みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

一人っ子を甘やかすと自立心が育たず無気力になる。一人っ子の子育てで気をつけたいこととは?

      2015/07/28

一人っ子の教育
核家族化が進む現代社会に伴い、「一人っ子」も増加傾向にあることは、みなさんご存知の通りです。
昔のように兄弟が多かった時代と違い、一人っ子には子供同士の関わりが減り、親としても気をつけたいことがたくさんあるようです。では、一体どんなことに気をつけていけばいいのでしょうか?

「あれもこれも」何でも親がやってしまう傾向にあるので注意が必要です

兄弟が多いご家庭では、ひとりひとりに時間を掛けてあげることが難しいので、必然的に子供自身がやらなければならないことが多く、または兄弟助け合うなどして「自分たちで解決する」こともよくあります。
それに比べると、一人っ子の場合では、ママが子供に付きっきりでいることが多いので、「出来ない」と子供に言われると、すぐに手を差し伸べてしまいがちなのですね。

しかしこれでは、子供の自立心は育たないばかりか、パパママへの依存心が強くなってしまい、「何でもやって貰わないと気がすまない」状態に陥ってしまう危険があるのです。

あまりにも監視し過ぎると「無気力な子」になってしまいます

子供が失敗をしたりすると「まったく!何やってるの!」とつい叱ってしまいますが、これもなるべくなら避けていただきたいことです。
失敗して怒られている子供は、失敗を恐れてチャレンジすることが出来ない子になってしまうのです。

さらに一人っ子では親の目が行き届き過ぎるために、全ての失敗を見過ごしてもらえません。その結果、親にその都度怒られることになり「逃げ道」を失います。これでは、八方ふさがりになり、子供もやる気をどんどん失っていくのです。

子供の行動を「見守る」「応援する」ことを心掛けましょう

もしも何かお子さんが失敗してしまった場合、いきなり叱りつけることはしないで「子供がどう行動するのか」を見守ってあげましょう。
もちろん、ひとりで解決できなそうな場合には、「こうしてみたら?」など声を掛けてあげることは大切ですが、まずは自分ひとりだけで「考えさせる」ことが重要です。

コップの水をこぼしてしまったときなど、ママが片付けるのではなくて、全てひとりでやらせてみましょう。
そして片付けが出来たときにはいっぱい褒めてあげることで、「自分にも出来た!」と、自信を持つことが出来るのです。

親の期待を一心に背負うのは、子供にとって苦しいことがあります

一人っ子ですと、どうしても子供には「いい教育を」「いい仕事に就けるように」と、あれもこれも習わせていたり、過度な期待を掛け過ぎてはいないでしょうか?子供が負担に思っていたとしたら、それは逆効果です。

お子さんの気持ちを十分に理解し、自分とは別の「1人の人間」として尊重してあげることを忘れてはいけません。
周囲の期待が自分だけに向けられるプレッシャーは、きっと想像以上かもしれませんよ。

「いいんだよ!あなたはあなただもんね!」と思えるくらいのゆとりを持って、楽しい子育てをしていけるといいですね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供が幼稚園で友達を叩いたらどう対応するべき?子供の喧嘩トラブルが起きた時の考え方

幼稚園や保育園に入るとこうした「お友だちとのトラブル」はつきものです。 問題が起 …

ランドセルの選び方のコツ!何色がいい?

子供が幼稚園の年長さんになって数か月・・・夏休み明けにはランドセルが店頭に並び始 …

パパも子育てに悩んでいた!?もっと自信を持ってパパにも育児に参加してもらおう!

昔の家庭環境と今を比べると、子供を取り巻く環境は目まぐるしく変化し、父親の積極的 …

二人目の子どもが欲しい!3歳差ってどんな特徴があるの?

子どもがある程度大きくなってくると、そろそろ次の子どもが欲しいなと感じます。 で …

子供のアレルギー疾患が増えている…食物アレルギー、気をつけたいこととは?

少し前に食物アレルギーを持つ子供が学校給食を誤食して、残念ながら亡くなってしまっ …

子供はママの背中も見ています!ワークママに育てられた子供は高収入になる!?

お子さんが小さくてもお仕事を続けているママはとても多くて、帰りが遅くなって子供が …

子供の良さがだんだん見えてくる!?優しい効き目の「サプリ親」になりたい!

子供にとって「良い親でいたい」と思うのは当然のことです。それが度を超えてしまった …

子供が3才までにお金を貯めたい!子供の貯金額…いくらが理想なのでしょうか?貯める方法は?

子供の教育費を考えた時、将来に渡って相当なお金が必要になる事は間違いありませんよ …

赤ちゃん吐き戻し
離乳食の吐き戻しが多い時の対処法。赤ちゃんの嘔吐後の水分補給には経口補水液をあげよう

赤ちゃんは自分で食べる量をセーブできません。 食べたくない!いやいや!と言って拒 …

どうして「イヤイヤ期」「魔の二歳児」になってしまうの?どう接したら?

1才を過ぎて言葉を話すようになると、自分の周りにあるものに何でも興味を持ち、おも …