みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

小学校に行きたくない!「小1プロブレム」を家庭で解決する方法

      2015/07/28

小1プロブレム
幼稚園や保育園の卒園を迎えると、いよいよ小学校へ入学です。ワクワクどきどきしている子供のなかには、少ししてから「学校楽しくない」と小学校に馴染めなかったり、クラスで落ち着きなく走り回ってしまったり、いわゆる「小1プロブレム」が議論されています。

もしも、お子さんがそうなってしまったら?
家で気をつけるポイントを考えてみました。

入学後、授業中にずっと座っていられない子供たちが急増しています

幼稚園、保育園から小学校へ入学することは、子供にとってはまるで環境が変わってしまい、不安に思う気持ちがあるのは当然ですよね。
それでも時間が経つにつれて新しい生活にも慣れてきますから、子供自身が小学校でも少しずつ馴染もうとしていきます。

しかし、入学した子供の中には、授業中走り回ったり、先生の話を聞くことができなかったりする子供がいることも事実です。そのことで、他の子供たちや授業そのものに影響を及ぼすことは明らかです。

子供が自分をコントロールできないことや、家庭でのしつけが十分なされていないことが、背景にあると考えられています。

「5歳から義務教育を」教育現場でも、解決に向けて動いています

文部科学省でも、この「小1プロブレム」は問題提起されていて、「5歳からの義務教育へ」を念頭においた教育改革へ動き出しています。
5歳といえば幼稚園や保育園では「年長児」ですが、小学校へあがる前の学年でも、小学校から先生を招いて「授業」をしていこうというのです。

これは、突然環境が変わる子供たちに「心の準備」をしてもらいたいということと、小学校での授業にもスムーズに参加できるようにすることが、ねらいとして挙げられるでしょう。

こうした取り組みは、これから小学校へあがる子供たちにとってはいい傾向だと思いますし、幼稚園、保育園、小学校、これらがもっと連携を結ぶことで、子供たちの生活がより安定したものになるのではと期待しています。

「小1プロブレム」に陥らないために、家でもできることとは?

この問題のひとつには「時間で子供が動くことが出来ない」ということもあります。
今までは主に遊びの中で過ごしてきたので、あまり「時間」を捉えられない子供が多いのです。ですから、45分ごとに「授業」がきっちり進む小学校では、子供も戸惑ってしまうのですね。

そこで家でもやって頂きたいことは「時間を決めて行動する」ことです。
時間制限なく遊ぶのではなく「時計が2時になったら終わりにしようね」など、具体的な時間を決めて、時計を見せてあらかじめ約束しておきます。

そうすることで子供も時間を意識し、時計をよむ練習にもなります。これを続けることで時間で動く習慣ができ、小学校でも戸惑うことはなくなるのではないでしょうか。

「小1プロブレム」は、事前のちょっとした工夫で防ぐことが出来るのです。
お子さんが楽しい小学校生活を送るためにも、家での「時間割」を作ってみるのもいいかもしれませんね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

幼児期に存分にさせてあげたい3つの「遊び」。好奇心と脳を刺激して語彙力を高めよう!

2歳ころになると言葉の数も少しずつ増えてきて、パパママとの意思の疎通もできるよう …

どうすれば本を読んでくれるの?本が大好きな子どもにするためにできること。

本をたくさん読む子になってほしいと思う親は多いと思います。どうしてうちの子は本を …

コミュニケーション能力が低下する?気をつけよう!幼児期の『夜更かし』

赤ちゃんの頃は眠る感覚が短いので、夜も昼も眠る生活でしたが、1〜2歳になると体も …

子供が巻き込まれる悲しい事件…そうならない為に子供を「巻き込む環境をつくる」とは?

テレビのニュースを見ていると、子供たちが事件に巻き込まれてしまう事案がとても多く …

紫外線が子供に与える悪影響を知ろう!目を保湿して子供の視力を守る方法

人は常に紫外線にさらされて生活をしています。外で直射日光に当たるときだけでなく、 …

夏休み
子供の学びは好奇心から始まる。将来につながる色んな経験をさせてあげよう

産まれてきた赤ちゃん。 か弱くて、無垢で100%守ってあげないとと思います。 そ …

栄養たっぷりで子供が美味しく食べれる朝ごはんレシピ!忙しいママでも作れる朝食メニュー

子育て中の朝はとにかく忙しい! 子供が小学生になると家を出発する時間は幼稚園時代 …

「奴隷おじさん」が書類送検された事件…こうした事件から子供を守るにはどうしたらいいのでしょうか?

最近のニュースで「奴隷おじさん」と呼ばれる50代の男性が女性に声をかけ、書類送検 …

子供の靴のサイズ
間違った方法で子供の靴選びをしていませんか?サイズが合わないと足の指が曲がってしまう危険性あり

小さな子供に靴を買う時、「すぐに履けなくなってしまうから…」と大きめな靴を買って …

年収300万円でも貯蓄はできる!?ポジティブ思考でお金と前向きに付き合いましょう

「はあ…また今月も赤字だわ…」と毎月家計簿とにらめっこしているママさん!特に子育 …