みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

一人っ子を甘やかすと自立心が育たず無気力になる。一人っ子の子育てで気をつけたいこととは?

      2015/07/28

一人っ子の教育
核家族化が進む現代社会に伴い、「一人っ子」も増加傾向にあることは、みなさんご存知の通りです。
昔のように兄弟が多かった時代と違い、一人っ子には子供同士の関わりが減り、親としても気をつけたいことがたくさんあるようです。では、一体どんなことに気をつけていけばいいのでしょうか?

「あれもこれも」何でも親がやってしまう傾向にあるので注意が必要です

兄弟が多いご家庭では、ひとりひとりに時間を掛けてあげることが難しいので、必然的に子供自身がやらなければならないことが多く、または兄弟助け合うなどして「自分たちで解決する」こともよくあります。
それに比べると、一人っ子の場合では、ママが子供に付きっきりでいることが多いので、「出来ない」と子供に言われると、すぐに手を差し伸べてしまいがちなのですね。

しかしこれでは、子供の自立心は育たないばかりか、パパママへの依存心が強くなってしまい、「何でもやって貰わないと気がすまない」状態に陥ってしまう危険があるのです。

あまりにも監視し過ぎると「無気力な子」になってしまいます

子供が失敗をしたりすると「まったく!何やってるの!」とつい叱ってしまいますが、これもなるべくなら避けていただきたいことです。
失敗して怒られている子供は、失敗を恐れてチャレンジすることが出来ない子になってしまうのです。

さらに一人っ子では親の目が行き届き過ぎるために、全ての失敗を見過ごしてもらえません。その結果、親にその都度怒られることになり「逃げ道」を失います。これでは、八方ふさがりになり、子供もやる気をどんどん失っていくのです。

子供の行動を「見守る」「応援する」ことを心掛けましょう

もしも何かお子さんが失敗してしまった場合、いきなり叱りつけることはしないで「子供がどう行動するのか」を見守ってあげましょう。
もちろん、ひとりで解決できなそうな場合には、「こうしてみたら?」など声を掛けてあげることは大切ですが、まずは自分ひとりだけで「考えさせる」ことが重要です。

コップの水をこぼしてしまったときなど、ママが片付けるのではなくて、全てひとりでやらせてみましょう。
そして片付けが出来たときにはいっぱい褒めてあげることで、「自分にも出来た!」と、自信を持つことが出来るのです。

親の期待を一心に背負うのは、子供にとって苦しいことがあります

一人っ子ですと、どうしても子供には「いい教育を」「いい仕事に就けるように」と、あれもこれも習わせていたり、過度な期待を掛け過ぎてはいないでしょうか?子供が負担に思っていたとしたら、それは逆効果です。

お子さんの気持ちを十分に理解し、自分とは別の「1人の人間」として尊重してあげることを忘れてはいけません。
周囲の期待が自分だけに向けられるプレッシャーは、きっと想像以上かもしれませんよ。

「いいんだよ!あなたはあなただもんね!」と思えるくらいのゆとりを持って、楽しい子育てをしていけるといいですね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

赤ちゃんのデリケートなお肌を守りたい。どんな石鹸を使えばいいの?

赤ちゃんの肌はつるつる・すべすべで、ぷくぷくしていて真っ白で何といってもみずみず …

運動神経のいい子供を育てる方法!遺伝ではなく育て方で運動神経は伸びます

子供は体を動かすのが大好きです。公園へ行くとかけっこする姿に、「私に似ちゃうとか …

叱るとき・怒るとき・注意するとき、上手に使い分けて怒りんぼママから素敵ママに大変身!

育児中は、叱る・怒る・注意、この3つを無意識に使っていると思います。ですが、無意 …

駄々っ子な子どもに苦労していませんか?だだをこねるには理由があるんです!

スーパーで「買ってかってー!泣」と駄々をこねている子どもを一度は見たことあります …

「歯は命」 子供の大切な歯を虫歯から守る方法!!

初めての小児歯科には苦い思い出があります。歯が生えそろった頃から気をつけて歯磨き …

ハイハイせずに歩きだしちゃった!このままで大丈夫?

赤ちゃんを育てていくうえで、どうしても気になってしまうのが体の発達面です。 首が …

ママ友トラブルを避ける方法!ママ友と適度な距離を保つための秘訣とは?

ママ友とのトラブル、ドラマの題材になってしまうほど、身近なものになってしまってい …

4〜5才になったら「ひらがな」にチャレンジ!楽しく取り組むコツ3つ

小学校に行くと必ず勉強する「ひらがな」ですが、4、5才になると自分から「書いてみ …

知らないうちに「ダメな子」に育てていた?見直したい親の行動5つ

「わが子がいい子に育ちますように…」そう願うのは親であれば誰しも思うことでしょう …

「間違った褒め方」をしていると「わざと出来ないフリをする子供」になる?

子供だけに限らず、人間は「褒められたい」という欲求を持っていますよね。大人になっ …