みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子育て中こそ念入りに!いつまでもキレイなお母さんでいよう!

   

makeup_henshin

小さい子どもを育てるお母さんは、毎日頭を振り乱しながら頑張っています。

そのため、つい子どものことで頭がいっぱいになってお母さん自身の身だしなみは乱れがちになります。

例えば、子どもの服装はとても可愛くてオシャレに決めているのに、お母さんは部屋着のような格好…

ノーメイクで服装もティーシャツ、デニムといったオシャレとは無縁の状態…

結構街中を見てみると、そのような「子どもばかりに気が向いて自分を大切にしていないお母さん」が多い印象です。

もちろん、忙しくて自分の時間が取れないのはわかりますが、やはり「子育てって大変なのね」と感じさせてしまうのはあまり良い印象はありません。

わたしは独身時代、通勤の途中でバスに乗ったときに子どもを二人抱えたお母さんが、髪を無造作にまとめただけでノーメイク…

そして外に出るにはあまりにみっともないような格好をしているのを見て、愕然としました。

そのときに「こんな風になるくらいなら、子どもが欲しいとは思わないかも」と、切に思ったのです。

そこで今回は、子育てをしながらもオシャレなお母さんでいるためのコツを大特集していきます。

メイクは、1日の始まりのスイッチ!

ところで、皆さんは「コレをしたら1日が始まる!」というような行動はありますか?

人によっては洗顔だったり、朝シャンだったり…

コレをすれば目が覚めるということがありますよね。

そこで、メイクを1日の始まり…やる気スイッチとして利用してしまうという方法があります。

子どもが朝7時に起きるのだとしたら、6時45分くらいに起きてメイクに時間を充てます。

メイクをすれば、ぼんやりとした目がぱっちりして肌もつるんときれいになります。

自分のくたびれた姿を見てテンションが下がるよりも、やはりきれいな姿を見てテンションを上げていったほうがやる気につながるのです。

また子どもとずっと1日一緒にいると、突然体調を崩したり怪我をしたりして病院に急遽連れて行かなければならないことが発生します。

そんなときに慌てないためにも、ある程度身だしなみは整えておいたほうが良いです!

わたしは子どもがつかまり立ちをし始めたときに、家具にぶつけて怪我をしてしまったことがありました。

すぐに病院に連れて行かなければいけない状態の中、身だしなみをイチから整えなければならないのは時間がかかります。

急な出来事にも対応できるように、最低限のメイクはしておくことをオススメします。

着替えは、楽しみながらコーディネートを考えよう!

子育てが忙しくて、気が付いたら朝起きたままの状態だったりジャージのままだったりしませんか?

子どもにはとびっきりのおしゃれをさせてあげたいけれど、自分は何でもいいや…と後回しになっているケースが多いです。

でも、先ほどもお話しした通り子どもはいつ急に具合が悪くなるかわかりませんので、せめていつでも外に出られるような恰好をしておいたほうが良いですよ!

もちろんカッチリしたお出かけ用の服を着ろとは言いませんが、シャツにパンツスタイルなどカジュアルでもきちんとした清潔感のある服装を心がけましょう。

わたしは授乳があるので、いつも前開きタイプのシャツを着てボトムスはパンツやショートパンツを履いています。

物足りないときには、スカーフをまいたりベルトでアクセントをつけたりしておしゃれを楽しみましょう。

子どもの洋服と似た感じのデザインを選んで、おそろい風のコーディネートを楽しむのも良いですよ!

カラフルなカーディガンを使って差し色にしたりすることで、シンプルなコーディネートでもいい感じになります。

美容院で、たまの息抜き&贅沢を!

おしゃれを維持するのに欠かせないことがもう一つあります。

それは、髪の毛のケアです。

いくら洋服のコーディネートのセンスが良くて、メイクもばっちり決めていたとしても…

髪の毛が伸びっぱなしだったり傷んでいたりした場合には、せっかくのおしゃれが台無しになってしまいます。

そこで2ヶ月に1回でも家族に子供を預けて、美容院でヘアケアをするようにしましょう。

美容院に行くと髪の毛のことだけではなく、癒されるヘッドスパやシャンプーなどもありますので育児の疲れを解消するにはピッタリです。

わたしはショートカットで髪色が明るいので、毎月美容院でカットとカラーをおこなっています。

だいたい所要時間は3時間かからないくらいですので、朝イチに予約すればお昼までには帰宅することができます。

こうすれば、朝ご飯を食べさせてから夫などに子どもを預け、お昼ご飯の時間までに帰宅できるので夫には最低限のお世話だけ頼めば大丈夫です。

月に一回の自分へのご褒美として、美容院で癒されてみてはいかがでしょうか。

まとめ

育児中のおしゃれについて、メイクと服装、そして髪の毛のケアのお話をしてきましたが、いかがでしたか?

メイクをすることで、普段より輝いた自分を演出することができますので1日のスタートにはピッタリです。

また、服装もシンプルなデザインのもので大丈夫ですが、ちょっとした小物でオシャレ感を出すことでいつもと違った雰囲気を楽しむことができます。

そして、多くの人の目につきやすい髪の毛も、できれば毎月少しの時間夫にお世話を頼んで美容院でケアをするようにしましょう。

ポイントは、いつどこに外出しても恥ずかしくないような身だしなみを心がけることです。

いつまでもきれいなお母さんでいられるように、気持ちを引き締めていきましょう!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

赤ちゃんが離乳食を食べてくれない理由とは?はじめての離乳食ガイド

母乳やミルクが卒業に近づくと『離乳食』が待っています。早く1人で食べてほしい、大 …

二人目の子どもが欲しい!3歳差ってどんな特徴があるの?

子どもがある程度大きくなってくると、そろそろ次の子どもが欲しいなと感じます。 で …

パパママ呼び方
子供に「パパ」「ママ」と呼ばせるのは何歳まで?

赤ちゃんのころから言葉を発するようになるまで、およそ1年かかります。 初めて「パ …

脳に効く!?「ブレインフード」を食べて頭のいい子を育てませんか?

みなさんは「ブレインフード」という言葉を聞いたことはありますか?日本では「脳機能 …

no image
朝ごはんに嬉しいお餅を使ったレシピ集

毎日の朝食に頭を悩ませるママ必見のレシピ集!今回は、特に育ちざかり食べ盛りの中高 …

駄々っ子な子どもに苦労していませんか?だだをこねるには理由があるんです!

スーパーで「買ってかってー!泣」と駄々をこねている子どもを一度は見たことあります …

過保護の違い
子供への「過保護」と「過干渉」の違い、分かりますか?

子供を可愛いと思うあまり、つい「過保護」になったり「過干渉」になってしまったりし …

子どものおもちゃ、厳選したほうがいい?それともたくさんあったほうがいいの?

子どものおもちゃは、赤ちゃん用品店などに行くと実に様々なものが売られていて、次か …

父親の家庭での役割は子供に仕事について語ること。子供に働く大人の背中を見せよう

近年では、父親が子育てに参加することが当たり前になってきましたが、それでも男性の …

子供のご褒美におもちゃがダメな理由とは?おねだりを許すとわがままになる

「これ買って〜!」と子供におもちゃをおねだりされて、つい買ってしまうことはありま …