みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

学資保険の仕組みと選び方。貯蓄型と保証型の特徴とメリット・デメリットまとめ

      2015/07/28

学資保険
子供の養育費のこと、みなさんはどのように考えていますか?
「まだ赤ちゃんだし、必要ないかな?」という方は少し危険信号かもしれません。

高校、大学へ行く頃になったときに慌てたのでは遅いのです。
そこで「学資保険」のことを、少し考えてみたいと思います。

18歳満期でいっぱい受け取れる「貯蓄型」、お子さんの病気やケガに手厚い「保障型」、どちらを選びますか?

一般的にかかる学費には幼稚園や保育園、小学校、中学校、そして高校や大学進学などが考えられますね。
将来必要になる学費のために、「子供が小さな頃から貯金をするから、学資保険は入らなくて大丈夫!」という方もいらっしゃると思います。

もちろん、それが出来ればとても安心ですが、「学資保険」には「もしも」の時のための補償がついていることが、さらに安心できるポイントではないでしょうか。

大きく分けると「保障型」と「貯蓄型」に分けられますね。

お子さんが病気やケガなどをした場合に保障されているタイプだと、満期で受け取れる額は少なくなり、貯蓄を重視して満期に受け取れる金額が多いタイプだと、子供が病気やケガになったときの保障はほとんどありません。

ですから、学資保険に入るときには、まずどちらのタイプを重視するのかを決める必要がありますね。

将来の学資金だったら、赤ちゃんの時から貯金すればいいのでは?

学費が必要になってくるのは、やはり高校や大学入学のときです。
入学金や授業料など、一括で納付しなくてはならない場合が多いので、かなりのまとまった金額が手元に必要になる訳です。

お子さんが赤ちゃんの時から積み立て貯金をしていけば、進学をするときに慌てることはありませんよね。

しかし、その貯金は本当にそのままキープできるのでしょうか?

車の購入、家の購入、家族旅行、そのほか色々…お子さんが18歳を迎えるまでには、いろんなライフイベントがあるものです。積み立て貯金などは、こうしたところに使ってしまう場合が多いので、将来の為の「学費」として管理するのは、意外と難しいのです。

また、学資保険は最終的に返還率が105%以上のものが多く、貯金をするよりも5%も金利がつくのでお得です。
100万円預けていたら、105万円になって返ってきます。銀行の金利が0.2%前後の時代ですから、非常にお得な金融商品と言えます。

また、基本的に学資保険は、万が一、親が亡くなった場合に以降の保険料支払いが免除されます。
人生で万が一のことがあった時に、学費を残せるため生命保険の役割も少し担っているのが特徴です。

最終的に受け取る金額が増えるように、満期満了まで待ちましょう

「貯蓄型」に多いのですが、節目ごとに「お祝い金」がもらえるものがあります。
入学を迎えるたびにもらえるので、制服や学用品の購入などに役立ちますが、最終的に受け取る金額を多くしたいのであれば、このお祝い金は使わずそのまま保険会社に預けておくのがベストでしょう。

保険会社によっては、お祝い金に利息をつけてくれるところもあるので、預ければ預けただけ利息として増えていくことになるのです。
銀行よりも高い利率のところも多いので、もしもお祝い金を使わなくてもいいのであれば、引き続き保険会社に預けておくことで、さらに将来のためのお金を増やすことができるのです。

子供のための「学資保険」ですが、こうして考えてみると親のためでもあるのではないでしょうか。将来の安心のために、今、賢い選択をしていきましょう。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

「あの子と違ってうちの子は…」比べてガッカリは止めましょう!実はスゴい才能かも!?

子育てをしていく中で、我が子の発達や勉強の出来具合といったこと、どうしても気にな …

小学生の子供にキッズ携帯を持たせるメリット・デメリット・注意点まとめ

子供が小学生になると、学校への行き帰りや習い事の都合などでキッズ携帯を持たせよう …

小学生の子供の夜尿症を治す!おねしょの原因は意外なところにあることも

子供はスムーズにいけば幼稚園入園前に夜中のおむつが外れます。個人差があり、幼稚園 …

我慢が出来ない子供にしないための教育方法。会社をすぐ辞める若者にしないためにやるべきこと

現代社会では新入社員として入社しても、上司に注意されただけで心が折れてしまい、会 …

家事ができない女子が急増中!?そんな娘にしない為に心掛けたいこととは?

共働き家庭、核家族、シングルマザー…家族を取り巻く環境は大きく様変わりをしていま …

赤ちゃんの「乳幼児揺さぶられ症候群」が増えている!?その「あやし方」…気をつけて!

産まれて間もない赤ちゃんは、言葉を発する代わりに「泣く」という行動で周りの人に自 …

子供のマナー
挨拶や靴揃え、言葉遣いなど正しいマナーを子供に教える方法

子供は親の行動をよく見ています。そして、子供は親を無意識のうちにお手本にして育ち …

no image
子どものおやつはどうする?子どもとおやつの悩みを解決する方法をご紹介!

  「まだ食べる!」と怪獣のように泣き叫び、「もう今日のおやつは終わり …

寝かしつけで悩んでいるお母さんへ!重要なのは朝だった!

子どもが生後10ヶ月だった頃、なかなか夜にスムーズに寝てくれなくて悩んでいるとき …

子供同士の喧嘩・トラブルに親はどこまで介入すべき?親には知られたくない子供の気持ち

小学生、特に3年生頃になると、子供は自分の意見をしっかり持つようになります。それ …