みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供を寝かしつける方法。眠るのを嫌がる子供には入眠儀式でスムーズな睡眠を促そう!

      2015/07/28

子供を寝かしつける
赤ちゃんでも幼児でも、「寝る時間」のリズムを作っていくことは、これからの生活を過ごす上でとっても大切なことですよね。
だけど、子供が「夜更かしをして寝てくれない…」と心配に思うこと、ありませんか?
そこで「入眠儀式」を取り入れて、快適な睡眠へ導いてあげましょう。

欧米に比べると、日本の子供は「睡眠時間」が短いのが心配です

あるデータに基づきますと、日本の子供の平均睡眠時間は約11.5時間、欧米の子供は約13時間と、1時間半もの差があることが分かりました。眠りにつく「入眠時間」も日本では9時17分、欧米では8時51分と、ここでも日本の方が「眠りにつくのが遅い」という結果です。

睡眠が十分になされないと日中の活動にも支障が出てきますから、「良い睡眠」は子供のみならず大人も心掛けたいところですよね。

いつまでも起きている子供、寝たがらないのは「習慣」になっていないからかもしれません

夜になって、もう寝る時間になっても遊びに夢中で眠ろうとしない子供がいます。
こうした子供は、おそらく「寝る習慣が出来ていない」のです。夜なんだから自然に眠くなるんじゃないの?
と思うかもしれませんが、赤ちゃんの頃を思い出してみてください。

夜中もミルクを欲しがって泣いたりして、数時間ごとに起きていましたよね?はじめから睡眠のリズムが「夜」と決まっているのではなく、生まれてきてからの「環境」によって夜は眠る時間だということが身に付いていくのです。

ですから、時間をきちんと決めて「そろそろ寝る時間だよ」というアプローチが必要となるのですが、これが「入眠儀式」なのです。

「コップさん、おもちゃさん…おやすみなさい」で睡眠モードを作りましょう

子供にただ「寝なさい!」と言っても、「やだ!まだ遊ぶ!」と遊びたい気持ちのほうが勝ってしまうだけですよね。
そこで、今まで遊んでいたおもちゃや、飲み終わったコップなど、周りにあるモノたちに「おやすみなさい」と声をかけながらベッドへ行くのもお勧めです。

そうすることで、子供も「もう寝る時間」「おもちゃも寝る時間」と気持ちの中でも整理がつき、スムーズに行動に移せるはずです。

ベッドでは「絵本を読んであげる」ことで落ち着いた気持ちになれます

そうしてベッドまでやって来たら、ママもベッドでお子さんに「絵本を読んであげる」ことを習慣づけましょう。布団の中に入って読んでもらう絵本は、子供にとっては心地よく、安心感に包まれた状態になっています。ママの声がさらに安定へと導くので、子供はスムーズに眠りへと入っていくことが出来るのです。

このように、寝る時間を決めたら「おもちゃにおやすみなさい」をして、ベッドで「絵本をよんであげる」ことを毎日繰り返すうちに、自然と「寝る習慣」が身に付いていきます。
翌日も元気いっぱい遊べるように、「入眠儀式」を習慣にして、「心地いい睡眠時間」をサポートしてあげましょうね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

親の行動が子供の好奇心を奪ってしまうかも?「無意識過保護」に要注意!

自分でいろいろ出来るようになる2〜3才ごろは、親としては心配な時期でもあるし、成 …

ぐずる子ども
朝の忙しい時に子供をぐずらせない方法。スムーズに幼稚園まで送り届けるコツとは?

子育てをされているご家庭にとって、朝の忙しさと言ったらありません! 共働き家庭な …

我慢が出来ない子供にしないための教育方法。会社をすぐ辞める若者にしないためにやるべきこと

現代社会では新入社員として入社しても、上司に注意されただけで心が折れてしまい、会 …

小さい子どもを連れて行く外食、どんなところが良い?

2歳以下の小さい子どもと一緒に外食をするとなると、様々なことが気になってしまって …

子供が風邪をひいてしまった時に食べさせたいものって?熱、咳…症状別に効く食べ物を知っておきましょう

肌寒い季節になってくると子供は風邪をひきやすく、一度かかってしまうとなかなか治ら …

子どもの幼稚園、何を基準にして決める?プレに入らないと入園できないってホント?

子どもの幼稚園、どうやって決めれば良いのか悩みますよね。 家から近い方がいいのか …

妊婦ママ必見!!こんなに簡単に赤ちゃん返りを防ぐ方法!

お腹に赤ちゃんがいると分かるとどうしても意識や考えることがお腹の子・生まれたばか …

天才児
高いIQを持つ天才児を指す言葉「ギフテッド」。学校嫌いの子供で天才肌なら可能性あり

「IQ」が高い子供の中には「ギフテッド」と呼ばれる子がいます。これは知能の高い人 …

子供の心に大きな傷を作ってしまう間違った叱り方とは?支配と教育の違いを認識しよう

子供が悪いことをしてしまった時、「叱る」ことはとても大切なことです。 しかし、最 …

思春期になっても「パパが大好き」な子供を育てるためには?

「パパ嫌い」「パパはいなくてもいい」という子供たちの声をよく耳にします。時には、 …