みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

ポジティブ思考の子供に育てる方法。成功体験を積み上げて自己肯定感のある子供に育てよう

      2015/07/28

子供の自己肯定感
この「自己肯定感」という言葉、聞いたことありませんか?
最近、幼児教育の現場ではよく使われている言葉です。
一言でいってしまうと「自信を持つことができる」ということ。いつもくよくよする泣き虫さんより、自信を持って何事にもチャレンジできる子になって欲しいと思いませんか?

その方法を見つけていきましょう。

そもそも「自己肯定感」ってなんですか?

「私は存在価値がある、必要な人間だ、大切な存在だ、自分は自分でいいんだ、という気持ちを持つこと」が自己肯定感です。これはようするに「自分のことを愛してあげる」ということです。人間として生まれてきたのですから、何でもプラス思考で、人生を楽しく過ごしていきたいと願うのは、みんな同じですよね。

「自己肯定感」が低いと、マイナスな思考ばかり目立つようになります

自己肯定感が低いということは、常に「マイナス思考」に陥っている状態になります。「自分はダメなんだ」という劣等感を抱いてしまったり、ひどくなると、心を病んでしまうこともあるのです。その結果、人と関わることが苦手になり、ひきこもりや、いじめ、少年犯罪などにつながってしまう恐れもあるというのです。

たっぷりの愛情が「自己肯定感」をアップします

幼い子供は「自己肯定感」をどんどん増やしていくことができますが、それにはパパとママの愛情が必要です。「あなたのこと大好き!」「愛してる!」そう言われて嬉しいと思わない子供はいませんよね。本当に心の底からのパパママの愛情は、気持ちを安定させることにもなりますし、「愛されてる」という気持ちで満たされることでしょう。そういう気持ちが増えることで、ますます「自己肯定感」を高めていくことができるのです。

「できた!」という成功体験を増やし、褒めてあげましょう

トイレトレーニングを例にあげてみましょう。はじめはパンツにおしっこを漏らしてしまうこともあったけど、だんだんとおしっこの感覚がわかるようになって、自分でトイレに行っておしっこができた!!その時の子供の気持ちはどうだったでしょうか。「やった〜!おしっこ1人で出来た〜!」と喜びと自信で溢れていますよね。そして周りで見ていたパパママも、自分のことのように大喜び!。これは「自分を認めてもらえた!」という大きな自信になっていく「成功体験」のひとつです。

こうした成功体験は、身近にたくさんあります。かけっこができた!塗り絵ができた!そうした小さな喜びのひとつひとつが合わさって、大きな「自信」へとつながっていくのです。

「ありのまま」の子供を受け止めてあげましょう

自己肯定感を育てるのに、最も大切なことは、「ありのままの子供」を受け入れ、愛してあげることです。いいところも悪いところも「あなたはあなたでいいのよ」という気持ちを子供に伝えていくことで、子供は自分自身の存在に価値を見いだすことができるのです。

「大好き!」その気持ちを毎日子供に伝えましょう。そうしてお互いが認め合える親子関係を築いていけるといいですね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供のおんぶには子育てに必要な要素が詰まっています。おんぶのスキンシップ効果とは?

今の時代にはほとんど見かけなくなってしまった「おんぶ」の習慣。 30年ほど前には …

先生に意見をいう
保護者から担任の先生への苦情・意見の伝え方。角が立たないように主張する方法とは?

ここ数年で「モンスターペアレント」という言葉が定着し、その存在は学校の先生や周り …

授乳中の頭痛…薬って飲んでも大丈夫なの?

授乳中だけれど、お母さんも人間ですから体調不良くらいにはなりますよね。 特に多い …

知らないうちに「子供の言いなり」になっていませんか?子供の上手な叱り方、なだめ方を知りましょう

お子さんが年齢を重ねてくると「うるせー!」など、口答えされて、大きくショックを受 …

ストレス社会、子供にとっても同じこと!!子供たちの”SOSサイン”に気づいていますか?

現代社会=ストレス社会と言われています。 ストレスがたまると潰瘍・過食・アトピー …

発達障害の子供との付き合い方。子供にどう説明したらいい?

ここ数年、育児をしている方は「発達障害」という言葉を必ずと言って良いほど耳にして …

子供の論理的思考能力を伸ばす方法は子供同士の喧嘩にあり!喧嘩の終わらせ方は問題解決の基本

「ケンカ」をすることは良くないことだと、子供たちは教わってきました。 最近では幼 …

子供のご褒美におもちゃがダメな理由とは?おねだりを許すとわがままになる

「これ買って〜!」と子供におもちゃをおねだりされて、つい買ってしまうことはありま …

子供の問題で迷った時は夫婦で決断する。妻に子育てを丸投げしない事が大切です

小学生や保育園、幼稚園などに通っている子供がいる家庭では、毎日、実に多くの仕事が …

子育て期はお金がかかる…ちょっとの見直しで「子育て浪費」をグンと減らす方法とは?

赤ちゃんから幼児期になるまでの子供の成長は著しく、すぐに大きくなってしまうので洋 …