みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供の才能を見つけるには飽きっぽい、三日坊主でもいいって本当?何でもチャレンジさせることの大切さとは

      2015/07/29

飽きっぽい子供

「三日坊主」と聞くと、あまり良いイメージではありませんよね?
だけど「子供の才能を見つける」とこで関して言えば、それは多いに結構なんだといいます。

どうして「三日坊主」でいいのでしょうか?その理由も含めて考えてみましょう。

できるだけ幼い頃から、さまざまなことに「チャレンジ」することが大切です

小さな幼児期の子供は、ありとあらゆることに興味を持ちますよね。
そこでパパママは「あれはダメこれもダメ」と自分の都合で子供の「やりたい」気持ちを封じ込めたりしていませんか?
それでは、子供の才能を見つけることはとても難しいと思います。

たとえ「才能ないんじゃないかな?」と思っても、チャレンジさせてあげましょう。
それでやっぱりダメだったという「三日坊主」でもいいんです。何故なら、たくさんの数の習い事や遊びを経験させてあげて「三日坊主」をたくさんこなしていくうちに、「コレだ!」というものに巡り会える可能性があるからです。

「これかも知れない!」見つけた子供の「才能」はパパママ次第でグンと伸ばすことが出来ます

そうして「三日坊主」をいっぱいした結果、子供の才能に巡り会えたら、それはとても素晴しいことです!
だけど、そのまま放っておいては伸びるものにも限界がありますよね?そこでパパママにも出来るサポートがあります。「マズローの5段階欲求説」というものです。

「マズローの5段階欲求説」ってどういうこと?

これは「5段階」の事柄をひとつひとつクリアしていくことで、最終段階の「自己実現欲求」を叶えられるようになるという、アメリカの心理学者アブラハム・マズローが発見した法則です。

第1段階の生理的欲求は食事や睡眠を十分に与えてあげることで、第2段階の安全欲求は衣食住を確保すること。 第3段階の愛情欲求は親からの十分な愛を感じることで、 第4段階の承認欲求は周りの人たちから褒められ、認められて自信を付けること。そして最後に第5段階 自己実現欲求で夢を実現させるというものです。

順番に見てみると、生まれてきてからの衣食住、それからパパママの愛、成長してきて「できた!」の喜びを分かち合うこと、どれもとても簡単なことだと思いませんか?
だけど、これらを「十分に与えてあげられているかどうか」がとても需要なのです。

子供自身が「十分に与えて貰った」と満足していなければ、これは不十分だったと言えます。

特に大切なのは「親からの愛情」。愛され守られた子の才能は伸びます!

「十分に与えてやってる!」と一方的な親の立場からの自己満足にならないように気をつけたいですね。
普段から子供の気持ちを読み取って、もしも愛情が足りてないかな?と感じたら、抱っこの回数を増やしてスキンシップをするなど、態度や言葉できちんと伝えていきましょう。

たくさん愛されて守られた子供は、安心感の中ですくすく育ち、好きなことも伸び伸びと思う存分できるでしょう。子供たちの「才能」。いっぱいの花咲きますように!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子どもが発熱!どんな対処をしたら良いの?

子どもが熱を出すと大人よりも遥かに高い熱が出るので、ちょっと焦ってしまいますよね …

パパママ呼び方
子供に「パパ」「ママ」と呼ばせるのは何歳まで?

赤ちゃんのころから言葉を発するようになるまで、およそ1年かかります。 初めて「パ …

育児日記
育児日記をつけることの勧め。子供が小学生になったとき悩み解消に役立つ!

子供は成長と共に、自分の居場所を家庭より友達関係に求めるようになります。 小学生 …

親に気を使う子供
親に気を使う「いい子」は問題児になる可能性がある?自分の意見を言えない子供の危険性とは

お利口さんでお行儀のいい子っていますよね。 もちろん、ご両親の育て方が素晴しいか …

思春期になっても「パパが大好き」な子供を育てるためには?

「パパ嫌い」「パパはいなくてもいい」という子供たちの声をよく耳にします。時には、 …

意外に多い子供の便秘!!その原因と対処法は?

便意を催してトイレに座るけど、便が出てこない・・ お腹だけが痛くて、ウンチが出て …

どうして「イヤイヤ期」「魔の二歳児」になってしまうの?どう接したら?

1才を過ぎて言葉を話すようになると、自分の周りにあるものに何でも興味を持ち、おも …

ママ友から人望を集める素敵なママになりたい!ママ友グループで好かれるタイプの女性とは?

幼稚園や保育園へ通うようになると、やっぱり気になるのは「ママ友」の存在です。 「 …

子供とふれあう時間が少ない共働きのママは『絵本の読み聞かせ』をしてみよう。心を豊かにする絵本の話

ママの一日は忙しい。朝からお弁当を作って(家庭によっては数個作る場合もあります) …

乳幼児の誤飲、気をつけて!もしもの時の応急処置を知りましょう

小さな赤ちゃんは好奇心旺盛で、何でも口の中へ入れて確かめたりしますよね。ですから …