みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

コミュニケーション力の高い子供に育てる方法は?外に遊びに行くことの大切さ

      2015/07/28

子供のコミュニケーション力
近年、文部科学省では「コミュニケーション教育推進会議」を設置し、子供たにのコミュニケーション能力の育成に力を注いでいるそうです。

これからのグローバル化社会へ向けて、自分と他者との関わりをしっかり持つことが出来る子を求めているのでしょう。
では、「コミュニケーション力」を高めるには、どうしたらいいのでしょうか?

「積極的に活動しない」子供たちが増えたと思いませんか?

ある地域のアンケートで「行事に参加しているか」というものがあり、「あまり行かない、行ったことがない」と答えた子供が6割以上という結果がありました。昔は、地域活動も盛んに行われていて、どの子も積極的に参加し、地域の小さなお祭りなどでも、みんな生き生きしていましたよね。

このアンケートからも分かるように、街のコミュニティ自体が衰退してしまい、子供が活動できる場所がどんどん減ってきているのが現状です。
しかし、このような環境ではなかなかコミュニケーションを高めるのは難しいですよね。そこで、小さな子供の頃からパパママにも出来る方法をお伝えしたいと思います。

コミュニケーション力を高める方法1 子供を外へ連れ出しましょう

人間が野生の赤ちゃんライオンを保護し、ある程度成長したので野生に返そうとそたら、シカを見て恐れてしまった…こんな話を聞いたことはありませんか?

百獣の王ライオンでも、育った環境が檻の中と守られた場所だったために、シカでさえ怖い存在になってしまった、というのです。このことからも分かるように、赤ちゃんも小さいからといって、いつまでも家の中だけで過ごすというのも考えものです。
どんどん外へ出て遊びましょう。

見て、聞いて、感じて、たくさんのモノや人がいるんだということを、肌で感じさせてあげて欲しいのです。
そうすることで、子供の知識は広がって蓄えられていくのですね。

コミュニケーション力を高める方法2 普段の会話に気を配りましょう

赤ちゃんも子供も、思った以上に家族の話をしっかり聞いています。特に話ができるようになる1歳頃からは、身近な人の会話を真似して会話をしますよね?
パパやママはもちろん、おじいちゃん、おばあちゃん、おにいちゃん、おねえちゃんなど、周りにいる人すべてから影響を受けます。
ですから、ここで暴言や短縮語などで話していると、子供はそのままを覚えますから、同じ言葉遣いになってしまいます。

普段から、質の高い会話を豊富にすることで、子供の語彙も格段に増えていきます。

コミュニケーション力を高める方法3 しっかり怒られることも大切です

最近の若者が上司に怒られたから会社を辞めてしまった…これも残念ながら良く聞く話です。小さい頃から親に怒られた経験がない為に、こうした行動になってしまうと推測できますよね。悪いことをしたらしっかり叱ることは、とても重要なのです。

小さい頃からの経験は、大人になってからのコミュニケーションにも大きく関わっています。
家の中ばかりいないで、どんどん外へ出かけましょう!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子育てに重要な生活リズム。子供の生活の質を考えていますか?

QOLとは「Quality of Life」の略で「生活の質」を意味します。 あ …

ガチャガチャ
スーパーで子供の目をひくガチャガチャ。買ってあげるべき?我慢させるべき?

3~5歳くらいの子供が、スーパーに行くとガチャガチャの前で立ち止まり、決まって「 …

子供達に人気の手作りおやつ!とっておきの4選

子供の友達が遊びに来る!そんな時、ポテトチップスやクッキーなど、市販のお菓子を用 …

もしかしてウチの子左利き?!右利きに直したほうがいいの?そのままにする?

    全国には、10〜20%の割合で左利きの人が存在しています。 これは、三万 …

子連れで電車はマナーが心配。どこまで大丈夫??

子連れでお出かけはたくさんしたいですよね。でも電車に乗るときにちょっとドキドキハ …

不規則な生活はこんな病気を引き起こす。確認したい子供の症状6点!!

小・中学校の実態に愕然とすること、保健室登校、不登校者が全体の1/3近くを占めて …

社会マナーは子供時代の集団生活から受け継がれていくものです!!

ゆとり世代以降の言動、行動、社会人マナーが問題とされています。 私は子供の習い事 …

「言い訳」する子供は将来が心配!?素直に謝る習慣を身につけるには?

「だって!」「でもさ!」「悪くないもん!」どんな事に対してもすぐに言い訳や口ごた …

楽しいはずの食事の時間が「しつけの時間」になっていませんか?意外とやってしまうことに気をつけよう

最近の子育て世代のママたちは共働きなどでとても忙しく、子供と一緒に食事の時間を取 …

no image
子どものおやつはどうする?子どもとおやつの悩みを解決する方法をご紹介!

  「まだ食べる!」と怪獣のように泣き叫び、「もう今日のおやつは終わり …