みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供の写真・アルバムの整理術に役立つアイディアをご紹介。

      2015/07/28

アルバム整理術
子供が生まれた瞬間から、写真を撮る機会がとても増えます!
一瞬一瞬の表情を残したいと思う乳児期、出来るようになる事が増える幼児期はそのすべてを記念に残したい、そして小学生になると行事が多く弟妹も増えて数が膨大に!その整理は数が増える毎に疎かになり、手におえない数の写真をパソコンに保存したままの状態・・・というご家庭もあるでしょう。

もしデータが破損したらたくさん撮り貯めた写真の保障は・・・と考えると恐ろしいですよね。
わかっているけれど、どうしたら良いものかと頭を悩ませているママも多いのではないでしょうか。今回は、簡単に出来る整理術をご紹介します。

用意する物 その1 記録メディア

ほとんどの方がデジカメを使用して写真を撮っていると想定して、その写真を記録するメディアを用意します。CDやDVDは古くなると見れなくなる可能性があるので、できれば少し高価ではありますが外付けのHDD(ハードディスクドライブ)がおすすめです。

大容量であれば、数年分の写真を保存しておくことができますし、CDやDVDに比べると破損しにくいというメリットがあります。心配な場合は2つ購入して1つは予備として同時に記録すると安心です。

このHDDには、撮った写真をどんどん保存していきましょう。将来、子供が大きくなった時にHDDそのものをプレゼントすると、好きな写真を選んで、例えば結婚式等に活用することも簡単に出来ます。

用意する物 その2 アルバム

HDDに写真を保存しても、やはり手にして眺めることの出来るアルバムも置いておきたいものです。
しかし、すべての写真をプリントすると膨大な数になりますし、インクや用紙代もバカになりません。

また、家庭用プリンタで印刷した写真は劣化の心配がありますから、長期間保管できるアルバムを購入すると良いと思います。ちなみに我が家では「100年アルバム」(ナカバヤシ)という物を使用しています。

このアルバムに収める写真は、枚数をきちんと決めると整理しやすくなります。例えば、年齢ごとに10枚ずつとか、毎月1枚ずつというように決めてプリントしましょう。アルバムがあると、お客さんが来た時や子供の友達が来た時に見て楽しむことができます。

また、小学校の授業で小さな頃の写真を用意しなければならない事もありますので、アルバムがあれば用意も簡単です。

兄弟分を並べた時に背表紙が揃っている方が見た目にも良いですから、同じ物を後で買い足しできるよう、有名メーカーの定番商品を購入することをおすすめします。

頂き物の写真は?!

お友達が写してくれた写真をプリントして頂くこともありますよね。
本当に有難いのですが、似たような写真が数枚あったり写りが良くなかったり、我が子が端っこに少ししか映っていない等で保存する必要はないかなと考えてしまう場合もあるでしょう。
そのような場合は、頂いてすぐに飾る場所があるのも良いですよ。最近の写真として飾って楽しみ、色褪せたら思い切って処分するのも方法のひとつです。

特別な写真の整理術

我が家では、日常の成長の記録を少しずつ収めたアルバムの他に、習い事のアルバムを作っています。学習塾等の場合は必要ないと思いますが、ピアノやバレエといった習い事をしていると発表会ごとに写真も増えます。

発表会は年に1度ですから枚数はそれほど多くありません。1冊あれば何年分も収めることができるので、長く続ける習い事であれば1冊用意しておくと、子供が力を入れていた特別な思い出のアルバムになります。

また、一番良く撮れた家族写真は、フォトフレームに入れてリビングに飾っておくと良いでしょう。
オススメはプリザーブドフラワーでアレンジされたフォトフレーム『ストロベリーフィールズ』です。

お花屋さんが制作・販売しているフォトフレームで、白を基調としたフレームとプリザーブドフラワーのコラボレーションが可愛らしく、部屋のインテリアとしても重宝しますよ。
プリントする写真がすべてパソコンの中に入っている方は選ぶことから始めなければなりません。
数時間で終わる作業ではないと思うので、〇日~〇日はアルバム整理をする!と決めて一気に取り組みましょう。一度整理したら、その後は溜め込まず、定期的に管理するようにしましょう。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子どもが発熱!どんな対処をしたら良いの?

子どもが熱を出すと大人よりも遥かに高い熱が出るので、ちょっと焦ってしまいますよね …

ママ友付き合いでのトラブル喧嘩防止方法。ママ友との上手な付き合い方のコツ

子供が生まれたら避けて通れないのが、ママ友との付き合い。子供同士が友達、家が近所 …

子供の虫歯
赤ちゃんへのキスは虫歯の原因になる可能性あり。キスはほっぺやおでこがいい理由とは

可愛い赤ちゃんは家族にとってアイドルのような存在です。 抱っこして、キスして…で …

ランドセルの選び方のコツ!何色がいい?

子供が幼稚園の年長さんになって数か月・・・夏休み明けにはランドセルが店頭に並び始 …

子供の将来は「しつけ」で決まる!育ちのいい環境はこう作る!

「あの人は育ちが良いわ」「品のない食べ方ね…」人間は、立ち振る舞いや行動を、常に …

天才児
高いIQを持つ天才児を指す言葉「ギフテッド」。学校嫌いの子供で天才肌なら可能性あり

「IQ」が高い子供の中には「ギフテッド」と呼ばれる子がいます。これは知能の高い人 …

子供の靴のサイズ
間違った方法で子供の靴選びをしていませんか?サイズが合わないと足の指が曲がってしまう危険性あり

小さな子供に靴を買う時、「すぐに履けなくなってしまうから…」と大きめな靴を買って …

子供がテレビばかり見ていて心配な親御さん必見。簡単な室内遊びで子供の集中力を育てよう!

雨の季節は外遊びも出来ないので、家にこもりがちになってしまいますよね。何もするこ …

どうしたら寝てくれるの?赤ちゃんが眠ってくれない時はこうしよう!

生後間もなくの赤ちゃんは、授乳におむつ交換に…夜も寝る暇がありませんよね。ママは …

泣き止まない赤ちゃんの対処法。覚えておくとお出かけも安心!

0〜1才の赤ちゃんは、まだ言葉も話せませんから、周りの人へ自分の意思表示をするた …