みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

男の子に叱りすぎるスパルタ教育法はダメな子育ての代表例。プライドを傷つけないことが大事な男の子の育て方のコツ

      2015/07/28

男の子教育法
「強くたくましく育って欲しい」と願うのは、男の子を育てているパパママには共通する思いのひとつです。
あまりにも厳しくしつけようとガミガミ怒ってしまうのは、実は良くないんだそうです。

困難に立ち向かえる「男の子」に育てるにはどうしたらいいのでしょうか?

0〜6歳までは、ママとラブラブな「恋人感覚」でいいんです

「え!?本当にそれでいいの?」と思ってしまいますよね。
男の子の「強さ」を育てることと、正反対のような気もしますが、母親からの惜しみない愛情が男の子に注がれることで、「いざ」というときに安心感を持って、何事にもチャレンジできるようになるといいます。

これは男の子のママにとってはちょっと嬉しいのではないでしょうか?
そして幼児期の男の子にとってママの存在は、やはりとても大きいのでしょうね。

「いつも見てるよ!」「大丈夫!あなたなら出来る!」と、いう母の愛のこもった声援は、息子にとって何よりの力になるのです。

小学校時代には積極的に「お手伝い」をさせましょう

女の子ですと、お料理やお掃除など、ママがやっているのを見て「私もやる!」と進んでお手伝いしてくれますが、男の子はどちらかと言えば「自由奔放」でいたいものです。しかし、小学校時代にお手伝いをさせることで、将来「一人前の男性としての能力」が養われるというのです。それは、「人の役に立つ喜び」であったり、「困難に立ち向かう力」、さらには「柔軟に動けるフットワーク力」といったことを身につけるのにとても役立ちます。

これらは、将来結婚して家庭を持ち、就職して仕事をこなす上で、とても重要になる能力です。それが小学校時代の「お手伝い」で培われていくということは、意外と知られていないのではないでしょうか?家族の中できちんとした「役割」を持つことで、「社会性」も育っていくのです。

「しつけだから…」とガミガミ怒るのは、男の子のプライドを傷つけます

やはり男の子を育てていくとき、「強くなって欲しい」という思いから、しつけに対してもしつこく叱ってしまったり、ガミガミと怒ってしまうことがありませんか?これは、男の子の「自尊心」を傷つけることになるので、やってはいけません。その他にも、何でもダメ!と否定することなども、プライドを傷つけ、「どうせ僕なんて…」とマイナス思考ばかりが出てきてしまいます。そうすると、子供自身に何か大変なことが起きた時、逃げてしまったり、踏ん張れない「弱い子」になってしまうのです。

いかがでしたか?男の子って、やっぱりデリケートなんだなと思う反面、しっかり愛情を持ってサポートしてあげることで、将来の幸せへと導いてあげることが出来るのですね。ついやってしまいがちな「ガミガミ怒らない」、というのも、今後気をつけたいところです。

小さい頃は「ママの恋人」でたっぷりの愛情を注ぎ、小学校へあがったら「家族の一員」としてしっかりと役割を持たせた「お手伝い」をさせましょう!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

小学生の子供に本を読ませる方法はお金で釣ること。邪道な教育法で頭のいい子が育つ

子供が勉強しない、ゲームばかりやっている、漫画ばかり読む、本を買ってきたのに読ん …

男の子
人の話を聞かない子供はどう注意すれば直るの?男の子が学校のことを話さない理由

小さなころは「ただいま!あのね、先生がね…」と毎日話してくれたのに、大きくなるに …

子供を甘やかす
子供を甘やかすのと甘えさせるの違いとは?子供の言いなりになるのは親としてダメな理由

「甘えん坊だなあ」「そんなに甘やかしちゃダメだよ」どちらも同じ「甘える」という言 …

子育て期はお金がかかる…ちょっとの見直しで「子育て浪費」をグンと減らす方法とは?

赤ちゃんから幼児期になるまでの子供の成長は著しく、すぐに大きくなってしまうので洋 …

子供の自転車練習は何歳から?自転車デビューはタイミングが大事!

子供が補助輪を外した二輪自転車に乗れるようになるのは、早ければ幼稚園の年少から、 …

図工作品の整理
子供の図工作品や絵をどう収納・整理・処分する?かさばる思い出の品を分別しよう

子供が一生懸命作った図画工作物はどう整理していますか? 小さな頃は初めて〇〇が描 …

暑い夏休み、低予算で子供と一緒に遊ぶ方法まとめ

ながいながい夏休み。さらにここ数年、外の気温は異様なまでに上昇しています。 暑さ …

子供のスマホは危険がいっぱい!情報リテラシーの大切さを再度考えてみませんか?

今は幼い子供でもママもスマホを使いこなし、小学生では自分専用の携帯を持っている子 …

PTAに参加しなくてもいい方法は?フルタイム勤務の保護者が学校で村八分にあわない方法

PTA活動は専業主婦の方を中心に動いている場合が多く、フルタイム勤務の保護者にと …

嫌がる子供の「歯みがき」は毎日大変…ちょっとした工夫で楽しく磨こう!

子供の歯が生えてくると、虫歯にしないために毎日「歯みがき」をお子さんにしてあげて …