みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子連れで電車はマナーが心配。どこまで大丈夫??

   

train_meiwaku_family子連れでお出かけはたくさんしたいですよね。でも電車に乗るときにちょっとドキドキハラハラしたことみなさんあるのではないでしょうか?

私は年子で2人いたのでもうハラハラばかりでしたね。大きな声を出したり、うっかり満員電車の時刻に乗ってしまったり・・たくさん失敗し学んできました。

今ではベビーカーでの電車は当たり前になっていますが、マナーの面は大丈夫でしょうか?

見ていると大変そうだな・・でもそれはちょっとどうなの!?っていう親子をけっこう見かけます。子連れだから大変なのはみんな分かってます。

けれど、いろんな人が乗る公共の乗り物、電車。やはりきちんとマナーを意識して乗りたいですね。

ベビーカーはどうする?

一番気になるのがベビーカー問題ではないでしょうか?移動するときも乗るときもとても気を使いますよね。

まずホームを移動するときですがたたまずにエスカレーターを使用するのはNGです。マナー以前にとっても危ないことなので本当にやめてあげてください、子どものために。

それに乗るときも降りるときも後ろがつかえてしまいます。子連れのお出かけにはなにかと時間がかかるものと割り切って、混んでいたり少し遠くてもエレベーターを使ってください。

もしくは一度たたんで階段で運びましょう。そういった姿を見れば周りの人も手伝おうという気になりますし、応援したくなります!

乗るときは、少しでも混んでいると思ったらベビーカーをたたんで子どもは抱っこ、あるいは立たせると良いです。

小さい子が立っていると譲ってくれる人は意外にいるものです。抱っこの場合は、立っていた方が子どもがぐずりにくいことも多いと思いますのでベビーカーとともに端によっていましょう。

なぜ端にかと言えば、ベビーカーがあるからでもありますが子どもの靴が人にあたりやすいからです。思い浮かべてみるとちょうど靴が大人の腰あたりにきてしまうんですね。

特に、とっても大切なお洋服を着ている人なんかはかなりヒヤヒヤしてしまうでしょう。そういったことの積み重ねで子連れ批判をする人が多くなってしまうんです。

それはとても残念なことです。本来、子は宝ですからね!!端に寄れない時は、少し面倒でも靴を脱がしましょう。

少しの時間なら子どもに自分で立ってもらったほうがいいですね♪

子どものぐずりはどうする?

電車が嫌いな子もいますし、もともとぐずりやすい子の場合、電車に乗るのは本当に大変だと思います。どれだけのママたちが「泣き止めーー!」と願っただろうと思います。

普段はある程度放っておいても問題のないぐずりですが、密室の中でのぐずり声や泣き声ってけっこう耳に響きます。

子育てをしていると耳が慣れてきていたりしますがそうでない人がほとんどなのが電車内。頑張ってあやしてください!

泣き止ませるためではありません、泣き止まなくてもいいんです。必死に泣き止まそうと親が頑張っているのに文句を言う人はあまりいません。

気持ちの問題なんです。子どもが泣いているのに平気で携帯をいじる親もいる今の世の中です、、泣き止ませようと思ってる姿勢を見せることで周りの見る目も変わります。

電車内の雰囲気が悪くなるのを感じたことはありませんか?私はあります。子どもがどうしても泣き止まず、たまたま乗り合わせた方が子ども嫌いそうな人ばかり。。そんな時には一度降りるのも手だと思います。

本当時間もかかりますし、乗り降りすら大変だとは思います。でも子どもを連れて電車でお出かけするってそういうことなんです。

そこで!ぐずらせない方法を考えて乗ることが重要になってきます。事前になにか準備はしていますか?お気に入りの本や手遊び、なにかしらありますよね。

おすすめなのは携帯で写真を見ることです。これなら荷物も増えません。私はそのために「子どもが好きな写真」を入れて置くフォルダも用意していました。

毎回同じだと子どもも飽きてしまうのでネットから画像を拾ってたくさん追加していました。子どもの好きなものならどんな写真でも構わないのです。

車、動物、キャラクター、思い出の写真、おいしそうなもの等いろんなものを用意するといいと思います♪

子どもにもマナーを教える

子どもがおしゃべりできるようになったら、親が率先して電車でのマナーを教えてあげてください。

電車に乗っているときに教えれば子どもの頭にも残りやすいでしょう。そして大人には当たり前のことも子どもには分かりません。

ですから子どもの「どうして?」「なぜ?」にはしっかりと答えてください。分からないから聞いているのですから。

特に教えたいのは優先席についてです。どうしてそういったものがあるのかしっかりと学ばせていきたいですよね。

まとめ

子連れだからしょうがない、子どもなんだからしょうがない、そう開き直っている方をたまに見かけます。「しょうがないじゃない」なんていう思いでいると相手も「疲れてるんだから席譲らなくてもいいじゃない」なんて思いになり悪循環しか生まれなくなってしまいます。

それってすごく悲しいことだと思いませんか?相手を思いやる気持ちや謙虚さは忘れずに持ち合わせていたいです。

マナーとは難しいことではなく相手への思いやりだと思います♪




おすすめ記事


 - おすすめ, 子育てお役立ちコラム, 未分類

  関連記事

外出先での子供の迷惑行為…子供に腹を立てているのではなく、見られているのは「親の態度」です

最近のニュースで、ベビーカーで赤ちゃんを連れたママがバスに乗ったとき、赤ちゃんが …

断捨離の効果で運気改善!断捨離ライフで子育ても楽しくなるその方法とは?

最近はもう聞き慣れたこの「断捨離」という言葉ですが、子育て中のママは育児に忙しく …

避けられないママ友とのお付き合い…上手にこなしてストレスを無くしませんか?

幼稚園、小学校など、子供が大きくなるにつれて「ママ友」の存在は頼もしいと感じる一 …

ぐずる子ども
朝の忙しい時に子供をぐずらせない方法。スムーズに幼稚園まで送り届けるコツとは?

子育てをされているご家庭にとって、朝の忙しさと言ったらありません! 共働き家庭な …

ひらがな学習スタート年齢
子供に「ひらがな」を教えるのは何歳から?4歳からひらがな学習をする子が多い理由とは

小学校では本格的にお勉強が始まりますが、そのなかでも基本はやっぱり「ひらがな」で …

中学生のニキビ治療
中学生の思春期ニキビ治療法&予防法。スキンケアで10代の肌荒れは防げます

早い子で小学校高学年になると、顔にニキビが出始めます。 中学生特有の思春期ニキビ …

学資保険
学資保険の仕組みと選び方。貯蓄型と保証型の特徴とメリット・デメリットまとめ

子供の養育費のこと、みなさんはどのように考えていますか? 「まだ赤ちゃんだし、必 …

「いつまで寝てるの!」子供がひとりで起きられるようにするには?

生活のリズムを整えるためにはやはり「早寝早起き」が大切ですよね。だけど、前の日早 …

赤ちゃんの肌がカサカサに!乾燥肌を防ぐ方法とは?

赤ちゃんの肌というと、ぷにぷにしていて柔らかく滑らかなのを想像しますが… 実は肌 …

英語を話せる子供に育てる為の教育法!英語教育は恥ずかしがり屋にならない事が大切です

英語が世界共通言語であるのはみなさん知っていると思いますが、日本の子供たちは、先 …