みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

上手な子育てによって天才児を作ることができる。天才を生み出す教育法とは?

      2015/07/28

天才の子供教育法
時に世間を騒がせる「天才児」の存在は「スゴいな!」と思う反面、「うちの子だってもしかして!?」などと思うこともありませんか?

そして本当に「天才児」になったらいいな!と思うのはパパママならみんな同じです。
そこで、「天才児」を育てたママたちがしてきたことの中には「なるほど!」と思うことも多いのでご紹介します。

赤ちゃんのころからしてきた「絵本の読み聞かせ」

成功者と呼ばれる人の多くは「語彙力が高い」ことが多く、その語彙を獲得するためにしてきたことは「読書」なんだそうです。
作文を書くこと、意見を伝えること、頭の中にある「言葉」を選びながら人間は思考するのです。

ですから、赤ちゃんのころからの絵本の読み聞かせは、決して早いことではないのですね。
言葉は話せなくても、耳から聴こえてくることと、目で見える絵を結びつけて、赤ちゃんの「脳」は刺激されています。

「これはクマさんでしょ!?」と「無理強い」をするのは逆効果

小さい子供の遊びの中に「絵カード」や「数字カード」があります。これらは子供の「脳」を刺激するのにとても効果がありますが、時に子供はキツネのカードを見て「ねこ」と間違えたりしてしまいます。
このとき、ほとんどのママは「違うでしょ!キツネでしょ!」と間違ったことを責めて訂正していませんか?すると子供は「間違うと怒られる」という気持ちになり、次にカード遊びをするときも「怒られたらヤダな、カードヤダな」と否定的な思考になってしまうのです。

ここは頭ごなしに訂正するのではなくて、「そう見えたかな?正解はキツネでした!」と笑いながら伝えましょう。
楽しい気持ちで取り組めなければ、せっかくの「脳」への刺激も意味がなくなってしまいます。

絵本、おもちゃ、ジャングルジム…「選びたい放題」の環境が最適

ありとあらゆることに興味のある幼児は、見るもの全てが新鮮に写ります。
そして「やってみたい!」と行動に起こすのも早くて、何でもチャレンジしようと試みます。

ねんどや電車や絵本やブロック…たくさんあればあるほど、子供はいろいろ試しながら、その中でも興味深いと思ったことは、徹底的に取り組むでしょう。
「楽しい!」という出会いを見つけてあげられるように、いろんな経験をさせてあげたいですね。

選択肢を増やすことは大切だけど「疲れさせない」ことが大切

パパママにとっては大切なお子さんですから、いろいろ習わせてあげたいと思うのが親心です。
英語にピアノに体操教室…もちろんいい経験になると思います。だけど、親ばかりが一生懸命になりすぎて、お子さんは疲れているかも知れませんよ?もしも疲れている様子があるとしたら、良かれと思ってやっていることが、子供にとっては害となってしまいかねません。

「やらされている」というストレスになる前に、パパママが今のお子さんの状況を見極めてあげることが必要です。

「天才児」は生まれ持ったものだけではないのですね。
パパママにもお子さんのために出来ることはたくさんあります。

だけど無理は禁物です。お子さんのペースで取り組みましょう。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子どもの幼稚園、何を基準にして決める?プレに入らないと入園できないってホント?

子どもの幼稚園、どうやって決めれば良いのか悩みますよね。 家から近い方がいいのか …

パパやママの都合で子供の習い事を安易に決めていませんか?子供の将来を視野に入れて選択を!!

今、子供の習い事はスポーツ系から文科系、学習塾など多種多様にあります。愛する我が …

時計
子供に時間の大切さを教える方法。少しずつタイムマネジメントを教えましょう!

遊びに夢中になっている子供は、何時間でも遊び続けていたりしませんか? 「ご飯の時 …

ハイハイせずに歩きだしちゃった!このままで大丈夫?

赤ちゃんを育てていくうえで、どうしても気になってしまうのが体の発達面です。 首が …

親は思春期の女の子にどう接するのが正しいの?思春期の子供との付き合い方

女の子は早くて4年生頃から、平均して高学年のうちに思春期がやってきます。 親に向 …

ファーストフードを子供に食べさせて栄養は大丈夫?外食するときの注意点

子供と出かけた時に、帰宅してご飯を作るのが面倒なことってよくありますよね。だから …

困る子供の「遊び食べ」…上手に食べさせる工夫やマナーを教える方法は?

自分でご飯を食べられる年齢になってくると、「遊び食べ」をしてしまって食事が全然進 …

子供がテレビばかり見ていて心配な親御さん必見。簡単な室内遊びで子供の集中力を育てよう!

雨の季節は外遊びも出来ないので、家にこもりがちになってしまいますよね。何もするこ …

どうして「イヤイヤ期」「魔の二歳児」になってしまうの?どう接したら?

1才を過ぎて言葉を話すようになると、自分の周りにあるものに何でも興味を持ち、おも …

「きちんとしている子ね!」と思われるのは礼儀の基本「あいさつ」出来る子

「こんにちは!」と自分があいさつした時の相手の反応って、すごく気になりますよね。 …