みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

一人っ子を甘やかすと自立心が育たず無気力になる。一人っ子の子育てで気をつけたいこととは?

      2015/07/28

一人っ子の教育
核家族化が進む現代社会に伴い、「一人っ子」も増加傾向にあることは、みなさんご存知の通りです。
昔のように兄弟が多かった時代と違い、一人っ子には子供同士の関わりが減り、親としても気をつけたいことがたくさんあるようです。では、一体どんなことに気をつけていけばいいのでしょうか?

「あれもこれも」何でも親がやってしまう傾向にあるので注意が必要です

兄弟が多いご家庭では、ひとりひとりに時間を掛けてあげることが難しいので、必然的に子供自身がやらなければならないことが多く、または兄弟助け合うなどして「自分たちで解決する」こともよくあります。
それに比べると、一人っ子の場合では、ママが子供に付きっきりでいることが多いので、「出来ない」と子供に言われると、すぐに手を差し伸べてしまいがちなのですね。

しかしこれでは、子供の自立心は育たないばかりか、パパママへの依存心が強くなってしまい、「何でもやって貰わないと気がすまない」状態に陥ってしまう危険があるのです。

あまりにも監視し過ぎると「無気力な子」になってしまいます

子供が失敗をしたりすると「まったく!何やってるの!」とつい叱ってしまいますが、これもなるべくなら避けていただきたいことです。
失敗して怒られている子供は、失敗を恐れてチャレンジすることが出来ない子になってしまうのです。

さらに一人っ子では親の目が行き届き過ぎるために、全ての失敗を見過ごしてもらえません。その結果、親にその都度怒られることになり「逃げ道」を失います。これでは、八方ふさがりになり、子供もやる気をどんどん失っていくのです。

子供の行動を「見守る」「応援する」ことを心掛けましょう

もしも何かお子さんが失敗してしまった場合、いきなり叱りつけることはしないで「子供がどう行動するのか」を見守ってあげましょう。
もちろん、ひとりで解決できなそうな場合には、「こうしてみたら?」など声を掛けてあげることは大切ですが、まずは自分ひとりだけで「考えさせる」ことが重要です。

コップの水をこぼしてしまったときなど、ママが片付けるのではなくて、全てひとりでやらせてみましょう。
そして片付けが出来たときにはいっぱい褒めてあげることで、「自分にも出来た!」と、自信を持つことが出来るのです。

親の期待を一心に背負うのは、子供にとって苦しいことがあります

一人っ子ですと、どうしても子供には「いい教育を」「いい仕事に就けるように」と、あれもこれも習わせていたり、過度な期待を掛け過ぎてはいないでしょうか?子供が負担に思っていたとしたら、それは逆効果です。

お子さんの気持ちを十分に理解し、自分とは別の「1人の人間」として尊重してあげることを忘れてはいけません。
周囲の期待が自分だけに向けられるプレッシャーは、きっと想像以上かもしれませんよ。

「いいんだよ!あなたはあなただもんね!」と思えるくらいのゆとりを持って、楽しい子育てをしていけるといいですね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

飲食店で市販のベビーフード、勝手に食べるのってアリ?

まだまだ産まれたばかりの頃は、大人の分だけご飯を用意すれば良いので外食も比較的大 …

朝の忙しさで子供にイライラしないコツ。子供と過ごす有意義な朝時間の作り方

子供が朝、なかなか起きてこない!起きても不機嫌・・・せっかく作った朝ごはんもきち …

親の行動が子供の好奇心を奪ってしまうかも?「無意識過保護」に要注意!

自分でいろいろ出来るようになる2〜3才ごろは、親としては心配な時期でもあるし、成 …

先生に意見をいう
保護者から担任の先生への苦情・意見の伝え方。角が立たないように主張する方法とは?

ここ数年で「モンスターペアレント」という言葉が定着し、その存在は学校の先生や周り …

ストレス社会、子供にとっても同じこと!!子供たちの”SOSサイン”に気づいていますか?

現代社会=ストレス社会と言われています。 ストレスがたまると潰瘍・過食・アトピー …

そろそろ接種時期が来ます!インフルエンザワクチンについて

毎年冬に猛威を振るっているインフルエンザ。 一度かかったことのある人ならわかりま …

泣き止まない赤ちゃんの対処法。覚えておくとお出かけも安心!

0〜1才の赤ちゃんは、まだ言葉も話せませんから、周りの人へ自分の意思表示をするた …

子供服を安く手に入れる方法。フリーマーケットやリサイクルショップを使う時のコツは?

子供の服ってサイズアウトが本当に早い!今の季節にしか着れない服は、買っても着るの …

子供の仕上げ磨きは何歳まで?小学生になれば大丈夫?

生後5~6カ月くらいになると、赤ちゃんには可愛い乳歯が生え始めますね。ママは毎日 …

子供が幼稚園で友達を叩いたらどう対応するべき?子供の喧嘩トラブルが起きた時の考え方

幼稚園や保育園に入るとこうした「お友だちとのトラブル」はつきものです。 問題が起 …