませんよね。

しかし、その貯金は本当にそのままキープできるのでしょうか?

車の購入、家の購入、家族旅行、そのほか色々…お子さんが18歳を迎えるまでには、いろんなライフイベントがあるものです。積み立て貯金などは、こうしたところに使ってしまう場合が多いので、将来の為の「学費」として管理するのは、意外と難しいのです。

また、学資保険は最終的に返還率が105%以上のものが多く、貯金をするよりも5%も金利がつくのでお得です。
100万円預けていたら、105万円になって返ってきます。銀行の金利が0.2%前後の時代ですから、非常にお得な金融商品と言えます。

また、基本的に学資保険は、万が一、親が亡くなった場合に以降の保険料支払いが免除されます。
人生で万が一のことがあった時に、学費を残せるため生命保険の役割も少し担っているのが特徴です。

最終的に受け取る金額が増えるように、満期満了まで待ちましょう

「貯蓄型」に多いのですが、節目ごとに「お祝い金」がもらえるものがあります。
入学を迎えるたびにもらえるので、制服や学用品の購入などに役立ちますが、最終的に受け取る金額を多くしたいのであれば、このお祝い金は使わずそのまま保険会社に預けておくのがベストでしょう。

保険会社によっては、お祝い金に利息をつけてくれるところもあるので、預ければ預けただけ利息として増えていくことになるのです。
銀行よりも高い利率のところも多いので、もしもお祝い金を使わなくてもいいのであれば、引き続き保険会社に預けておくことで、さらに将来のためのお金を増やすことができるのです。

子供のための「学資保険」ですが、こうして考えてみると親のためでもあるのではないでしょうか。将来の安心のために、今、賢い選択をしていきましょう。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

そろそろ接種時期が来ます!インフルエンザワクチンについて

毎年冬に猛威を振るっているインフルエンザ。 一度かかったことのある人ならわかりま …

赤ちゃんのデリケートなお肌を守りたい。どんな石鹸を使えばいいの?

赤ちゃんの肌はつるつる・すべすべで、ぷくぷくしていて真っ白で何といってもみずみず …

ランドセルの選び方のコツ!何色がいい?

子供が幼稚園の年長さんになって数か月・・・夏休み明けにはランドセルが店頭に並び始 …

先回りし過ぎて子供の「表現力」を潰してしまっていませんか?豊かな表現力を身につける為にできる事とは?

世の中を見渡してみると、社会で成功していたり、家庭で幸せを築いている人たちって、 …

子供達に人気の手作りおやつ!とっておきの4選

子供の友達が遊びに来る!そんな時、ポテトチップスやクッキーなど、市販のお菓子を用 …

「間違った褒め方」をしていると「わざと出来ないフリをする子供」になる?

子供だけに限らず、人間は「褒められたい」という欲求を持っていますよね。大人になっ …

寝不足でつらい…短くても「良質な睡眠」でリフレッシュしましょう

子育てをしているママは、時間に負われて何かと大変ですよね。赤ちゃんの授乳期だと、 …

授乳ケープおすすめ
赤ちゃんへの公共の場での授乳は反対が6割!授乳スペースを活用しよう

愛おしそうに赤ちゃんを抱っこするお母さん。街で見かけるたびに、その幸せなオーラに …

自律神経の乱れが子供の「冷え性」の原因かも!?冷え性になるとキレやすい子供になる?

近年、子供に「冷え性」が増えている傾向があるのをご存知でしょうか?それは幼稚園に …

運動神経のいい子供を育てる方法!遺伝ではなく育て方で運動神経は伸びます

子供は体を動かすのが大好きです。公園へ行くとかけっこする姿に、「私に似ちゃうとか …