みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供に「ひらがな」を教えるのは何歳から?4歳からひらがな学習をする子が多い理由とは

      2015/07/28

ひらがな学習スタート年齢
小学校では本格的にお勉強が始まりますが、そのなかでも基本はやっぱり「ひらがな」です。
最近では幼稚園でも保育の中に取り入れているところもありますが、気になるのは「何歳から教えたらいいの?」ということです。

みなさん、どうしているのでしょうか?

「すごいね!」2歳でひらがなが読める子もいますが…

幼稚園や保育園へ入園すると、気になるのは周りの同じ年の子供たちです。
「うちの子は勝ってる?負けてる?」さまざまなことが気になってしまうパパママも少なくありません。

もちろん、お子さんの成長を気にしてのことなので仕方ありませんが、ときどき「あの子は出来るんだから、うちの子だって!」と、ライバル心むき出しの親御さんもいらっしゃいます。確かに2歳でひらがなが読める子は凄いと思いますが、まずは「個人差がある」ことを忘れてはいけませんね。

みんなはどうしてるの?アンケート結果を見てみましょう

ある機関で「ひらがなの練習はいつから始めさせましたか?」というアンケートを実施したところ、一番多かったのは「4歳」で35%でした。
次に「3歳」26%、「5歳」21%、「6歳」6%という結果になったそうです。

4歳にひらがなを始めると答えた方が多かったですね。
この年齢では絵本や塗り絵にも興味を持ち始めるので、えんぴつにも親しみが出てくるのもその要因といえそうです。

大きな影響として考えられるのは、入園するときに、自分の持ち物に「なまえ」をパパママが書いてくれますよね?
このとき「ひらがな」への興味、自分の名前を書きたいという欲求が、ちょうど「4歳」という年齢と重なるのかもしれません。

「無理をさせてる」なら、ひらがなを教えない方がいいかもしれません

もちろん、「6歳」というご家庭もありました。
「小学校で習ってきたらグングン覚えてしまいました!」という子供もいます。

だけど2歳で読めてしまう子もいることを考えると「それでは遅いのでは?」と思うかもしれません。
しかし、ひらがなへの興味もないのに、「みんなができるから」という理由で無理に教えたのでは、覚えるどころか「逆効果」になってしまいます。

知的好奇心を育むためにも、「ひらがな」の面白さを見つけよう

「ひらがなへの興味をなかなか持ってくれなくて心配…」そんな悩みを持つパパママさんもいらっしゃるかもしれません。無理に教えるのはよくありませんが、だったら興味を持つようにサポートしてあげましょう。

お子さんの好きなものは何ですか?

ヒーローの名前でもいいですし、お菓子の名前でもいいですね。身近なものを題材にして、「面白い!」と思えたら、きっとひらがなにも興味を示してくれるでしょう。

いかがでしたか?子供の成長には個人差があり、興味関心もそれぞれ違います。
ひらがなを教えるのも、「必ずしもこの年齢が良い」というのはありませんよね。「これ何て書いてあるの?」などと関心を持ったらチャンスです!お子さんの気持ちに合わせて、ひらがなを教えてあげましょう。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

学校での様子が気になるときは、子どもの友達を積極的にお家に招こう。

学校での子どもの様子、お友達はいるのか?勉強についていけているのか?などなど心配 …

育児日記
育児日記をつけることの勧め。子供が小学生になったとき悩み解消に役立つ!

子供は成長と共に、自分の居場所を家庭より友達関係に求めるようになります。 小学生 …

ママ友から人望を集める素敵なママになりたい!ママ友グループで好かれるタイプの女性とは?

幼稚園や保育園へ通うようになると、やっぱり気になるのは「ママ友」の存在です。 「 …

子供のおんぶには子育てに必要な要素が詰まっています。おんぶのスキンシップ効果とは?

今の時代にはほとんど見かけなくなってしまった「おんぶ」の習慣。 30年ほど前には …

ママ友付き合いでのトラブル喧嘩防止方法。ママ友との上手な付き合い方のコツ

子供が生まれたら避けて通れないのが、ママ友との付き合い。子供同士が友達、家が近所 …

寝不足でつらい…短くても「良質な睡眠」でリフレッシュしましょう

子育てをしているママは、時間に負われて何かと大変ですよね。赤ちゃんの授乳期だと、 …

七五三って、数え年がいいの?それとも満年齢がいいの?

夏が過ぎれば、本格的に七五三シーズンに入りますね。 多くの写真館が、早い段階で七 …

幼児期にさせたい習い事。月謝はどのくらい?知っておきたい、かかるお金のあれこれ

「何かこの子に習い事をさせてあげたいな…」幼い頃から子供に習い事をさせるパパママ …

過保護の違い
子供の話を聞くことが子育てで大切な理由。子供を受け止めるスキルを磨きましょう

子供のする話を聞いていますか? 「もちろん!」と答えるパパママがほとんどだと思い …

妊娠高血圧症候群の危険性!高齢出産でなければ大丈夫!…とも限らない?

妊娠高血圧症候群という病気をご存じですか?妊娠しているママや、そのお腹にいる赤ち …