みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

ポジティブ思考の子供に育てる方法。成功体験を積み上げて自己肯定感のある子供に育てよう

      2015/07/28

子供の自己肯定感
この「自己肯定感」という言葉、聞いたことありませんか?
最近、幼児教育の現場ではよく使われている言葉です。
一言でいってしまうと「自信を持つことができる」ということ。いつもくよくよする泣き虫さんより、自信を持って何事にもチャレンジできる子になって欲しいと思いませんか?

その方法を見つけていきましょう。

そもそも「自己肯定感」ってなんですか?

「私は存在価値がある、必要な人間だ、大切な存在だ、自分は自分でいいんだ、という気持ちを持つこと」が自己肯定感です。これはようするに「自分のことを愛してあげる」ということです。人間として生まれてきたのですから、何でもプラス思考で、人生を楽しく過ごしていきたいと願うのは、みんな同じですよね。

「自己肯定感」が低いと、マイナスな思考ばかり目立つようになります

自己肯定感が低いということは、常に「マイナス思考」に陥っている状態になります。「自分はダメなんだ」という劣等感を抱いてしまったり、ひどくなると、心を病んでしまうこともあるのです。その結果、人と関わることが苦手になり、ひきこもりや、いじめ、少年犯罪などにつながってしまう恐れもあるというのです。

たっぷりの愛情が「自己肯定感」をアップします

幼い子供は「自己肯定感」をどんどん増やしていくことができますが、それにはパパとママの愛情が必要です。「あなたのこと大好き!」「愛してる!」そう言われて嬉しいと思わない子供はいませんよね。本当に心の底からのパパママの愛情は、気持ちを安定させることにもなりますし、「愛されてる」という気持ちで満たされることでしょう。そういう気持ちが増えることで、ますます「自己肯定感」を高めていくことができるのです。

「できた!」という成功体験を増やし、褒めてあげましょう

トイレトレーニングを例にあげてみましょう。はじめはパンツにおしっこを漏らしてしまうこともあったけど、だんだんとおしっこの感覚がわかるようになって、自分でトイレに行っておしっこができた!!その時の子供の気持ちはどうだったでしょうか。「やった〜!おしっこ1人で出来た〜!」と喜びと自信で溢れていますよね。そして周りで見ていたパパママも、自分のことのように大喜び!。これは「自分を認めてもらえた!」という大きな自信になっていく「成功体験」のひとつです。

こうした成功体験は、身近にたくさんあります。かけっこができた!塗り絵ができた!そうした小さな喜びのひとつひとつが合わさって、大きな「自信」へとつながっていくのです。

「ありのまま」の子供を受け止めてあげましょう

自己肯定感を育てるのに、最も大切なことは、「ありのままの子供」を受け入れ、愛してあげることです。いいところも悪いところも「あなたはあなたでいいのよ」という気持ちを子供に伝えていくことで、子供は自分自身の存在に価値を見いだすことができるのです。

「大好き!」その気持ちを毎日子供に伝えましょう。そうしてお互いが認め合える親子関係を築いていけるといいですね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子どものおもちゃ、厳選したほうがいい?それともたくさんあったほうがいいの?

子どものおもちゃは、赤ちゃん用品店などに行くと実に様々なものが売られていて、次か …

お出かけ前のゲリラ豪雨対策。お天気チェックは前日からしっかりと

最近の気象状況はとても複雑で、突然のゲリラ豪雨に困らされた経験、きっとあると思い …

「うるさい!静かにしなさい!」つい怒鳴ってしまって自己嫌悪…冷静になるために「私は…」とつぶやこう!

スーパーでお買い物をしている時、「ママ〜これ買って〜!!!」と大騒ぎされてしまう …

ミキハウスの服
子供服の選び方。おすすめの二大ブランド『ファミリア』『ミキハウス』の違いとは?

子供服コーナーへ足を運ぶと色とりどりのかわいい服や大人顔負けのおしゃれな服など目 …

子育て中こそ念入りに!いつまでもキレイなお母さんでいよう!

小さい子どもを育てるお母さんは、毎日頭を振り乱しながら頑張っています。 そのため …

なかなかやめられない…母乳はいつまであげてもいいの?

だいたいのお母さんが、1歳半健診の時点で母乳を与えていると、保健師さんから「そろ …

no image
子どものおやつはどうする?子どもとおやつの悩みを解決する方法をご紹介!

  「まだ食べる!」と怪獣のように泣き叫び、「もう今日のおやつは終わり …

パパも子育てに悩んでいた!?もっと自信を持ってパパにも育児に参加してもらおう!

昔の家庭環境と今を比べると、子供を取り巻く環境は目まぐるしく変化し、父親の積極的 …

妻でも女!何気ないモテ行動で旦那さんを「ドキッ」とさせると子育ても上手くのです

結婚して子供を産んで、毎日バタバタと過ぎてゆく…。ママ業はとっても忙しいので、自 …

どうしたらいい?子供の反抗期、小学校の子供の反抗期にはこう接していきましょう

「小さい頃はあんなに可愛かったのに…」小学校や中学校へ行く年齢になると、親との関 …