みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

男の子に叱りすぎるスパルタ教育法はダメな子育ての代表例。プライドを傷つけないことが大事な男の子の育て方のコツ

      2015/07/28

男の子教育法
「強くたくましく育って欲しい」と願うのは、男の子を育てているパパママには共通する思いのひとつです。
あまりにも厳しくしつけようとガミガミ怒ってしまうのは、実は良くないんだそうです。

困難に立ち向かえる「男の子」に育てるにはどうしたらいいのでしょうか?

0〜6歳までは、ママとラブラブな「恋人感覚」でいいんです

「え!?本当にそれでいいの?」と思ってしまいますよね。
男の子の「強さ」を育てることと、正反対のような気もしますが、母親からの惜しみない愛情が男の子に注がれることで、「いざ」というときに安心感を持って、何事にもチャレンジできるようになるといいます。

これは男の子のママにとってはちょっと嬉しいのではないでしょうか?
そして幼児期の男の子にとってママの存在は、やはりとても大きいのでしょうね。

「いつも見てるよ!」「大丈夫!あなたなら出来る!」と、いう母の愛のこもった声援は、息子にとって何よりの力になるのです。

小学校時代には積極的に「お手伝い」をさせましょう

女の子ですと、お料理やお掃除など、ママがやっているのを見て「私もやる!」と進んでお手伝いしてくれますが、男の子はどちらかと言えば「自由奔放」でいたいものです。しかし、小学校時代にお手伝いをさせることで、将来「一人前の男性としての能力」が養われるというのです。それは、「人の役に立つ喜び」であったり、「困難に立ち向かう力」、さらには「柔軟に動けるフットワーク力」といったことを身につけるのにとても役立ちます。

これらは、将来結婚して家庭を持ち、就職して仕事をこなす上で、とても重要になる能力です。それが小学校時代の「お手伝い」で培われていくということは、意外と知られていないのではないでしょうか?家族の中できちんとした「役割」を持つことで、「社会性」も育っていくのです。

「しつけだから…」とガミガミ怒るのは、男の子のプライドを傷つけます

やはり男の子を育てていくとき、「強くなって欲しい」という思いから、しつけに対してもしつこく叱ってしまったり、ガミガミと怒ってしまうことがありませんか?これは、男の子の「自尊心」を傷つけることになるので、やってはいけません。その他にも、何でもダメ!と否定することなども、プライドを傷つけ、「どうせ僕なんて…」とマイナス思考ばかりが出てきてしまいます。そうすると、子供自身に何か大変なことが起きた時、逃げてしまったり、踏ん張れない「弱い子」になってしまうのです。

いかがでしたか?男の子って、やっぱりデリケートなんだなと思う反面、しっかり愛情を持ってサポートしてあげることで、将来の幸せへと導いてあげることが出来るのですね。ついやってしまいがちな「ガミガミ怒らない」、というのも、今後気をつけたいところです。

小さい頃は「ママの恋人」でたっぷりの愛情を注ぎ、小学校へあがったら「家族の一員」としてしっかりと役割を持たせた「お手伝い」をさせましょう!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

「おはよう」でモチベーションアップできる?!知っておきたい挨拶のメリット

挨拶をすることは、生活の基本ですよね。保育園・幼稚園、学校生活においても挨拶をす …

姉妹喧嘩の仲裁
姉妹喧嘩が絶えない子供には共感を示すことで仲裁できる

姉妹の喧嘩は兄弟に比べると比較的おとなしめ・・・と思われがちですが、実はその根は …

ダラダラ叱るのは逆効果!?「一発」で子供に届く叱り方に切り替えよう!

子供を叱るのは、今後、同じ間違いをしないようにして欲しい…という親の気持ちを子供 …

声掛け変換
発達障害の子供にオススメの「声かけ変換表」は大人でも使えて凄い!

みなさんは「声かえ変換表」って聞いたことありますか? これは発達障害を持つお子さ …

乳幼児の誤飲、気をつけて!もしもの時の応急処置を知りましょう

小さな赤ちゃんは好奇心旺盛で、何でも口の中へ入れて確かめたりしますよね。ですから …

イヤイヤ期の子供と上手につき合う方法とは?子供の自己形成期に必ずある試練

1〜2歳頃になってくると、突然やってくる「イヤイヤモンスター」。 あれもイヤ、こ …

「どうして勉強するの?」子供の質問に答えられますか?

子供に毎日「勉強をしなさい」「宿題をしなさい」とオウムのように毎日繰り返し言うこ …

子育ての悩みはママ友と共有し合おう!無理して完璧な子育てをする必要はない

子育てをしていると、その時々でいろいろな悩みに遭遇します。赤ちゃんの頃は母乳や夜 …

小さい子どもを連れて行く外食、どんなところが良い?

2歳以下の小さい子どもと一緒に外食をするとなると、様々なことが気になってしまって …

子供にお金の教育をする上手な方法は小学生の頃からお小遣いを与えること

子供には“お小遣い”をあげていますか? また、それはいつからですか? 我が家では …