みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

赤ちゃんの肌がカサカサに!乾燥肌を防ぐ方法とは?

   

akachan_mokuyoku

赤ちゃんの肌というと、ぷにぷにしていて柔らかく滑らかなのを想像しますが…

実は肌の状態がデリケートなので、乾燥しやすいのが特徴なんです。

肌が乾燥してしまうとカサカサとした触り心地になってしまい、かゆみや赤みが出てきてしまうこともあります。

うちの子どもも肌が弱いので、良く乾燥肌になって湿疹が起きたり肌がカサカサしたりしてしまうことが多かったです。

そのため、毎日スキンケアを重点的におこなうようにしていたのですが、やはり保湿ケアをし始めてからは湿疹の頻度はかなり低くなったと思います。

そこで今回は、そんな赤ちゃんの乾燥肌による湿疹、そして赤ちゃんに多い脂漏性湿疹や乾燥肌のケア方法などについてご紹介します。

乾燥肌を感じやすくなる時期とは?

生まれたての赤ちゃんの場合は羊水で濡れた体が乾燥しないようにするために、皮脂の分泌が非常に活発になっています。

そのため、生まれたばかりのころは乾燥肌になるということはまずないのです。

しかし、外の世界に慣れてきたくらいの生後2~3ヶ月になると、だんだん皮脂の過剰分泌が抑えられてくるようになります。

このときに、肌の潤いが足りなくなってきてかさかさし始めてしまう赤ちゃんが増えてくるのです。

確かに我が家の場合も、子どもが3ヶ月くらいの時に乾燥が原因のかさかさ肌になってしまいました。

皮膚というのはもともと感想などを防ぐためのバリア機能があるものですが、赤ちゃんの肌は大人の肌の約半分の薄さしかないので、より乾燥肌になりやすいのです。

また、乾燥だけでなく気温や湿度によっても肌のコンディションが崩れてしまうということなんです。

特に顔というのは1日中肌が露出している状態なので、余計に乾燥しやすい部位といえます。

赤ちゃんに多い脂漏性湿疹って何?

脂漏性湿疹というのは、あせもなどと同じように「乳児湿疹」のひとつとして分類されています。

脂漏性湿疹とは肌が乾燥する前の皮脂分泌が活発な赤ちゃんに起こる症状で、皮脂量が多すぎるために脂分が漏れてそこが湿疹になってしまいます。

うちの子どもも生後2か月のときに脂漏性湿疹になって眉毛の部分がひどいことになってしまいました。

病院で指導を受けたのは、やはり大切なのは保湿でやわらかくなった皮脂のかたまりを濡れタオルなどで優しく拭って、きれいにしていくという方法です。

肌荒れがひどかった部分に関しては、病院で処方されたバイキンが入らないようにするための塗り薬を塗ってケアしていました。

気温が高くて湿度も高い状態だと、湿疹によるかゆみが余計にひどくなってしまいます。

空調などをうまく利用して、肌にとって良い状態をキープしていくようにしましょう。

我が家の場合もそうでしたが、脂漏性湿疹は毛が生えている部分に多く起こるものです。

そのため、頭の部分に湿疹ができてなかなかケアするにもできない…という場合もあります。

その場合には、普段より頭を洗う回数を増やしたりして少しでも気持ち悪くならないように清潔にしてあげるのが一番です。

お肌のケア方法!

乾燥肌を防いでつるんとしたお肌をキープするには、日常生活の中でしっかりと意識をしていく必要があります。

気を付けたいことをまとめてみましたので、順番に見ていきましょう。

 

・毎日の入浴

気温が低くても、新陳代謝の活発な赤ちゃんは結構汗をかいてしまっています。

そのため、高熱を出しているなどの体調不良の時を除いて、毎日しっかり入浴をさせるようにしましょう。

洗うときには泡をなでるようにして、タオルでごしごしと洗うのはやめましょう。

洗い流しがないように、しっかりとゆすいできれいに水分をふき取りましょう。

 

・保湿ケア

お風呂上りには、しっかりと保湿をおこなって水分が体から逃げていかないようにクリームなどでフタをしましょう。

おすすめは純度の高い白色ワセリンや、馬油(マーユ)などです。

ちょっとべたつく感じはありますが、しっかりと保湿ができるので肌荒れにはぴったりです。

順番としては、お風呂から上がったら早い段階でベビーローションを塗って水分を補い、その上からワセリンなどでふたをする感じです。

 

・空調管理

一見水分量が十分あるようなイメージのある赤ちゃんですが、実は大人の半分量しか肌水分量がないのです。

そのため、常に乾燥肌の状態といっても過言ではないのです。

そこで、スキンケアと同様に部屋の湿度にも気を配ることが重要です。

理想の湿度は、40~60%の状態をキープすることです。

乾燥肌だけではなく風邪予防にもなりますので、加湿器は常にフル稼働させておくのが良いでしょう。

夏場でも、暑いときに付けるエアコンで空気は乾燥しています。

加湿器というと冬だけ使うものだと考えてしまいがちですが、夏場も湿度計を利用しながらうまく使っていきたいですね。

以上3点を意識していって、毎日のケアで赤ちゃんのきれいな肌を守っていきましょう!

また皮膚の症状は、少しでも症状が出たらまず病院に行ってみてもらうのが一番です。

普段からかかりつけの皮膚科専門医を探しておくことも必要ですよ!




おすすめ記事


 - 未分類

  関連記事

1人の時でも強い味方!陣痛タクシーって知ってる?

妊娠がわかってから少しずつ、でも着実に変わっていく自分の体を感じながらお腹の赤ち …

ママになった途端「おしゃれ」を制限されている気がしませんか?おしゃれママたちはどうしてる?

ママになったらミニスカートはだめ? ママになったらハイヒール禁止? ママになった …

テレビが子どもに悪影響って本当?どんな影響があるの?

「子どもにテレビを見せると良くない」と聞いたこと、みなさん一度はあるのではないで …

子供への絵本
子供におすすめの絵本や教本ベスト7!心を育てる読書をしよう

子供にとって幼少期には、ママが絵本を読んであげることで本に親しむことが心の成長に …

炊飯器でご飯とおかず、一緒に作って節約生活!時間短縮の炊飯器活用していきましょう

仕事に家事に子育てに…と、毎日忙しくて自分の時間を作ることでさえ難しい主婦業は、 …

子どもはいびきをかかないって本当?そのいびき、睡眠時無呼吸症候群かも!

子どもが大人のようにガーガーと大きないびきをかいていたら、寝苦しいのかな?と気に …

お金を「貯められない人」はお財布の中身を要チェック!スッキリさせて「貯まる人」に変えていきましょう

「黄色いお財布はお金が貯まる!」など、お財布にまつわる縁起事をよく聞きますが、デ …

子連れで電車はマナーが心配。どこまで大丈夫??

子連れでお出かけはたくさんしたいですよね。でも電車に乗るときにちょっとドキドキハ …

子どもの仕上げ磨きっていつまで必要?仕上げ磨きは親子のスキンシップにもなる!

歯が生えて来たら、歯磨きをしてあげたり、子どもが自分で磨くようになっても仕上げ磨 …

立ち会い出産ってするもの?メリットとデメリットは?

ママとパパにとって大切な赤ちゃんをお腹に授かったとわかったら、これからお腹の中で …