みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

一所懸命に子育てをする親ほど毒親になる危険性が高い。拡大化する「毒親問題」あなたは大丈夫ですか?

      2015/07/28

毒親問題
最近よく聞くようになった「毒親」という言葉ですが、ここには根深い闇が潜んでいることが伺い知れます。
自分の子供が可愛いと思えなかったり、逆に子供が可愛いあまりに行き過ぎた行動をしてしまうことも。

もしかして、あなたの中にも「毒親」が潜んでいるかもしれません。

虐待、ネグレクト、現代の子育ての闇に隠れている「毒親」の存在

やはり昨今でも子供への肉体的虐待や、ネグレクトといった問題は、悲しいですが年々増加の傾向にあり、早急な問題解決へ向けてさまざまな議論が繰り返し行われています。虐待による子供を取り巻く痛ましい事件などが起こるたびに胸が締め付けられるような気持ちになり、「どうにかできなかったのかな…」とため息をつくばかりです。

そうした事件で無視できないことがあります。悪い言い方になってしまいますが、好きな男ができて子供が邪魔になってしまったり、パチンコなど自分の欲求が押さえきれずに育児を放棄してしまうなど、問題の原因の多くは「母親」にあるということです。

だからといって、その「母親」だけを責めることで問題解決ができるのでしょうか?

その母親たちの背景をたどっていくと、シングルマザーで誰にも相談できなかったり、自分の親に頼りたくても、親が「毒親」だったということも考えられるのです。こうした場合は、実際事件を起こした母親ばかりが悪い、とは言い切れないと思いのです。

「毒親」に育てられた子供が、いつかやがて「母親」になる時がくる

「私は母に愛されたことがない」そう思って育ってきた女性が、結婚して子供を産み、母親になる時はいずれやって来ます。子供時代の辛かった過去を胸に「私は子供に悲しい思いは絶対させない!」という気持ちで一生懸命子育てするはずです。

ここで心配なのは、真面目すぎてブレーキがきかなくなってしまうということです。子供をきちんと育てなくちゃと思うあまり、過剰な行動になってしまったり、しつけに異常に厳しくなってしまったりして、子供を追いつめてしまうことになりかねません。

一生懸命やっているのに子供が言うことを聞かなかったりすると、暴言を吐いたり暴力を振るってしまったり、気づかないうちに「毒を与える親」になっていた、などということでは、その一生懸命さはマイナスにしかなりません。あれもこれも、子供にやってあげたい気持ちはわかりますが、大切なのは「何をするか」ではなく「何をしないか」なのです。

「子供」と「自分」とは別の人間だということを忘れないでください

子供を見ていてじれったくなったり、つい手伝ってしまったりしますが、子供には子供の考えがあり、「自分でできるんだ」という気持ちがあるのです。子育てで難しいのは「待つ」ということです。これがなかなか出来なくて、自分の思い通りに子供を動かそうとする親が多いことも事実です。

「毒」を子供に与えていないか?
もう一度立ち返って考えてみましょう。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供の心に大きな傷を作ってしまう間違った叱り方とは?支配と教育の違いを認識しよう

子供が悪いことをしてしまった時、「叱る」ことはとても大切なことです。 しかし、最 …

子供の自転車練習は何歳から?自転車デビューはタイミングが大事!

子供が補助輪を外した二輪自転車に乗れるようになるのは、早ければ幼稚園の年少から、 …

ポジティブ思考
子供のポジティブ思考はトレーニングできる!前向きな子供は行動力が高くなる

100人の子供がいれば100通りの考え方があって、明るい子もいれば暗い子もいます …

先生に意見をいう
保護者から担任の先生への苦情・意見の伝え方。角が立たないように主張する方法とは?

ここ数年で「モンスターペアレント」という言葉が定着し、その存在は学校の先生や周り …

子供への絵本
スキンシップは肌の触れ合いだけじゃない!絵本のすすめ

赤ちゃんはパパママとスキンシップをするのが大好きです。抱っこにミルクにおむつ替え …

子供を入れるなら幼稚園と保育園どっちがおすすめ?預ける施設の違いと選び方

幼いお子さんを持つパパママにとっては、家族以外の人の所へ預ける場所となる、幼稚園 …

幼稚園お受験は良く考えてから!身の丈にあった育児をしないと家計破綻してしまいます

子供の教育を考えたとき「できればいい環境の中で学ばせてあげたい」と思うのは、きっ …

集中力のない子供。勉強も習い事も毎日の「ちょっとずつ」で集中力を高めましょう

家で遊んでいる子供の様子を見ていると、やはり好きな事をしている時は「集中している …

子供が歯みがきを嫌がらないように低月齢の頃から歯磨きトレーニングしよう!

1歳半から2歳くらいで、だんだんと歯が生え揃ってきて、それと同時に虫歯になりやす …

「奴隷おじさん」が書類送検された事件…こうした事件から子供を守るにはどうしたらいいのでしょうか?

最近のニュースで「奴隷おじさん」と呼ばれる50代の男性が女性に声をかけ、書類送検 …