みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

わがままな子供のおねだり。デパートやお店で泣きわめく子供の対処法とは?

      2015/07/28

子供のおねだり
お買い物に出かけると「ママこれ買って!」「ダメです!」という会話の風景はよく見かけますが、エスカレートすると、「やだやだ!買ってくれるまで帰らない!」と床に寝転んでジタバタする子供もいます。

この「泣きわめく子供」、一体どうしたらいいのでしょう?

自分自身と戦っている「葛藤」のあらわれです

「これが欲しい」という気持ちが出てくるのが1〜2歳ごろですよね。
これは「自我」が出てきた証拠です。
さらに「イヤ」という気持ちも表せるようになってきますから、「魔の2歳児」などといわれることもありますが、なんでもイヤ、ヤダ、の「イヤイヤ期」となります。

「欲しいものがあるのに買ってくれない…何でダメなの?」
子供がそう思ってしまうのには、理由があります。

赤ちゃん時代、パパママは赤ちゃんの為に、全てのお世話をしてあげてきました。
その時から今まで、なんでも全て「OK」だった環境から、突然「NO」と言われるようになったら「なんで?」となる子供の気持ちも理解できますよね。そこで子供の中で「葛藤」が起こるのです。

出かける前のお約束「今日は買わないからね」と言い聞かせましょう

ここでとても重要なことは「事前に約束を交わしておく」ことです。
これは、お店について入る直前に言ったのでは効果がありません。
前もって、きちんと心の準備をさせてあげて欲しいのです。

できれば、お家を出る前に、子供の目を見て話をしましょう。そうすることでこども自身が「今日はガマン」という気持ちを持ち、欲しいオモチャやお菓子があっても、「約束したから…」という行動を思い出すはずです。

そして、本当に約束を守ることが出来て泣きわめくこともなくガマンできたのなら、いっぱい褒めてあげましょう。
そこには子供の「自律」が育っています。こうしたことを繰り返して、子供は「ルール」を覚えていくのです。

どうしてもダメなら子供の気持ちに「共感」してあげましょう

お店の中で泣きわめかれてしまうと、パパママとしてはいても立ってもいられない気持ちになってしまうと思います。
でも、そこで泣きじゃくる我が子を抱きかかえてそのまま外へ…というのは、子供の気持ちを無視していることになりかねません。その場できちんと話をしてあげると、子供も冷静になることが出来ます。

それでもダメなときは「そっか〜そんなに欲しいんだよね、これ可愛いもんね、ママも欲しいな」と子供の気持ちに寄り添ってあげてください。
「ママが気持ちを分かってくれた!」と思った子供は心が落ち着き、冷静を取り戻すことが出来るでしょう。

「泣きわめく」のも成長のひとつ。余裕を持って接することが大切です

最初にも書きましたが、「泣きわめく」という子供の行動は、自分自身との「葛藤」の真っ最中なのです。
そこで「欲しい」と「ガマン」を自分の中で戦わせているのです。泣きわめく子供はパパママにとっては大変だと思いますが、「頑張れ!」くらいのおおらかな気持ちで見守ってあげてくださいね!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供のコミュニケーション力
コミュニケーション力の高い子供に育てる方法は?外に遊びに行くことの大切さ

近年、文部科学省では「コミュニケーション教育推進会議」を設置し、子供たにのコミュ …

子どものおもちゃ、厳選したほうがいい?それともたくさんあったほうがいいの?

子どものおもちゃは、赤ちゃん用品店などに行くと実に様々なものが売られていて、次か …

子供のお小遣い
子供のお小遣い制度は月額制と報酬制どっちがおすすめ?海外ではお手伝いをさせる報酬制が主流

だんだん大きくなってくると、パパママにとっては悩みの種にもなる「お小遣い」。 い …

ルール無視な親の行動が子供をマナーを守らない悪い子にしてしまう?

社会には「犯罪者」が多く存在しますが、その人たちも元を正せば「子供」だったわけで …

先生に意見をいう
保護者から担任の先生への苦情・意見の伝え方。角が立たないように主張する方法とは?

ここ数年で「モンスターペアレント」という言葉が定着し、その存在は学校の先生や周り …

育児ノイローゼ対策
育児を一人で抱え込まないことが大切。母親の育児ノイローゼを防ぐ方法は?

毎日かわいいお子さんとの生活。話しかけたらにっこり微笑んでくれたり、作ったものを …

子供の料理の腕を磨くコツ。子供が料理をやりたい!と言った時はチャンスです。

子供に料理をさせることは、正直、大変です。包丁を持つたどたどしい手つきは、見てい …

どうすれば本を読んでくれるの?本が大好きな子どもにするためにできること。

本をたくさん読む子になってほしいと思う親は多いと思います。どうしてうちの子は本を …

子供のアレルギー対策
赤ちゃんのアレルギー対策。自治体主催のアレルギー予防教室で守る方法を学びましょう

アレルギーを持つ子供は年々増えていますよね。 原因はさまざまですが、なってしまっ …

早くしなさい
子供が指示待ち人間になってしまう「早くしなさい」という親の口癖

朝の登園準備をしているのに、テレビを見たまま動かない子供… 「何してるの!早くし …