みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

間違った方法で子供の靴選びをしていませんか?サイズが合わないと足の指が曲がってしまう危険性あり

      2015/07/28

子供の靴のサイズ
小さな子供に靴を買う時、「すぐに履けなくなってしまうから…」と大きめな靴を買っててしまったりしていませんか?
それは、子供の「足」にとって、とても危険なことかもしれません。
ついやってしまいがちな「間違った靴選び」、見直す必要がありそうです。

靴の文化が長い欧米では「足」や「靴」を学ぶ授業があります

日本では、欧米に比べて靴の歴史は浅いので、「足」のことや「靴」に関することは、あまり気にして来なかったと思いませんか?

それに比べて欧米では「靴」は生活の一部として、今でも深く根付いていますよね。部屋の中でも土足ですから、靴に対する思い入れも、日本とは異なるのかもしれません。小学校の授業では「足」や「靴」を学ぶ時間もあるほどで、子供のころから「身体を支える土台」として、足の大切さを教育してきたそうです。

本当なの?幼稚園児でも「外反母趾」になってしまします

子供の成長はとても早いので、靴を買う時、どうしても「大きいサイズ」を選んでしまいますよね?しかし、そのことが現代の子供の足に、悪影響を及ぼしているのです。

ある調査結果では、幼稚園児を対象に足のサイズ、指の変形、足裏の接地度を調べたそうです。
そのときに、中高年の足のトラブルだと思われていた「外反母趾」の症状が、4%の子供に見られたというから驚きです。他にも、足の変形のひとつ「浮指」は、47%、小指が曲がってしまう「内反小趾(ないはんしょうし)」に至っては70%もいたということです。

「履き心地」に鈍感な子供は、「痛み」にも気づかないことがあるんです

どうしてこんなにも、多くの子供たちが「足」のトラブルになってしまうのでしょうか?
それは、子供が「痛みに鈍感」だということが、ひとつにあげられると思います。

とくに3〜5歳くらいでは、履き心地が多少悪くても気にしなかったり、痛みも訴えないので、足のトラブルに気づかないことが多いのです。そのまま足の変形が進んでしまうと、腰や背骨が歪んでしまうだけでなく、自律神経までも支障をきたす場合も考えられます。

まずはパパママが「靴の大切さ」を知り、子供に伝えましょう

「サイズ違いの靴」が怖い理由は、お分かりいただけましたか?それと同時に「靴の大切さ」もご理解いただけたと思います。

最近の子供たちはゲームやテレビなど室内で遊ぶことが多くて、靴を履くことが少なくなっていますよね。
それに伴って、「靴」に関心を寄せることも減ってしまっているのでしょう。

しかし、こうした「間違った靴選び」のせいで、子供の健康が保たれなくなってしまうのも事実ですから、パパママが「靴の大切さ」をお子さんに伝えてあげてくださいね。4ヶ月に1度は「足のサイズ」をはかることを、靴の専門家も勧めています。

パパママが正しい子供の足のサイズを知り、「正しい靴」を履かせてあげましょう。
そうすると、もしかしたら「かけっこ」だって、今までよりもグンと速くなるかもしれませんよ!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供の誕生日をお祝いすることが実は「育脳」にとても効果絶大だった!その効果とは?

我が子が生まれてきてくれた喜びは、子供がいくつになっても色褪せることはなく、子供 …

子供のおんぶには子育てに必要な要素が詰まっています。おんぶのスキンシップ効果とは?

今の時代にはほとんど見かけなくなってしまった「おんぶ」の習慣。 30年ほど前には …

幼稚園児のお弁当。可愛く美味しそうに見せる簡単なコツを伝授します!

保育園は基本的に給食ですが、幼稚園はまだまだお弁当を持って行くという園は多いはず …

子供にお金の教育をする上手な方法は小学生の頃からお小遣いを与えること

子供には“お小遣い”をあげていますか? また、それはいつからですか? 我が家では …

大村智・北里大特別栄誉教授がノーベル賞受賞!「人真似をしない事の大切さ」

北里大格の大村智特別栄誉教授が「ノーベル医学生理学賞」を受賞され、日本列島は早く …

子供が幼稚園で友達を叩いたらどう対応するべき?子供の喧嘩トラブルが起きた時の考え方

幼稚園や保育園に入るとこうした「お友だちとのトラブル」はつきものです。 問題が起 …

子供はママの背中も見ています!ワークママに育てられた子供は高収入になる!?

お子さんが小さくてもお仕事を続けているママはとても多くて、帰りが遅くなって子供が …

子供のアレルギー対策
赤ちゃんのアレルギー対策。自治体主催のアレルギー予防教室で守る方法を学びましょう

アレルギーを持つ子供は年々増えていますよね。 原因はさまざまですが、なってしまっ …

先生に意見をいう
保護者から担任の先生への苦情・意見の伝え方。角が立たないように主張する方法とは?

ここ数年で「モンスターペアレント」という言葉が定着し、その存在は学校の先生や周り …

父親の家庭での役割は子供に仕事について語ること。子供に働く大人の背中を見せよう

近年では、父親が子育てに参加することが当たり前になってきましたが、それでも男性の …