みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

親が兄弟姉妹みんなに平等に接することって大切なの?子供が複数いる家庭での子育て術

      2015/07/28

兄弟姉妹
子供が2人以上いるお母さんにとって、兄弟姉妹全員に『平等』に接することは、はたして大切なことなのでしょうか。
兄弟姉妹だから公平に、兄弟姉妹間での差別はいけない、そう言いますが全く同じように接することは非常に難しい、そう私は考えます。

なぜなら、兄姉には兄姉の立場があり、弟妹には弟妹の立場があるからです。それぞれ違う立場で成長して行くのですから、それぞれに見合った接し方をすることの方が大切ではないでしょうか。

では、どのように接するべきなのか、その点を考えてみたいと思います。

兄姉の立場とは?接し方のポイント

一番年上の兄姉は両親にとって最初の子供ですから愛情をたっぷり注がれて、生まれた時から特別可愛がられて育ってきているでしょう。
そして弟や妹が生まれることにより、今まで独り占めしてきた愛情を分け与えなければならないという“我慢”を覚えます。また、自分は年上であるからお手本にならなければ!と、とても頑張りやさんである傾向にあります。

親はその点をしっかり理解し、年上であっても愛情はしっかり届いているという安心感を与えてあげなければなりません。
「お兄ちゃんでしょう!我慢しなさい。」と、弟や妹に玩具や順番を譲ることを求めるのは、小さなうちは出来るだけ避けてあげたいものです。

いくら年上であっても、まだまだ小さな子供のうちは必要以上の我慢はさせず、逆に優先させてあげることで親からの愛情を実感できるでしょう。下の子は必然的に手がかかるのですから、親が目を向ける時間も長くなります。

従い、上野湖は「我慢しなさい」と言わなくても、自然と我慢している部分がとても多いことを忘れないであげてください。 また、ついつい厳しくしてしまうのが兄姉です。最初の子供は親も「しっかり躾けなくちゃ!」と考えてしまうため、厳しくする分、愛情も多く必要とする子になりやすいことを覚えておきましょう。

弟妹の立場とは?接し方のポイント

年上ばかりが我慢をしているかと思えば、そうでもないのです。
弟や妹も、様々な場面で我慢をしています。

「洋服はいつもお下がりばかり」「お兄ちゃんやお姉ちゃんはやってもいいのに、まだ危ないからって止められるのは年下ばかり・・・」等、弟妹にもそれなりの言い分があるものです。「お兄ちゃんの言うことを聞きなさいね。」「お姉ちゃんに生意気言っちゃ駄目よ!」と親に言われるうえに、兄姉から直接言われることも・・・。

言われっぱなしの弟妹をフォローすることも大切です。

時には“特別扱い”も必要です。

年上、年下。どの子も平等に・・・ではなく、どの子も特別に!と考えてみてください。どちらか一方が居ないときにこっそりおやつを口に入れてあげるのも良いでしょう。小さいうちはその程度が大きな効果を発揮します。小学生になれば一方だけが出かける機会も出来ますから、「特別にね」と言ってこっそり2人だけで外食するのもたまには良いですね。

ただし、後々バレると厄介ですので、絶対に平均的に実践しておくことが大切です。また、例えどちらにも特別扱いをしている事がバレたとしても、子供は“お母さんと2人きりで過ごす時間”を嬉しく思うはずですから、実践してみることは決して悪いことではありません。

年上らしく、年下らしく

年上と年下。それぞれに全く同じように接することは非常に難しく、それぞれの立場に沿った接し方をすることが大切なことはお話しました。育児方針で、年上と年下をはっきり区別するというご家庭もあるでしょう。

小さな頃から年功序列をしっかり教えようと決めて、様々な場面でわざとに差を付けるのです。それも方法のひとつで間違えではありません。

しかし忘れていけないことは、差を付けることで不満を抱えさせてはいけない、ということです。子供が心に不満を抱えていては伸び伸びと育つ事が出来ません。不満を満たしてあげることで、お互いを尊敬できる気持ちが育ちます。

気持ちが満たされている子供こそが相手に優しく出来、自分が年上・年下であることを意識して、それらしい立場でしっかりと生きて行く力を身に付けるのです。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

習い事
塾と習い事、小学校高学年の子供はどっちを優先するべき?両立は出来る?

塾と習い事の両立について 小学校も高学年になると、だんだんと忙しくなり、いつか「 …

ダラダラ叱るのは逆効果!?「一発」で子供に届く叱り方に切り替えよう!

子供を叱るのは、今後、同じ間違いをしないようにして欲しい…という親の気持ちを子供 …

子どもは親の行動をよく見ている!真似っこ上手な1、2歳児の特徴とは?

普段の何気ない行動でも、完全コピーをしてくる侮れない子どもの観察力。 挨拶だった …

子供を入れるなら幼稚園と保育園どっちがおすすめ?預ける施設の違いと選び方

幼いお子さんを持つパパママにとっては、家族以外の人の所へ預ける場所となる、幼稚園 …

子供に洗濯干しのお手伝いを頼む6つのメリット

子供にとって、お手伝いに大切なポイントは「考えて出来ること」「やり遂げたという達 …

寝不足でつらい…短くても「良質な睡眠」でリフレッシュしましょう

子育てをしているママは、時間に負われて何かと大変ですよね。赤ちゃんの授乳期だと、 …

子育てに重要な生活リズム。子供の生活の質を考えていますか?

QOLとは「Quality of Life」の略で「生活の質」を意味します。 あ …

子供の人格形成
子供の健全な人格を作る幸せホルモン「オキシトシン」って凄い!スキンシップで生まれる幸せホルモンと心理的効果

赤ちゃんから幼児期にかけて、その子の「人格」が形成されていくわけですが、その鍵を …

「叩いちゃダメ!」は効果なし?友達に手が出てしまった時の対処法とは?

子供同士で遊んでいるとき、わが子がお友達を叩いてしまってビックリしてしまったこと …

子供のしつけに脅し言葉は絶対ダメな理由。恐怖は子供の積極性を奪います

いつまでも遊んでいて寝ない子供に「早く寝ないとお化けが出るよ〜!」など、つい脅か …