みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

友達のような関係の親子に潜む危険性。娘は母親のコピーじゃありません

      2015/07/28

娘の子育て思春期
女の子はママにとっても「同性」なので、とにかく仲良しで、まるでお友達みたいな感覚の親子も見かけますよね。
それはとってもいいことなのですが、あまりにも度が過ぎてしまうと、知らないうちに娘は自分を出せない子になってしまっていた、というケースもあります。

「友達親子」に潜む危険とは、どういうことなのでしょうか?

「まるで私みたい」娘に自分の姿を投影しすぎないことが大切です

ママにとって娘の存在は、やはり同じ「女の子」なので共感しあえるところも多いでしょうし、何より「自分のミニュチュアのようだわ」という感覚になってしまいますよね。
それは親子なのですから、当然持ってもおかしくない感覚だと思います。

しかし、娘に、自分の出来なかった「夢」を託したり、「私も出来たんだから、あなたも出来るわよね」といった「押し付け」をしてはいないでしょうか?

小さな子供は親が全てですから、あたりまえのようにママの敷いたレールを何の疑いもなく乗ってしまい、もしもそのことが嫌になってしまったとしても、そのことをママに伝えると「悲しむから言い出せない」という女の子もいるのです。

すると、「自分がしたいことが何か」を見つけられない子供に育ってしまい、思春期になってから手に負えないくらいひどい反抗期になってしまったり、人生がつまらなく思えてしまうなど、大人になってからの感情のコントロールが上手に出来なくなってしまう恐れもあるといいます。

女の子の思春期は「見守り期」過干渉にならないよう心掛けましょう

女の子を育てる上で気を付けてあげたいのが「思春期」です。
男の子はマイペースでやり過ごすことが多い一方で、女の子の思春期は、自分よりも他人への気持ちの動きが大きく、人間関係に対してとてもデリケートです。
思春期になり人間関係も複雑になってくると、いじめ問題なども親は気にしますから

「今日どうだった?」
「何か変わったことはない?」

など、ついつい聞きたくなりますよね。

だけど過干渉になり過ぎると、「うっとうしい」という気持ちが出てくることになりかねません。
この時期は子供との適度な距離を保ちつつ、「いつも見守っているよ」と態度で示していくことが大切です。

もしも子供から「助けて」のサインがあったときには、子供の気持ちに寄り添って、十分に話を聞いてあげましょう。
「大丈夫。何があってもパパママがついてるからね!」と大きな愛があることをその都度伝えてあげてください。

「守られている」という安心感は、子供にとって大きな支えになるのです。

娘の幸せな結婚を望むなら、パパママの「ラブラブ」を見せましょう

女の子の身近なお手本は、なんといっても「お母さん」です。
大好きな「ママ」を見て子供は育ちますから、パパママが幸せそうにラブラブだと、「結婚っていいものなんだ!」という気持ちになるでしょう。

それは将来の恋愛観や結婚観に大きく影響を与えますから、女の子には、パパとママが仲良さそうにしているところを、たくさん見せて下さいね!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

嫌がる子供の「歯みがき」は毎日大変…ちょっとした工夫で楽しく磨こう!

子供の歯が生えてくると、虫歯にしないために毎日「歯みがき」をお子さんにしてあげて …

赤ちゃんや子どもの鼻水!どうやって対処したら良い?

赤ちゃんや子どもが鼻水を出していると、呼吸が苦しそうで息ができなくなってしまうの …

子供とふれあう時間が少ない共働きのママは『絵本の読み聞かせ』をしてみよう。心を豊かにする絵本の話

ママの一日は忙しい。朝からお弁当を作って(家庭によっては数個作る場合もあります) …

声掛け変換
発達障害の子供にオススメの「声かけ変換表」は大人でも使えて凄い!

みなさんは「声かえ変換表」って聞いたことありますか? これは発達障害を持つお子さ …

ハイハイせずに歩きだしちゃった!このままで大丈夫?

赤ちゃんを育てていくうえで、どうしても気になってしまうのが体の発達面です。 首が …

赤ちゃんが便秘で苦しがる!どうしたらいいの?

赤ちゃんが便秘で苦しんでいると、本当にかわいそうで見ていられないですよね。 顔を …

実の母から昔の育児論を押し付けられる!うまくかわすための3つの秘策

  なかなか良い関係を築くのが難しい義理のお母さんならば、育児に対して …

発達障がいで「自閉症スペクトラム」って言われたけど、どういうこと?

お子さんが年齢を重ねていて検診を受けたとき「自閉症スペクトラムかもしれませんね」 …

親の行動が子供の好奇心を奪ってしまうかも?「無意識過保護」に要注意!

自分でいろいろ出来るようになる2〜3才ごろは、親としては心配な時期でもあるし、成 …

我慢が出来ない子供にしないための教育方法。会社をすぐ辞める若者にしないためにやるべきこと

現代社会では新入社員として入社しても、上司に注意されただけで心が折れてしまい、会 …