みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

絵本の読み聞かせは、いつ頃から本格的に始めたらいいの?

   

reading_girl

子どもへの絵本の読み聞かせについて、具体的にいつ頃から始めたら良いのかイマイチわかりづらいですよね。

寝かしつけのときに絵本の読み聞かせをするお母さんもいますし、遊びの一環としておこなう場合もあります。

わたし自身は早いうちから読み聞かせをしたほうがいいのかな?と思って生後半年を過ぎたあたりから、昼間の読み聞かせを始めてみたのですが…

絵本は舐める、破く、取り上げる…ということで、読み聞かせどころではありませんでした。

では、いつ頃から子どもは本に興味を持ち、読み聞かせを始めたら良いのでしょうか?

様々なパターンがあるかとは思いますが、わたしの場合を例に挙げながら説明していきたいと思います。

絵本の読み聞かせは早いうちから始めたほうがいい?

まず絵本の読み聞かせは、なるべく早いうちから始めたほうが良いのでしょうか?

もし寝かしつけのネントレとして読み聞かせをするならば、早いうちから根気よくおこなっていったほうが良いです。

絵本の読み聞かせ=寝る時間だと思わせることができれば、早いうちから寝かしつけに苦労することが少なくなってきます。

もし寝かしつけのときでも絵本を読もうとしたときに、嫌がるようなら無理やり読み聞かせをするのはやめましょう。

絵本が嫌なものだと子どもに思わせないように、寝かしつけの方法は別のことを考えるようにしてください。

昼間読み聞かせをするときは、子どもが絵本を口に入れなくなって落ち着いて座っていられるようになってから読むようにするとスムーズにいきます。

我が家の場合は、最初に購入した絵本がビリビリのドロドロになってしまった反省点を活かして、1歳半を過ぎて何でも口に入れなくなってから読み聞かせを始めました。

絵本に興味を持ってから始めてみましょう

子どもがおとなしく絵本の読み聞かせを聞くことができるようになるには、ある程度の興味がないと注目してくれません。

わたしの場合は、子どもにはじめて読んだ本が果物の絵本だったのですが…

そこまで興味を持てなかったらしく、ただの歯固めになってしまいました。

一時は読み聞かせを諦めて経過観察をしていたところ、子どもがアンパンマンにものすごい興味を持つようになったのです。

そこで、アンパンマンの絵本や付録付き月刊誌のベビーブックなどを買ってみたところ、集中して読んでくれるようになりました。

特にベビーブックは付録もあるので遊ぶのにも困らないですし、歌のコーナーもあるので一緒に歌ったりもできます。

絵本では、言葉で伝えるというよりは感情を大切にして読み聞かせをしています。

1歳半〜2歳半くらいまでは、もしかしたら絵本よりはベビーブックなどのバラエティーに富んだ本のほうが楽しめるかもしれませんね。

我が家でもベビーブックを買い始めて半年が過ぎますが、毎月親子で楽しみながら読んでいますよ!

言葉がわかるようになったら本格的に始めよう!

2歳半を過ぎて、おしゃべりもかなり上手になってきたら絵本の読み聞かせを本格的に進めていきましょう。

絵本は、正しい言葉づかいや感情表現、語彙力などが身につきます。

お母さんも最初はちょっと気恥ずかしいかもしれませんが、大きくハッキリした声でなるべく感情豊かに読むようにしてくださいね。

寝かしつけで絵本を読む場合には、なるべく毎日同じ本をセレクトすると子どもも混乱せずに済みます。

寝る前に2ページ分を読むなどして、毎日少しずつ読んでいきましょう。

子どもはだんだん楽しみになってきて、おやすみの時間になってきたら進んで絵本を持ってきて読み聞かせをおねだりしてくるかもしれませんよ!

子どもは記憶力がとても良いですから、絵本の内容なども覚えてくるようになってきます。

文字がまだ読めなくても、絵本のセリフなどを覚えていることがありますから、一緒に絵本を読んでみて掛け合いをするのも楽しいですよね!

国語のお勉強も兼ねて、一緒に楽しみながら読み聞かせをしていくととても良いと思います。

絵本によって、情緒豊かで相手のことを考えられる人格形成ができるようになりますよ!

まとめ

絵本の読み聞かせをするタイミングやポイントなどをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

絵本は、最初のうちは集中してくれなかったり絵本としての遊び方をしてくれなかったりと、悪戦苦闘するものです。

しかし、子どもが興味を持ったキャラクターのものや絵本以外の本などに親しみながら慣れていくと、だんだんと絵本も楽しんで読んでくれるようになります。

言葉をしっかり理解できるようになったら、感情豊かに大きな声でゆっくり読むようにして、子どもと時には掛け合いをしながら楽しむと良いですよ!

将来本好きな子になってもらうために、今のうちから本に慣れ親しんでおきましょう。

将来的に相手の気持ちがわかるようになる、そして文字が読めて書けるようになる、絵に興味を持つなどのメリットがたくさんある絵本の読み聞かせ。

子どもとお母さんのペースで、楽しみながら本に触れていくことが大切です。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

「子育てでイライラ」はみんなある!気持ちを上手に切り替える方法

小さいお子さんのいるパパママならば、誰だって「イライラ」したことがあるでしょう。 …

子供部屋をオシャレな家具や収納道具でスッキリ!インテリアの選び方

子供部屋ってカラフルな玩具が多く、整理整頓しているつもりでも、どうしても見た目に …

自分の子供と遊んで欲しくない悪い友達との付き合い方、どうしたらいいの?

子供の友達が家に遊びに来たとき、「あれ?この子ちょっと乱暴かな?」「あいさつもし …

妊婦ママ必見!!こんなに簡単に赤ちゃん返りを防ぐ方法!

お腹に赤ちゃんがいると分かるとどうしても意識や考えることがお腹の子・生まれたばか …

卒乳のやり方とベストな時期は?授乳を卒業するまでの道のりを大公開!

母乳育児をしているお母さんにとっては、卒乳の時期というのはとても悩ましいところだ …

「間違った褒め方」をしていると「わざと出来ないフリをする子供」になる?

子供だけに限らず、人間は「褒められたい」という欲求を持っていますよね。大人になっ …

声掛け変換
発達障害の子供にオススメの「声かけ変換表」は大人でも使えて凄い!

みなさんは「声かえ変換表」って聞いたことありますか? これは発達障害を持つお子さ …

集団学習塾
家庭教師と集団学習塾のメリット・デメリット比較。子供に合っているのはどっち?

お子さんの将来のことを考えると、やはり教育には力を注いであげたいものです。 です …

子供を甘やかす
子供を甘やかすのと甘えさせるの違いとは?子供の言いなりになるのは親としてダメな理由

「甘えん坊だなあ」「そんなに甘やかしちゃダメだよ」どちらも同じ「甘える」という言 …

乳幼児の噛み付く、歯ぎしり、歯をカチカチ…考えられる原因は何?

子供と一緒に寝ている時、突然「ぎしぎし」と耳障りな音が聞こえてビックリした!なん …