みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供にダメ出しは逆効果!子供の将来を考えるなら気持ちに余裕を持ちましょう

      2015/07/28

子育てに余裕
子供は親の思うように育たないとは言いますが、まさにその通り。
子供の事を心配するからこそついつい口が出るものですが、親が良い方へ向かうことを考えてするダメ出しは実は逆効果になることが多いのです。

そして、そのダメ出しをよくよく振り返ってみると、子供の為というより親の希望通りに事を運びたいがために出る言葉である事が多いのではないでしょうか。

その点について、少し考えてみましょう。

右の耳から左の耳へ・・・言い過ぎは通じていません

ひとつの事で怒り始めたら、話題がどんどん違う方向へ・・・怒りがどんどん湧き上がって過去の話や全く別の話まで持ち出して怒ってしまう、そんな経験をされている方も多いでしょう。

また、毎日毎日同じことを繰り返し言っているのに一向に出来るようにならない、なぜ?と頭を悩ませている方もいると思います。
子供に聞いてほしいことや、直してほしい点がある時は、くどくどとしつこく言っても通じません。
そしてタイミングも重要。子供が“聞ける体制”である時に、しっかり向かい合ってひとことズバッと言うことが大切です。

しつこく言っていても親が疲れるだけ。親のガミガミに慣れてしまった子供は、とりあえず「はいはい」と返事をしておこうとその場しのぎの考えで済ませ、また同じことを繰り返す・・・つまり、言い過ぎは効果がないのです。

先読みして考えられないのが子供。失敗して気づくこともあります。

例えば朝の支度が遅い時に「早くしなさい!ほら、早く早く!また今日も遅刻しちゃうでしょ!!」と、家を出るまでずっと口煩く言ってはいませんか?それでは子供の気持ちがどんどん沈み、「あー・・・うるさいなぁ、めんどくさい~」となってしまいます。

「○分までに○○をしなければ」
「この順序でしなければ」
と、時間を先読みして考えるのは“親が、こうしてほしいと願っている”ことであり、本当に子供にとって必要なのは、それを自分自身で考える力を身に着けることです。親が先回りして口うるさく言っていては、子供は自分で考える力が育ちません。

そして、その力を身に着けることは子供にとって、とても難しい事であり、すぐに簡単に出来ることではないのです。

子供の失敗は親の責任?

子供は最初からすべてを完璧に出来ないのが当たり前です。
しかし、今の時代はすぐに「親がきちんと躾けないからね」とか「親が親だから子供が・・・」と言われてしまう・・・。

そんな周囲の目や社会の風潮もつい気にしてしまうものです。しかし、それはまさに今だけのこと。子供が失敗を繰り返すことで、将来的に物事を順序立てて考えられるようになる方が大切なのではないでしょうか。
本当に大切にすべき事は、“今、この時”か、それとも“将来”かをよく考えてみてください。子育てに失敗したかどうかは、今わかることではありません。だからこそ、今の子供の行動より気持ちを大切に育てていかなくてはならないのです。

急かしてダメ出しして縮こまった心の子供ではなく、大らかで気持ちに余裕を持った子供の方が、ずっと楽しい人生を送ることができるはず、そう信じてみましょう。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

お父さんにも育児に参加してほしい!心強いパートナーに育てよう!

今はもはや当たり前の存在になりつつある「イクメン」。 しかし、まだまだイクメンに …

小学生の子供に本を読ませる方法はお金で釣ること。邪道な教育法で頭のいい子が育つ

子供が勉強しない、ゲームばかりやっている、漫画ばかり読む、本を買ってきたのに読ん …

娘の子育て思春期
友達のような関係の親子に潜む危険性。娘は母親のコピーじゃありません

女の子はママにとっても「同性」なので、とにかく仲良しで、まるでお友達みたいな感覚 …

フィンランドの教育
フィンランドに学ぶ北欧流子育て「長所を伸ばすのびのび教育」を見習いましょう

フィンランドでは子供の学力がとても高いということをご存知ですか? 先進国の中では …

暑い夏にご用心!子供の大敵「あせも」を防ぐ方法3つ

じめじめした梅雨が終わるとやってくる暑〜い夏!レジャーも楽しくてわくわくしますが …

子供の話を聞く事の重要性。子供との信頼関係は聞くことから始まる

子供にとって、親に話を聞いてもらうことはとても大切なことです。親子のコミュニケー …

叱るとき・怒るとき・注意するとき、上手に使い分けて怒りんぼママから素敵ママに大変身!

育児中は、叱る・怒る・注意、この3つを無意識に使っていると思います。ですが、無意 …

思春期になっても「パパが大好き」な子供を育てるためには?

「パパ嫌い」「パパはいなくてもいい」という子供たちの声をよく耳にします。時には、 …

グローバルな子供に育てたいなら、まずは「食事のマナー」から!世界中でも重要視されています

現代社会ではグローバル化が進み、これからを生きる子供たちはますます世界へと飛び出 …

テープ式からパンツ式へ替えるのっていつ?オムツ替えもっと楽にしよう!

あなたは紙オムツを使っていますか?生後まもなくの赤ちゃんのほとんどは「テープ式」 …