みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子どもが発熱!どんな対処をしたら良いの?

   

hatsunetsu_kodomo

子どもが熱を出すと大人よりも遥かに高い熱が出るので、ちょっと焦ってしまいますよね。

うちの子どもは2歳で突発性発疹にかかるまで熱を出したことが無かったので、とても心配しました。

その後はちょこちょこ細かい風邪を引いていますが、やはり1日で治るものの39度台の高い熱が出ます。

そんなときに迷うのが、病院に連れていくタイミングです。

たった1日熱が出ただけで病院に行くと、逆に他の子どもの風邪が移ってひどくなったりしないだろうか?

特にひどい症状がなければ、下手に外に連れ出すよりも家でゆっくり休んでいるのが一番なのではないか?

などなど、悩むことがたくさんありますよね。

そこで今回は、子どもが発熱したときの病院についてご紹介します。

子どもが発熱したときは、病院に行った方が良い?

子どもが発熱したときには、すぐにでも病院に連れていきたくなってしまいます。

しかし、熱の度合いによっては家で休んでいれば自然に治ることが多いのです。

そこで、熱の高さごとに対処法を見ていきましょう!

 

・38度くらいのとき

子どもの平熱は大人に比べて高いので、だいたい37.5度までは発熱しているとは言いません。

そのため38度ほどの熱ならば「高熱」という部類に入らないので、家で様子を見ても良さそうです。

ただ嘔吐や下痢をしていたり、呼吸が苦しそうだったり明らかに具合が悪そうな場合には病院に連れて行くようにしましょう。

一般的な風邪の諸症状と発熱くらいであれば、家でゆっくりしていれば通常2日程度で良くなります。

発熱が3日以上続く時も、念のため病院に連れて行くようにします。

 

・39度くらいのとき

子どもの場合、38.5度以上あるときには「高熱」であると言えます。

このくらいの熱になってくると、おでこを触ったときに明らかに熱く感じるので体温を計らなくても発熱していると気づきます。

この場合には、2日以上熱が続くようなら早めに病院へ連れていきましょう。

お風呂も体力を奪われてしまうので体を拭く程度にしておいて、水分補給だけはしっかりおこないます。

簡単に熱が高くなってしまうことが多いので、1時間置きに検温をすることも大切です。

 

・40度以上あるとき

熱が非常に高く40度以上ある場合には、熱性けいれんを起こすことがありますので、慎重に様子を見ていきます。

夜中に熱が上がってしまっても、けいれん等がなく眠れているようであれば翌朝の受診で大丈夫です。

しかし、けいれんを起こしたりぐったりして水分補給もできないようであれば、緊急事態ということで救急車を呼びましょう。

熱が低くても、この症状があったときは注意!

たとえ子どもの熱がそんなに高くなくても、病院へ行く目安となる症状というものがあります。

 

・水分をとれない

嘔吐や下痢、そしてなかなか水分をとれない場合には脱水症状になることが多いです。

ただでさえ熱があると汗をかきやすくなるので、より水分補給が必要になるのです。

水分がとれないということは、危険のサインなので病院に行くようにしましょう。

 

・息苦しくしている

鼻づまりがひどかったり、咳がひどくて息がうまくできなかったりするときは、息苦しくなってなかなか眠ることすらできなくなります。

病院に行くことで鼻水を吸引してくれたり、呼吸を楽にしてくれる吸入薬を使ってくれます。

特に月齢が低い場合には呼吸困難になると怖いので、早めに受診するようにしましょう。

 

・熱と同時に発疹が出る

突発性発疹に関しては、熱がひと段落したところで発疹が出てくるのが特徴です。

しかし熱と同時に発疹が出るということは、はしかや水ぼうそうなど何か別の感染症などが隠されている場合があります。

汗をかいたことによるあせもという可能性もありますが、やはり素人には判断がなかなかつかないので医師に診察してもらうのが適切です。

この場合には、病院に行く前に電話で症状を説明してから受診するようにしましょう。

解熱剤は使っても大丈夫?

大人であれば、高い熱が出ると解熱剤を飲んで熱を下げることが多々あります。

しかし、子供に関して解熱剤を使用することはどうなのでしょうか。

そもそも熱が出ているのは、体がウイルスや細菌を追い出そうと必死に戦っているからなのです。

そこで薬を使って無理やり熱を下げてしまうと、逆に治るのが遅くなってしまうこともあるのです。

また粉薬の場合は、解熱剤を飲むことで胃を荒らしてしまうこともあります。

子どもの解熱剤はだいたいが座薬なのですが、使用には慎重になる必要があります。

ちょっと熱が高くても元気にしているようであれば、無理やり熱を下げる必要はありません。

しかし、グッタリしていたり熱性けいれんを以前起こしたことのあるような子は39度くらいを目安に、解熱剤を使用するようにしましょう。

解熱剤は対処療法であって、根本的に治療をするものではありません。

あくまで最終手段として、どうしても辛そうなときに使うことをオススメします。

病院に行くタイミングを適切に見極めて、早く治していきたいですね!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

ママも子供も幸せになれる方法は「下から目線」の子育て

寝返りができて、お座りが出来るようになって、歩けるようになって…どんどん成長して …

子供の自転車練習は何歳から?自転車デビューはタイミングが大事!

子供が補助輪を外した二輪自転車に乗れるようになるのは、早ければ幼稚園の年少から、 …

どうすればいいの?上手な「ママ友付き合い」をする方法とは?

幼稚園や保育園に入園すると、子供も心配ですが、「ママ同士」のお付き合いも気になっ …

親の行動が子供の好奇心を奪ってしまうかも?「無意識過保護」に要注意!

自分でいろいろ出来るようになる2〜3才ごろは、親としては心配な時期でもあるし、成 …

寝不足でつらい…短くても「良質な睡眠」でリフレッシュしましょう

子育てをしているママは、時間に負われて何かと大変ですよね。赤ちゃんの授乳期だと、 …

「奴隷おじさん」が書類送検された事件…こうした事件から子供を守るにはどうしたらいいのでしょうか?

最近のニュースで「奴隷おじさん」と呼ばれる50代の男性が女性に声をかけ、書類送検 …

食事で育脳!頭の良い子を育てる食事の仕方

子供の脳は勉強だけでは育ちません。勉強した内容を上手に取り入れるためには、勉強の …

「きちんとしている子ね!」と思われるのは礼儀の基本「あいさつ」出来る子

「こんにちは!」と自分があいさつした時の相手の反応って、すごく気になりますよね。 …

飲食店で市販のベビーフード、勝手に食べるのってアリ?

まだまだ産まれたばかりの頃は、大人の分だけご飯を用意すれば良いので外食も比較的大 …

子供に薬を飲ませるのが大変なママ必見!子供に薬を飲ませるアイデア集

風邪をひいてしまったり、熱を出したり…とにかく小さい子供はよく病気にかかります。 …