みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

ピアノを習っている子供は頭が良くなる。音楽が子供の地頭力を鍛えるのに役立つ理由とは?

      2015/07/29

子供の地頭力を鍛える
英語、体操教室、リトミック…。
お子さんに「何か習い事をさせてあげたいけど、どれがいいのかわからなくて…」どれも魅力的ですから悩むのも当然です。

そこでお勧めしたいのは、「ピアノ」です。何でも「脳の構造」も変えてしまうほどの効果が期待されるというから驚きです。

「ピアノ」を習うことで育つことを調べてみました。

ピアノを習うと「HQ(人間性知能)」が高い子供になるって本当?

みなさんはこの「HQ」という言葉を聞いたことがありますか?これは「人間性知能」というもので、ひとことで言うと「人間らしい生活を送るための能力」なんだそうです。
夢に向かって適切に行動することや、理性や協調性といった社会性を備えた力で、夢の実現、社会的成功、結婚、恋愛、運動能力、さらにはIQを高めることにもつながる能力と聞くと、もの凄い能力であることが分かりますよね。

脳科学では、このHQが高まるという研究をさまざまな習い事で試みましたが、「ピアノ」が他の習い事と比べると群を抜いて効果的だったそうです。
習い始めてから4ヶ月ほどで効果が現れて、2年ほど習い続けると、脳の構造まで変わってくるというから驚きです。年齢は5〜8歳ころがより効果的であるというデータになったといいます。

どうして「ピアノ」が脳の発達に効果的なのでしょうか?

ピアノを弾くことを考えてみましょう。両手を並べて使いますが、その動きは左右異なっていて、かつ複雑な動きを瞬時にしますよね。
楽譜も記憶の連続で、演奏しながら次の音のことを考えます。こうした楽器は他にはなく、とても高度な行為を繰り返すことで、ピアノの演奏は成り立っているわけです。

つまり、ピアノを弾くときには「脳機能をまんべんなく使っている」のです。
そのことで脳機能は活発になり、ピアノを続けることによって「脳梁」という部分が太くなり、脳の左右バランスが良くなります。さらに小脳も発達し、運動、知能、感情的機能といったさまざまな分野がアップするなど、あげるときりがないほどです。

脳がまんべんなく育つと「地頭力(じあたまりょく)」が良くなる!

凄いですね!
こうして調べてみると、ピアノを習わせることは、脳の発達だけで見ても子供にとっては良いことづくしですね。

「地頭力」とは、単なる知識だけではなくて思考しながら行動できる総合的な能力のようなものですが、脳がまんべんなく使われていくと、この地頭力もグングン良くなっていくそうです。ここまで来ると、大人になってもピアノを習いたくなってきますよね。子供ほどではないにしても、大人になってからのレッスンでも「効果」はあるそうなので、親子でピアノを習うというのも、いいのではないでしょうか。

「現在、学術的に証明されている限りにおいて、ピアノほど脳にいい習い事はありません」と発言したのは、脳科学のスペシャリスト、澤口俊之先生です。

もしもお子さんに習い事をさせるのなら、「ピアノ」という選択肢、いかがですか?




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供に洗濯干しのお手伝いを頼む6つのメリット

子供にとって、お手伝いに大切なポイントは「考えて出来ること」「やり遂げたという達 …

子供の自己肯定感
ポジティブ思考の子供に育てる方法。成功体験を積み上げて自己肯定感のある子供に育てよう

この「自己肯定感」という言葉、聞いたことありませんか? 最近、幼児教育の現場では …

子供を甘やかす
子供を甘やかすのと甘えさせるの違いとは?子供の言いなりになるのは親としてダメな理由

「甘えん坊だなあ」「そんなに甘やかしちゃダメだよ」どちらも同じ「甘える」という言 …

子供のスマホは危険がいっぱい!情報リテラシーの大切さを再度考えてみませんか?

今は幼い子供でもママもスマホを使いこなし、小学生では自分専用の携帯を持っている子 …

「叩いちゃダメ!」は効果なし?友達に手が出てしまった時の対処法とは?

子供同士で遊んでいるとき、わが子がお友達を叩いてしまってビックリしてしまったこと …

知らないうちに「子供の言いなり」になっていませんか?子供の上手な叱り方、なだめ方を知りましょう

お子さんが年齢を重ねてくると「うるせー!」など、口答えされて、大きくショックを受 …

朝の忙しさで子供にイライラしないコツ。子供と過ごす有意義な朝時間の作り方

子供が朝、なかなか起きてこない!起きても不機嫌・・・せっかく作った朝ごはんもきち …

「食育」は家族の笑顔がいちばん大切。ママに任せず家族も協力しよう。

2005年に食育基本法が成立されました。今では一般的に使われる「食育」という言葉 …

飲食店で市販のベビーフード、勝手に食べるのってアリ?

まだまだ産まれたばかりの頃は、大人の分だけご飯を用意すれば良いので外食も比較的大 …

「睡眠」と「肥満」には関係があった!良い睡眠時間を確保して肥満や病気のリスクを減らしましょう

子供の生活環境も昔に比べると大きく様変わりしていて、夜遅くになっても小さな子供が …