みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供の爪を噛む癖を止めさせたい!爪噛み習慣の原因と辞めさせる方法

      2015/07/28

子供の爪噛み
たまに大人の人にも見かけますが「爪を噛む」というこの行為、あまり気持ちのいいものではありませんよね。
ただ単に「癖」になってしまっていることもあるのですが、小さいお子さんの場合、何か原因があって「助けて」のサインをパパママにしているのかもしれません。

「爪かみ」の裏にはどんなことが潜んでいるのでしょうか?

さっき注意したのに気がつくとまた「爪を噛む」子供たち

テレビに夢中になっている子供をよく見ていたら、本人も無意識のうちに爪を噛んでいる、ということはありませんか?
そこで注意をすると一旦は止めるのだけど、また知らないうちに爪を噛んでいる。
しかも、ひどくなると手の爪だけではもの足らなくて、足の爪まで噛み出してしまう子供もいるそうです。

深爪になってしまったり、そもそも爪にはバイキンがたくさんいますから、衛生面でも心配ですね。では、どうして子供たちは「爪を噛む」という行為をしてしまうのでしょうか?

「爪を噛む」のはどうして?その原因はなに?

子供が爪を噛む原因のひとつ、それはとても不安に思うことがある時です。
幼稚園や保育園、小学校などでイヤなことがあったり、環境の変化などがあって、そのことがストレスになっている可能性もあります。

さらに幼い子供ですと「イヤなこと」自体を口に出して言葉で伝えることが難しいので、パパママに分かってもらえない…という気持ちから、「爪かみ」という行為になってしまうことがあります。

どうすれば「爪かみ」はしなくなるのでしょうか?

原因を突き止めてあげて、その不安を解消してあげると、自然と爪かみはしなくなることがほとんどです。
だけど、その原因を突き止めるって、難しいことですよね。

まずはスキンシップを心がけましょう。
子供の様子を見ているうちに「あれ?いつも仲良しだった子と今日は遊んでない」など、何か見えてくるはずです。そうしたら、それとなく先生にも話を聞いてみるなど、方法があるでしょう。原因が分かったら、それを取り除けるように、パパママがサポートしてあげてくださいね。

少しやっかいなのが「癖」になってしまった場合です。これを直すのはなかなか大変ですが、どうしても爪かみが気になるようであれば、「ちょっと外遊びに行こうか!」などと声をかけ、気分転換してあげましょう。すると子供は違うことに気持ちがそれますから、爪かみをやめます。気になったら気分転換、これを繰り返してあげると、次第に爪かみの回数は減っていくでしょう。このとき、「ほら!また噛んでる!」と怒ることは避けましょう。子供も気にしている場合が多く、子供のプライドを傷つけてしまうからです。「さりげない注意」がいいと思います。

いかがでしたか?「爪を噛む」子供の心理はさまざまで、原因が見えてこないこともあります。
だけどそんな時こそ大切なのが「スキンシップ」です。「いつも見てるよ!」とパパママのサポートがあれば不安な気持ちも少しずつ解消されていくはずですから、焦らず見守っていきましょうね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子育てに重要な生活リズム。子供の生活の質を考えていますか?

QOLとは「Quality of Life」の略で「生活の質」を意味します。 あ …

義務化された小学校での英語授業。親御さんは子供の早期英語教育に賛成?反対?

「英語」が小学校教育で義務化されたことはご存知ですか? 今までのカリキュラムより …

どうすれば本を読んでくれるの?本が大好きな子どもにするためにできること。

本をたくさん読む子になってほしいと思う親は多いと思います。どうしてうちの子は本を …

お出かけには何を持って行く?子育てママに便利な持ち物を見てみよう!

夏休みも真っただ中で、お子さんと一緒にお出かけする機会も多いのではないでしょうか …

天才の子供教育法
上手な子育てによって天才児を作ることができる。天才を生み出す教育法とは?

時に世間を騒がせる「天才児」の存在は「スゴいな!」と思う反面、「うちの子だっても …

パパも子育てに悩んでいた!?もっと自信を持ってパパにも育児に参加してもらおう!

昔の家庭環境と今を比べると、子供を取り巻く環境は目まぐるしく変化し、父親の積極的 …

赤ちゃんや子どもの鼻水!どうやって対処したら良い?

赤ちゃんや子どもが鼻水を出していると、呼吸が苦しそうで息ができなくなってしまうの …

鍵っ子の子供たちに教えておきたい7つの心得

夫婦共働きが多い現代、小学生の子供たちが自分で鍵を持って学校へ行き、帰宅後は自宅 …

ママ友を作りたい!仲良くなれる言葉がけとは?

様々なトラブルなどから、どちらかというとマイナスなイメージが先行しているママ友付 …

楽しいはずの食事の時間が「しつけの時間」になっていませんか?意外とやってしまうことに気をつけよう

最近の子育て世代のママたちは共働きなどでとても忙しく、子供と一緒に食事の時間を取 …