みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供の問題で迷った時は夫婦で決断する。妻に子育てを丸投げしない事が大切です

      2015/07/26

00huuhues

小学生や保育園、幼稚園などに通っている子供がいる家庭では、毎日、実に多くの仕事があります。学校への提出物の用意や宿題のチェック、毎朝の忘れものチェックや着る物の準備、場合によっては、お弁当の用意や送り迎えなども含まれるでしょう。これらの仕事は、専業であれ、共働きであれ、大体において妻が担当しているのではないでしょうか。

育児にはハプニングやトラブルがつきものですが、これらへの対応は、必然的に妻が一手に引き受けることになります。そしてご存知の通り、トラブルの対応とは、その大きさにかかわらず、とても骨が折れるものです。

さて、「子供は妻にまかせっきり、夫は仕事一本」という状況では、子供の今の様子について、夫はどうしても疎くなりがちです。これはある程度仕方がありません。しかし、夫婦関係を良好に保つためには、ここで夫側にどうしても守ってもらいたいことがあります。

それは、「全部丸投げされている」と妻に感じさせないことです。

決断を一人ですることは大きなストレスになる

なぜ、「丸投げされた」と感じさせてはいけないのでしょうか?

それは、育児という失敗の許されない(と思っている)仕事を、自分一人でやっていかねばならないというストレスが、妻を簡単に追いこんでしまうからです。

育児とは、お手本や見本があって無いようなものです。その過程にあったやり方を、それぞれが試行錯誤し、手探りでつかんでゆかねばなりません。

「子供が全然いうことを聞かない」

「いつも宿題を忘れてゆく」

「勉強が遅れてるようだ」

「周りがどんどん塾に行かせ始めているけど、うちはどうしよう」

「鉄棒が苦手のようだけど練習したほうがいいのか」

など、決めなければいけない事がどんどん積もってゆきます。これらをすべて一人で決断してゆくのは大変なストレスです。なぜかと言うと、決めた側に責任が生じるからです。

一般的に女性は、男性よりも人間関係の先読みに長けています。そのため、事態が深刻になった時に、夫婦関係が「あの時お前がこうしておけばよかったんだ」「ごめんなさい、私が悪かったわ」という、責める側・責められる側という関係に変わってしまうものだと、すぐに分かるのです。

これは責任感の強い女性には、特にこたえることです。なので、「丸投げされている」と妻が感じた時のプレッシャーは、信頼関係を壊し、感情の爆発の原因となってしまうのです。

相談にキチンと乗ることで負担を分け合おう

それでは、「丸投げ」と感じさせないためには、どうすればよいのでしょうか。

それは、一人で背負うには重すぎる問題だ、と妻が感じた時に、妻と一緒になって考えることです。「そんなこと言われても、子供の普段の様子を知らないから、全然判断できないよ」と思われるかもしれません。しかし重要なのは、夫が「最高の決断」を下すことではなく、妻が「二人の責任として決断した」と感じることなのです。

実際のところ、情報不足の夫に妥当な判断をするのは難しいでしょう。そんな時は、ただシンプルに、妻の話(どんな風に困っているのか)をじっくり聞くだけで十分です。

人に話すことで、困っている本人の考えがまとまり、自然と決断できるようになるものです。あとは、夫の方に強い希望が無い限り、夫は妻の決めた選択肢を尊重し、後押ししてあげれば良いのです。それでもどうしても決断できない場合、その時は妻と夫、二人が好きだと思う方を選んでください。そういう思いがあるならば、どんな道を選んだとしても、結果に悔いを残さないでしょう。

終わりに

今回は妻が育児担当としてお話ししましたが、逆の場合もあるでしょう。

いずれにせよ、どちらか一方がすべて抱えるには、育児というものは、過酷で長い仕事です。ストレスに潰されそうな時、話を聞いてくれる理解者がいるだけで、また「がんばろう」と思えるものです。パートナーの大変さ理解しようという気持ちさえあれば、夫婦関係が壊れることはないでしょう。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

親は思春期の女の子にどう接するのが正しいの?思春期の子供との付き合い方

女の子は早くて4年生頃から、平均して高学年のうちに思春期がやってきます。 親に向 …

過保護すぎる親「ヘリコプター・ペアレント」になっていませんか?子供の自立心を奪うダメ親の代表です

子供の成長を願うあまりに、手をかけ過ぎてしまったり、何でも先回りしてやってあげた …

「間違った褒め方」をしていると「わざと出来ないフリをする子供」になる?

子供だけに限らず、人間は「褒められたい」という欲求を持っていますよね。大人になっ …

パパママ呼び方
子供に「パパ」「ママ」と呼ばせるのは何歳まで?

赤ちゃんのころから言葉を発するようになるまで、およそ1年かかります。 初めて「パ …

グローバルな子供に育てたいなら、まずは「食事のマナー」から!世界中でも重要視されています

現代社会ではグローバル化が進み、これからを生きる子供たちはますます世界へと飛び出 …

最初は良かったのに…苦手になってしまったママ友との付き合い、どうする?

子育てをするうえで必ずと言っていいほどついて回る「ママ友」という存在。 あるとき …

子供の仕上げ磨きは何歳まで?小学生になれば大丈夫?

生後5~6カ月くらいになると、赤ちゃんには可愛い乳歯が生え始めますね。ママは毎日 …

子供を寝かしつける
子供を寝かしつける方法。眠るのを嫌がる子供には入眠儀式でスムーズな睡眠を促そう!

赤ちゃんでも幼児でも、「寝る時間」のリズムを作っていくことは、これからの生活を過 …

子供を入れるなら幼稚園と保育園どっちがおすすめ?預ける施設の違いと選び方

幼いお子さんを持つパパママにとっては、家族以外の人の所へ預ける場所となる、幼稚園 …

子供の送り迎え
子供に塾や習い事をさせると親の負担は倍増!送り迎えなどでストレスの限界を迎えたらスケジュールの見直しを

塾や習い事と親の負担について 学校では、子供に必要な経験がおぼつかない。その思い …