みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

ママ友の家にお呼ばれ!お土産はどんなものを持っていけば良い?

   

joshikai

ママ友ができて、ある程度親しくなるとお互いの家に遊びに行く機会も増えてきます。

小さな子どもがいるうちは、やはりどちらかの家が一番落ち着くというものです。

しかし、やはりいくら仲が良くても家にお邪魔させてもらうのですから、何か手土産は一つ持参したいところ。

でも、いざ手土産とひと口に言ってもどんなものが適しているのか…

あまり好みでないものを持って行って、あまり喜ばれなかったらどうしよう…

などと結構気になってしまうものなのです。

かといって、初めて遊びに行く場合なんかはまだママ友の好みをリサーチできていない場合も多く、余計に迷ってしまうことがあります。

そこで今回は、ママ友のお宅に招かれたときに盛っていきたい手土産についてと、お土産に関するNGポイントなどをご紹介していきたいと思います。

急にお呼ばれした場合はどうする?

ママ友の家が近所にある場合、その日の朝に連絡が来て「お昼くらいから遊びに来ない?」などと誘いを受けることも多くなります。

わたしも、仲良くしているママ友はほとんどご近所さんなので、だいたいその日に誘い誘われ遊ぶという場合が多いです。

しかし、急に誘われるとなると困るのが持参する手土産がないということ!

運よく近くにコンビニやお店があればよいのですが、住宅街だとなかなかそうもいきませんよね。

相手方が急に誘うということは、手土産のことなどはあまり気にしていない親密な関係の場合が多いので、必ずしも手土産を持参する必要はありません。

もし、家にストックのお菓子なんかがあったら持っていくと良いかもしれません。

ちなみにわたしは急に相手を誘うときには「手土産とかは気にしないでいいからね」と一言伝えるようにしています。

お互いに細かいことを気にしない関係であれば、手土産ひとつで気を悪くすることもないでしょう。

以前からお呼ばれしていた場合はどうする?

では以前から家にお邪魔する日を決めていて、約束をしていた場合にはどうしたらよいのでしょうか。

この場合は、事前に家に遊びに行くことが分かっているので準備期間はある程度設けられています。

この場合は、家に招いてくれたお礼ということで手土産を持参するのがマナーです。

理想としては生菓子など賞味期限が短いものは避けて、万が一余った時も後日食べてもらえるようなお土産が理想です。

例えば常温でも保存可能なゼリーや、焼き菓子がスイーツ系ではおすすめです。

夏なんかは、ゼリーを持っていくと涼しげなので喜ばれますよ!

ただ、子どもがまだ3歳未満の時にはあまり硬いゼリーだとのどに詰まらせる危険がありますので、柔らかいゼリーを買うようにしましょう。

大人たちが食べていて、子どもたちは食べられないというのもちょっとかわいそうですからね。

もし、ママ友が子どもにお菓子は与えないという方針であれば、フルーツを持参すると良いでしょう。

冬ならイチゴ、夏なら桃など季節を感じることのできるフルーツが人気です。

お土産でやってはいけないポイントとは?

ここまで様々なシチュエーションでの手土産について説明してきましたが、今度はお土産についてやってはいけないことをご紹介します。

 

・値引きシール付きのものは避けよう!

値引きシールが貼られているということは、一般的に消費期限が迫っている商品であることが多いです。

そのため、賞味期限に神経質なお母さんからは嫌な印象を持たれてしまう恐れがあります。

また、お土産をケチっているという印象もあるので、もらう側としてもなんだか複雑なのです。

値引きシールがついているものは、家族で食べるときに購入するようにしましょう。

 

・ママ友と自分の分のお土産しか持参しない

お土産を持っていくときにはママ友に渡すのはもちろんですが、基本的にその家に住んでいる人みんなに感謝の気持ちを伝えるものです。

そのため、先ほどのゼリーを例に出すとママ友と自分で食べる分の2つを持参するのではなく…

ママ友と子どもの分、そしてママ友の旦那さんの分を購入する必要があります。

自分が帰った後にママ友が旦那さんと一緒に食べられるように、もう一個余分に持参すればパーフェクトです!

二世帯住宅などでおじいちゃんおばあちゃんも同居している場合には、さらに購入数を増やして持っていきましょう。

ママ友の家族全員に好印象を与えることで、より長く親しい関係を築くことができるのです。

しかし、そんな数のお土産を買ったらお金がいくらあっても足りない…と感じてしまいますよね。

しかし、ゼリーに関して言えば1個の値段は200円もしません。

どんなに家族が多くても、1500円もいかない場合が多いのです。

これからの関係も踏まえていくと、お土産に関して出し惜しみはしないほうがいいのかなと思います。

何よりも大切なのは気持ちであり、そこに心がこもっていれば喜んでもらえます。

相手のことを考えて選んでいけば、おのずとしっかりしたお土産を持参することができるのではないでしょうか。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

早くしなさい
子供が指示待ち人間になってしまう「早くしなさい」という親の口癖

朝の登園準備をしているのに、テレビを見たまま動かない子供… 「何してるの!早くし …

「睡眠」と「肥満」には関係があった!良い睡眠時間を確保して肥満や病気のリスクを減らしましょう

子供の生活環境も昔に比べると大きく様変わりしていて、夜遅くになっても小さな子供が …

嘘
反省のない子供の「嘘」はママの心の問題が大きく関係している

「嘘つきは泥棒の始まりだよ!」子供が何か「嘘」をついてしまったとき、親として悲し …

ランドセルの選び方のコツ!何色がいい?

子供が幼稚園の年長さんになって数か月・・・夏休み明けにはランドセルが店頭に並び始 …

4〜5才になったら「ひらがな」にチャレンジ!楽しく取り組むコツ3つ

小学校に行くと必ず勉強する「ひらがな」ですが、4、5才になると自分から「書いてみ …

子供の仕上げ磨きは何歳まで?小学生になれば大丈夫?

生後5~6カ月くらいになると、赤ちゃんには可愛い乳歯が生え始めますね。ママは毎日 …

育児ノイローゼ対策
育児を一人で抱え込まないことが大切。母親の育児ノイローゼを防ぐ方法は?

毎日かわいいお子さんとの生活。話しかけたらにっこり微笑んでくれたり、作ったものを …

子供がお手伝いをしてくれない…楽しく習慣化する効果的な方法とは?

子供がだんだん大きくなってくると、家族の一員としてはもちろん、これから生活してい …

幼児期の子供に見せたいおすすめのテレビ番組5つ。ピタゴラスイッチなど教育に役立つテレビ番組とは

テレビを見ることが子供の脳や知能に悪影響を及ぼすという話題が大きく取り上げられる …

子供を甘やかす
子供を甘やかすのと甘えさせるの違いとは?子供の言いなりになるのは親としてダメな理由

「甘えん坊だなあ」「そんなに甘やかしちゃダメだよ」どちらも同じ「甘える」という言 …