みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

コミュニケーション力の高い子供に育てる方法は?外に遊びに行くことの大切さ

      2015/07/28

子供のコミュニケーション力
近年、文部科学省では「コミュニケーション教育推進会議」を設置し、子供たにのコミュニケーション能力の育成に力を注いでいるそうです。

これからのグローバル化社会へ向けて、自分と他者との関わりをしっかり持つことが出来る子を求めているのでしょう。
では、「コミュニケーション力」を高めるには、どうしたらいいのでしょうか?

「積極的に活動しない」子供たちが増えたと思いませんか?

ある地域のアンケートで「行事に参加しているか」というものがあり、「あまり行かない、行ったことがない」と答えた子供が6割以上という結果がありました。昔は、地域活動も盛んに行われていて、どの子も積極的に参加し、地域の小さなお祭りなどでも、みんな生き生きしていましたよね。

このアンケートからも分かるように、街のコミュニティ自体が衰退してしまい、子供が活動できる場所がどんどん減ってきているのが現状です。
しかし、このような環境ではなかなかコミュニケーションを高めるのは難しいですよね。そこで、小さな子供の頃からパパママにも出来る方法をお伝えしたいと思います。

コミュニケーション力を高める方法1 子供を外へ連れ出しましょう

人間が野生の赤ちゃんライオンを保護し、ある程度成長したので野生に返そうとそたら、シカを見て恐れてしまった…こんな話を聞いたことはありませんか?

百獣の王ライオンでも、育った環境が檻の中と守られた場所だったために、シカでさえ怖い存在になってしまった、というのです。このことからも分かるように、赤ちゃんも小さいからといって、いつまでも家の中だけで過ごすというのも考えものです。
どんどん外へ出て遊びましょう。

見て、聞いて、感じて、たくさんのモノや人がいるんだということを、肌で感じさせてあげて欲しいのです。
そうすることで、子供の知識は広がって蓄えられていくのですね。

コミュニケーション力を高める方法2 普段の会話に気を配りましょう

赤ちゃんも子供も、思った以上に家族の話をしっかり聞いています。特に話ができるようになる1歳頃からは、身近な人の会話を真似して会話をしますよね?
パパやママはもちろん、おじいちゃん、おばあちゃん、おにいちゃん、おねえちゃんなど、周りにいる人すべてから影響を受けます。
ですから、ここで暴言や短縮語などで話していると、子供はそのままを覚えますから、同じ言葉遣いになってしまいます。

普段から、質の高い会話を豊富にすることで、子供の語彙も格段に増えていきます。

コミュニケーション力を高める方法3 しっかり怒られることも大切です

最近の若者が上司に怒られたから会社を辞めてしまった…これも残念ながら良く聞く話です。小さい頃から親に怒られた経験がない為に、こうした行動になってしまうと推測できますよね。悪いことをしたらしっかり叱ることは、とても重要なのです。

小さい頃からの経験は、大人になってからのコミュニケーションにも大きく関わっています。
家の中ばかりいないで、どんどん外へ出かけましょう!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

外出先での子供の迷惑行為…子供に腹を立てているのではなく、見られているのは「親の態度」です

最近のニュースで、ベビーカーで赤ちゃんを連れたママがバスに乗ったとき、赤ちゃんが …

もしかしてウチの子左利き?!右利きに直したほうがいいの?そのままにする?

    全国には、10〜20%の割合で左利きの人が存在しています。 これは、三万 …

なかなかやめられない…母乳はいつまであげてもいいの?

だいたいのお母さんが、1歳半健診の時点で母乳を与えていると、保健師さんから「そろ …

整理整頓や片付けで子供に考える力をつける!「収育」教育法とは?

「収育」という言葉を聞いた事はありますか? 今までの「整理整頓」とはちょっと違っ …

最初は良かったのに…苦手になってしまったママ友との付き合い、どうする?

子育てをするうえで必ずと言っていいほどついて回る「ママ友」という存在。 あるとき …

落ち着きのない子供になる?「ながら子育て」は今すぐ止めよう!

時間に追われている現代社会では、子育てと言えども例外ではなく、パパもママも子供と …

幼児の英才教育は気をつけないと失敗して「ダメな子」になってしまう!

幼児期にあれもこれも習わせてあげたいと思うのは、将来の子供のことを案じて出来る限 …

夏野菜を食べてキレイに痩せる!?ダイエットママ必見の食べ方とは?

夏の日差しを浴びた野菜たちはどれも栄養満点で美味しいものです。「ダイエットしたい …

幼稚園の選び方
幼稚園の選び方。園の強み(運動や音楽や芸術など)に注目しよう

子供が3歳になる頃、どこの幼稚園に通わせようかと考え始めますね。 幼稚園によって …

育児ノイローゼ対策
育児を一人で抱え込まないことが大切。母親の育児ノイローゼを防ぐ方法は?

毎日かわいいお子さんとの生活。話しかけたらにっこり微笑んでくれたり、作ったものを …