みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

塾と習い事、小学校高学年の子供はどっちを優先するべき?両立は出来る?

      2015/07/28

習い事
塾と習い事の両立について

小学校も高学年になると、だんだんと忙しくなり、いつか「塾か、習い事か」という選択を迫られることになります。でもやっぱり、頑張って両立したいなあ…、と思ってしまいます。これって、不可能なことなのでしょうか?

今回はこれについてお話しします。

はじめに:「勉強が一番大事」は揺るがない

→先々を考えると、勉強の優先順位はどうしても下げられない

言うまでもなく、子供にとって勉強は一番大切なことです。

なぜなら勉強は、社会に出てからの「仕事」の練習だからです。ほとんどの仕事は、知識と情報を使い、それを分析することで進められています。これは、今子供が勉強でしているのと全く同じことです。

 

また、将来子供が社会に出た時には、問題点を様々な角度から分析して自分なりの解決策を見出す力、「突破力」が必要となりますが、この力は勉強で培うのが最も実践的で実用的なのです。

さらに、考え続ける集中力、机に向かい続ける忍耐力なども、勉強を通じて得るしか方法はありません。このように、残念ですが勉強は迂回できない道なのです。

そう考えると、サッカーや習字、水泳やダンスなどの習い事の優先順位は、どうしても2番目より下になります。

なので、厳しいスケジュールが続くようになったとき、真っ先に削られるのはこれら習い事の時間です。

しかし、子供の「続けたい」というやる気は、できるなら尊重してあげたい。「好きこそものの上手なれ」とも言いますよね。そこでこれ以降は、習い事を続ける利点を挙げ、両立したいと考えている皆さんを応援したいと思います。

①習い事にも利点がある

→勉強と全く違う体験は、子供を支えているかもしれない

塾で勉強する以前に、子供は学校で相当時間勉強しています。

遊びたい盛りの子供ですから、一日の大半が勉強という状態になったら、ストレスのはけ口が無くなり、精神的に不安定になり、体調も壊しやすくなります。

そう話すと、「うちの子、ほとんど毎晩塾なんだけど…」と心配される方もいるかもしれません。

しかし、そんなすごいスケジュールなのに、子供は意外にけろりとした顔をしていることがあります。その訳はもしかすると、合間に通っている習い事で、ストレス解消しているからかもしれません。

特に、子供がその習い事を本当に楽しんでいるのならば、単に「大変だから」と止めてしまうのは考え物です。忙しいなりに、健康的なバランスが保たれている可能性があります。

辞めることを考える前に、すこし状況を分析してみてはいかがでしょうか。

②文武両道は高すぎるハードルではない

→「武」を貫き通す力は、「文」にも通じる

高校野球で甲子園を目指している球児たちは、日々勉強どころではないそうなのですが、卒業後の就職率は高いと聞きました。「目標に向かって努力する力」を見込まれるそうです。確かに信用が得られそうですよね。このように、好きな習い事に夢中になることで得た力は、様々なことに活かすことができます。例えば、頑張って目標を達成したという成功体験があると、「勉強だって同じようにやればいいんだ」という気づきを得ることができます。また、習い事上手な人は練習上手なので、日々の学習も効率よくこなせる人が多いです(要領がいい)。さらに、習い事で培った体力と集中力は、うまく勉強に振り向けられると、非常に強力な武器になります。考えてみてください。スポーツ勉強もできる子供、結構いるでしょう?結論として、勉強も習い事も同じ人間の活動なので、多くの部分が共通しているため、足を引っ張り合うどころか、むしろ高め合える関係になりうる、と言いたいです。

③どんどん相談しよう

→塾や習い事の先生は、両立の成功例を知っているかもしれない

どうしても決断できない時は、家族だけで悩まず、塾や習い事の先生に相談するべきです。ある程度の期間開業している塾や習い事では、様々な生徒を扱ってきているため、過去にあなたと同じような相談を受けた可能性が高いです。

これらは結局のところ商売なので、みすみす客を逃すようなことはしません。なので、何か良い対策を示してくれるでしょう。

たとえば、通いやすい曜日や時間に変更してくれる、短い時間で効率よくトレーニングできるメニューを組んでくれる、補講してくれる、などが考えられます。

これは言い過ぎかもしれませんが、私たちはいわば「お客」です。少しぐらいリクエストしてもばちは当たりません。使える知恵はすべて使いましょう。

終わりに:納得するまで、やってみませんか?

中途半端に気持ちを残すぐらいなら、いっそ「もう駄目」と言うところまで試してみませんか?

たとえ途中でダメになってしまっても、そこまで頑張れたことは、胸を張れる自信となります。

先ずは子供とじっくり話し合い、両立は大変なこと、でも本当に好きなら乗り越えることが可能な山であること、本気で取り組む気があるのなら親も一生懸命サポートする、ということを納得してもらいましょう。

苦しい道かもしれませんが、全てが決着したとき、お子さんの成長を実感するはずです。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

どうして「イヤイヤ期」「魔の二歳児」になってしまうの?どう接したら?

1才を過ぎて言葉を話すようになると、自分の周りにあるものに何でも興味を持ち、おも …

ぐずる子ども
朝の忙しい時に子供をぐずらせない方法。スムーズに幼稚園まで送り届けるコツとは?

子育てをされているご家庭にとって、朝の忙しさと言ったらありません! 共働き家庭な …

子供に洗濯干しのお手伝いを頼む6つのメリット

子供にとって、お手伝いに大切なポイントは「考えて出来ること」「やり遂げたという達 …

姉妹喧嘩の仲裁
小学生女子のおしゃれ、親はどこまで認めるべき?禁止する前に親として教えるべきこと

街を歩いていると、可愛い!というより、まるで大人のようにキレイに着飾った女の子た …

小さい子どもを連れて行く外食、どんなところが良い?

2歳以下の小さい子どもと一緒に外食をするとなると、様々なことが気になってしまって …

赤ちゃんのオムツをテープ式からパンツ式に移行する時期!ずっとテープ式でもおかしくない?

赤ちゃんのオムツは、大きく分けて2つのタイプがあります。 新生児からつける、テー …

過保護の違い
子供の話を聞くことが子育てで大切な理由。子供を受け止めるスキルを磨きましょう

子供のする話を聞いていますか? 「もちろん!」と答えるパパママがほとんどだと思い …

我が子を大学まで進学させたい…無理なく貯金するのはいつがベスト?

お子さんが産まれると、その子の将来を考えたり夢を見たり…親御さんの期待は膨らむで …

子供の将来は「しつけ」で決まる!育ちのいい環境はこう作る!

「あの人は育ちが良いわ」「品のない食べ方ね…」人間は、立ち振る舞いや行動を、常に …

幼児期にさせたい習い事。月謝はどのくらい?知っておきたい、かかるお金のあれこれ

「何かこの子に習い事をさせてあげたいな…」幼い頃から子供に習い事をさせるパパママ …