みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供を支配していませんか?子供は親の所有物ではありません!!

   

family_iyagaru_girl

自分自身がお腹を痛めて生んだ我が子。
何よりもかけがえのない存在です。
愛して止まない我が子、、、
母親なら誰もが同じ想いを持っているはずです。

この子を守っていかなきゃ
この子を幸せにしなきゃ
この子を立派な大人に成長させなければ!!
という母親としての強い責任感が湧いてくることでしょう。
とても純粋な気持ちです。

しかし。
その愛情が子供そのものを支配していませんか?
自分の一部になっていませんか?
愛情と支配、紙一重だと思います

我が子が生まれて

10ヶ月、お腹中で育った我が子にやっと会えた、やっと抱ける、一緒に暮らせる!子供が生まれた時、そんな感情を経験したでしょう。幸福に包まれた優しい時間が流れたと思います。

その後、子供とべったりな生活がはじまります。
もちろんパパはいますが、家庭にいて一緒に過ごす時間は短いので、ママと子供の結びつきが強くなっていきますね。この時間が子供の情緒を安定させていくのです!

 

成長と共に我が子への欲が、、、

子供が小さい間は、一緒に過ごすだけで満足できたママも、子供が成長するごとに”◯◯をさせたい!”という欲が出てきます。我が子に夢を抱くのは当然のことだと思います。しかし、夢を抱けば抱くほど、子供がママの思う通りにできないことに腹が立ってきます。

こんなに言ってるのに、なぜわからないの?
自分が必死に頑張っているのに、なぜ伝わらないの?

思い通りにできない子供に腹が立ち、わかるまで、できるまで扱いてしまう。。。自分の想いだけで、子供を支配してしまいます。
子供がどんなに泣きわめいても、ブレーキが効かなくなるのです。

 

ママの想いはエスカレート

子供を支配してしまうと、全て自分の想いに従わなければ済まなくなります。力づくでも支配しようとします。

◯◯をしなさい!
できるまでごはんは食べさせない
できるまで部屋から出さない
できるまで誰とも会わせない

そして、子供がやっとの思いでクリアすると、また次の課題を与えるのです。子供がどんなに努力しても満足できず、次々に辛い試練を与え続けます。ママは子供を支配してしまうのです。

 

反抗期になると・・

こうして、ママに支配されて育った子供にも他の子供と同じように反抗期を迎えます。ずっと支配されながら育った子供はどうなるでしょうか?ママに疑問を感じ、反発するようになります。

なぜ、自分はいつも叱られてばかりなの?
なぜ、自分が思ったことや考えたことができないの?
なぜ、いつもママの言う通りにしなきゃならないの?

小さい頃は、ただただママに叱られたくなくて、ママに好かれたくて言われた通りにやってきたことも、そうはいかなくなるのですね。
疑問が全てママへの不信感となっていきます。

知人の実例ですが・・。
小さい頃は、ママに言われることを言われた通りに頑張っていました。
やらなければいけないことがあると、本人の訴えには耳を傾けず朝だろうが、夜中だろうができるまでやらせる!!
ママに反抗するようになった子供は暴れるようになったのです。

ママに言われたことを「やりたくない」「実行したくない」という気持ちから、カーテンに隠れてそのまま引きちぎったり、物を投げて窓を割ったり、家のものを壊したり・・・。
授業で使う大切なテキストを引き裂き、びりびりに破ってママを激怒させたこともありました。自分の気持ちを態度で表現するようになったのです。

ママは自分の支配から逃れようとする子供を許すことができず、応戦します。怒りをあらわにして相談を受けたこともありますが、どうしても子供への支配力を解くことができないのです。

先日、子供の手にはたくさんの傷がありました。争う際に、ママが爪で引っかくのだとか。親子で戦闘しているだなんて悲しくなりますね・・・。

傷のことが気になって「学校ではどうしてるの?」「お友達や先生から何か言われない?」と尋ねると「犬と遊んで引っかかれた」と話しているそうです。

子供は子供なりに、やはりママのことを想っているのでしょう。
ママを悪者にしてはいけない、傷つけてはいけないという心情が伝わってきます。

明るく振る舞ってはいるけど、心ではどう思っているのでしょう?
苦しんでいるのではないか、悩んでいるのではないかと心配です。

 

まとめ

子供はママの所有物ではありません。
立派な一人の人間として生まれてきたのです。

大切だから、愛しているからこそ、子供への「欲」が生まれてくるのでしょう。でも、常に一人の人間として付き合う冷静な気持ちも必要です。感情のある人間なので、ママが考えるように全てが進むわけではありません。

子供を支配すると、ママだって苦しいはず!!
もしも、パパが助言してくれるような方であれば、その言葉に耳を傾けてください。そして、一緒に話しあって下さい。ママの苦しい気持ちが解けていくはずです。

一人の人間として、子供の気持ちや意志、考えを尊重しながら子育てをしたいですね。もし、子供が間違った方向へ進むのならそこで注意をしてあげる、手助けをしてあげることがママの役目だと考えます。
親子で戦闘などという悲しいことが起きないように。。。
どうぞ、子供そのもの、一人の人間を支配するようなことがありませんように。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供に教える食事のマナー。よく噛んで食べることの大切さを教えよう

食事中、子供に「早く食べなさい!」と急かしたり、「片付かない・・・」とイライラす …

コミュニケーション能力が低下する?気をつけよう!幼児期の『夜更かし』

赤ちゃんの頃は眠る感覚が短いので、夜も昼も眠る生活でしたが、1〜2歳になると体も …

姉妹喧嘩の仲裁
小学生女子のおしゃれ、親はどこまで認めるべき?禁止する前に親として教えるべきこと

街を歩いていると、可愛い!というより、まるで大人のようにキレイに着飾った女の子た …

落ち着きのない子供になる?「ながら子育て」は今すぐ止めよう!

時間に追われている現代社会では、子育てと言えども例外ではなく、パパもママも子供と …

ハイハイせずに歩きだしちゃった!このままで大丈夫?

赤ちゃんを育てていくうえで、どうしても気になってしまうのが体の発達面です。 首が …

手抜きでOK!おねだり上手ママでパパにも家事参加してもらおう!

共働きをする子育て世代ファミリーはとても増えていますから、家事をママひとりで抱え …

子どもの髪の毛を自宅で切る!上手いやり方とは?

気が付くとすぐに伸びてきてしまう子どもの髪の毛、美容院に行こうにもまだ静かに座っ …

ひらがな学習スタート年齢
子供に「ひらがな」を教えるのは何歳から?4歳からひらがな学習をする子が多い理由とは

小学校では本格的にお勉強が始まりますが、そのなかでも基本はやっぱり「ひらがな」で …

子供の虫歯
赤ちゃんへのキスは虫歯の原因になる可能性あり。キスはほっぺやおでこがいい理由とは

可愛い赤ちゃんは家族にとってアイドルのような存在です。 抱っこして、キスして…で …

ポジティブ思考
子供のポジティブ思考はトレーニングできる!前向きな子供は行動力が高くなる

100人の子供がいれば100通りの考え方があって、明るい子もいれば暗い子もいます …