みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

ポジティブ思考の子供に育てる方法。成功体験を積み上げて自己肯定感のある子供に育てよう

      2015/07/28

子供の自己肯定感
この「自己肯定感」という言葉、聞いたことありませんか?
最近、幼児教育の現場ではよく使われている言葉です。
一言でいってしまうと「自信を持つことができる」ということ。いつもくよくよする泣き虫さんより、自信を持って何事にもチャレンジできる子になって欲しいと思いませんか?

その方法を見つけていきましょう。

そもそも「自己肯定感」ってなんですか?

「私は存在価値がある、必要な人間だ、大切な存在だ、自分は自分でいいんだ、という気持ちを持つこと」が自己肯定感です。これはようするに「自分のことを愛してあげる」ということです。人間として生まれてきたのですから、何でもプラス思考で、人生を楽しく過ごしていきたいと願うのは、みんな同じですよね。

「自己肯定感」が低いと、マイナスな思考ばかり目立つようになります

自己肯定感が低いということは、常に「マイナス思考」に陥っている状態になります。「自分はダメなんだ」という劣等感を抱いてしまったり、ひどくなると、心を病んでしまうこともあるのです。その結果、人と関わることが苦手になり、ひきこもりや、いじめ、少年犯罪などにつながってしまう恐れもあるというのです。

たっぷりの愛情が「自己肯定感」をアップします

幼い子供は「自己肯定感」をどんどん増やしていくことができますが、それにはパパとママの愛情が必要です。「あなたのこと大好き!」「愛してる!」そう言われて嬉しいと思わない子供はいませんよね。本当に心の底からのパパママの愛情は、気持ちを安定させることにもなりますし、「愛されてる」という気持ちで満たされることでしょう。そういう気持ちが増えることで、ますます「自己肯定感」を高めていくことができるのです。

「できた!」という成功体験を増やし、褒めてあげましょう

トイレトレーニングを例にあげてみましょう。はじめはパンツにおしっこを漏らしてしまうこともあったけど、だんだんとおしっこの感覚がわかるようになって、自分でトイレに行っておしっこができた!!その時の子供の気持ちはどうだったでしょうか。「やった〜!おしっこ1人で出来た〜!」と喜びと自信で溢れていますよね。そして周りで見ていたパパママも、自分のことのように大喜び!。これは「自分を認めてもらえた!」という大きな自信になっていく「成功体験」のひとつです。

こうした成功体験は、身近にたくさんあります。かけっこができた!塗り絵ができた!そうした小さな喜びのひとつひとつが合わさって、大きな「自信」へとつながっていくのです。

「ありのまま」の子供を受け止めてあげましょう

自己肯定感を育てるのに、最も大切なことは、「ありのままの子供」を受け入れ、愛してあげることです。いいところも悪いところも「あなたはあなたでいいのよ」という気持ちを子供に伝えていくことで、子供は自分自身の存在に価値を見いだすことができるのです。

「大好き!」その気持ちを毎日子供に伝えましょう。そうしてお互いが認め合える親子関係を築いていけるといいですね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

赤ちゃんが便秘で苦しがる!どうしたらいいの?

赤ちゃんが便秘で苦しんでいると、本当にかわいそうで見ていられないですよね。 顔を …

幼児期にさせたい習い事。月謝はどのくらい?知っておきたい、かかるお金のあれこれ

「何かこの子に習い事をさせてあげたいな…」幼い頃から子供に習い事をさせるパパママ …

子供と一緒にキッチンで料理しよう!料理が子供の教育に良い理由とは?

女の子であれば、興味のある子であれば2~3歳で包丁を使いたがるようになります。 …

先回りし過ぎて子供の「表現力」を潰してしまっていませんか?豊かな表現力を身につける為にできる事とは?

世の中を見渡してみると、社会で成功していたり、家庭で幸せを築いている人たちって、 …

運動神経のいい子供を育てる方法!遺伝ではなく育て方で運動神経は伸びます

子供は体を動かすのが大好きです。公園へ行くとかけっこする姿に、「私に似ちゃうとか …

子供のおやつオススメ
子供にオススメのおやつ会社は?森永製菓、明治製菓、江崎グリコ三社を比較してみた

 『おやつ』と聞くと思わず、にっこり。大人も大好き、子供はもっと好きですよね。 …

活発な子どもを見ながらご飯支度…どうしたらいいの?

10ヶ月くらいになると、子どももだんだん行動範囲が広がってきて、活発になってきま …

インフルエンザも流行し始めている!子供の平熱、ちゃんと分かっていますか?

毎年冬が近づいてくるとインフルエンザの流行がニュースで取りざたされ、小さなお子さ …

幼少期の「なぜなぜ期」を大切にしてあげると勉強好きな子になる!

小学校へ入学すると義務教育が始まり、得意、不得意に関わらず一通りの勉強をすること …

読書
子供の言語理解力やコミュニケーション力も高める「素話」を始めましょう!

「本を読む子」は就学後の学習においてもスムーズに勉強出来るので、読まない子に比べ …