みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

中学受験は塾よりも習い事や体力作りが大事。塾に通うだけじゃ合格は出来ない理由

      2015/07/28

Uni
中学受験をしない場合、塾の使い方は違ってきます

中学受験は、率直に言えば競争です。
純粋な学力と知恵の他に、他者よりも秀でるための技術が必要で、塾に通うのは、それ(=受験技術)を習得するためです。

しかし、中学受験を考えていなければ、塾の使い方は大分変わってきます。どう変わるのかについて、今回は考えてみました。

①小学校高学年に本当に必要なこと

→ 「いろいろなことを体験すること」および「体力づくり」です。

受験技術を身に着けるため、塾に割く時間。

これを丸々ほかの事に使えるとしたら、何に使うのが最も価値あることでしょうか。言い換えると、小学校高学年の頃に最も必要なことは何でしょうか?

その答えはずばり、「いろいろなことを体験すること」および「体力づくり」です。

この年頃のことを、サッカー分野では「ゴールデンエイジ」と呼んでいます。体力がついてきて集中力もあり、何を教えても乾いた砂のようにどんどん吸収し、ガンガン成長してゆく。そういった時期です。

一説では、この時期に習得したことが基盤となって、のちの成長を助けるとも言います。

これはなにも、サッカーなどのスポーツに限ったことではなく、勉強やアート、生活など、ありとあらゆることに当てはまることです。

それ以降の多感な時期とは違い、何の不安もなく物事に打ち込める、伸び盛りの年頃。この時期に様々な体験をすることは、どれだけ心と体の成長に役立つか分かりません。

また、体力作りも、時間を注ぎ込む対象として、とても価値があります。

中学や高校では、嫌でも勉強に取り組まなくてはいけません。その時に結局重要になってくるのは「体力」なのです。体力がないと、集中力が持続せず、勉強の効率が上がりません。

「ゴールデンエイジ」のこの時期には、受験テクニックを詰め込むよりもむしろしっかり体を動かして体力をつけておくことで、それからの学習の「伸び」が違ってきます。

そういった意味で考えると、通う(時間を割く)価値があるのは、塾よりもむしろ習い事かもしれません。勉強は学校でしっかりやって、それ以外の時間には、しっかり遊んで、時々習い事に行って、学校でも家庭でも体験できない、全く別のことを習ってくる。この習い事は、例えば水泳や習字、ダンス、ピアノ、剣道や空手、何でも良いと思います。色々なことを体験して、脳みそを隅々まで使いましょう。毎日の食事だって、「健康な体のために、いろいろな栄養を取りましょう」と言いますよね?

②では、塾に通う目的とは?

→ 「勉強を楽しくする」ために通います。
この様な生活の中での塾の役目は、「弱点の補強」か、「得意科目を伸ばす」になります。

ごく簡単に言い換えると、「勉強をもっと好きになる」ために塾に通うのです。受験に備えてあくせくしなくて良い、学校の勉強をしっかりするだけで良い、そんな毎日になるわけですが、だからと言って成績が落ちても気にならない訳ではありません。

毎日授業で沢山の時間を使っています。どうせだったら、勉強が分からなくてつまらない時間を過ごすよりも、勉強がよく分かる楽しい時間を過ごした方が得ですよね?

なので塾には、もっと授業を楽しく、勉強を楽しくするために、通いましょう。塾を選ぶ際には、「嫌いな強化を好きにする、好きな強化をもっと好きにする」塾に決めましょう。率直にこのリクエストを塾にぶつけてみることで、塾の考えが分かると思います。

③中学受験しなくても、塾に通った方がいいの?

→ 「勉強を好きになる」と言う目的で行くことには賛成です。

上に述べたような理屈で考えると、塾も「多様な体験」の一つと考え、通わせてみるのも一案ではあります。しかし、あくまでも勉強を好きになることを目的として、周りの「受験競争」に煽られないように注意しましょう。「勉強を好きにさせる」教え方は、塾と言うよりも、講師個人の教育姿勢に負うところが大きいです。なので、「こんな面白い先生がいるよ」という口コミの情報が得られたら、話を聞きに塾に行ってみるのもいいですね。

終わりに

焦らず、子供の成長を長いスパンで考えましょう。心と体に役立つこと、子供が独立したときに使えること、これらを、一生に一度しか来ない「ゴールデンエイジ」の時期に体験することは、非常に大切なことです。自分の時はどうだったか、親や教師は常に考えておく必要があります。




おすすめ記事


 - お受験お役立ちコラム

  関連記事

中学受験のプレッシャー軽減
リラックスして中学受験に挑むコツ。子供のプレッシャーを減らしてあげよう

リラックスして中学受験に臨むために まず最初に、私の子供が通っていた塾の塾長が言 …

no image
中学受験のメリット・デメリット。子供の将来のために親子で進むべき進路を考えよう

小学校も中学年(3,4年生)になると、そろそろ周囲で「塾に行かせる?行かせない? …

子供の塾選び
子供の塾選びは講師を見て決めるのがオススメな理由。有名塾=良い教育ではない

有名塾はなぜ有名になれたのでしょうか? それは、優秀な生徒を集める方法を見つけた …

気になる子供のお受験…努力だけでは受かりません。失敗しがちな家庭とは?

お子さんの教育を考えた時に、幼稚園受験や小学校受験なども頭をよぎると思います。そ …