みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

飲食店で市販のベビーフード、勝手に食べるのってアリ?

   

syokuji_baby_kitanai

まだまだ産まれたばかりの頃は、大人の分だけご飯を用意すれば良いので外食も比較的大人の都合で選べるので楽でしたよね。

しかし赤ちゃんの離乳食が始まると、途端に赤ちゃんの都合に合わせて外食をすることになります。

特に気掛かりなのが、離乳食を持ち込めるのかどうか、ということですよね。

中には、テーブルにつくなりサッサと市販のベビーフードを取り出して食べさせているという光景を見ることが多いですが…

実は、この行動はお店側からするとちょっと迷惑な行為だったりするので、注意が必要なのです!

わたしは、最初にお店に入る前の段階で店員さんに「離乳食の持ち込みって大丈夫ですか?」と聞いていました。

実際、断られたことも何回かありましたし、やはりお店によって判断基準が違うので、はじめに確認しておく必要があるのです。

そこで今回は、0歳児を連れて外食するときの心得と、飲食店で離乳食を持ち込むのはアリなのか?

そしてワンポイントアドバイスを説明していきたいと思います。

0歳児を連れて外食するときの心得とは?

まず、0歳児だとなかなか静かに席に座って食べるということが難しい場合が多いと思います。

例えば、フォークやスプーンをうまく使えずに手で食べようとしてしまったり、食器を投げてしまったり…。

そこで外食をするときには、もし赤ちゃんがうまくスプーンやフォークを使えない場合は外食の時だけお母さんが食べさせてあげるようにしましょう。

食器使いの練習は家でいくらでもできるので、外ではキレイに食べられるようにしていくと良いですよ。

わたしの場合は、家ではしっちゃかめっちゃかに汚しながら食べて食器使いの練習をしていましたが…

外食のときは周りの人もいるので、わたしが全てスプーンでキレイに食べさせていました。

周りが汚れたらすぐに拭き取って、床に落としたご飯などはこまめに拾って周りの人たちにも嫌な印象を与えないように気をつけていました。

こうすることで、わたしたち親も余計な心配をせずに外食を楽しむことができていましたよ!

飲食店でベビーフードを持ち込むのって、アリ?

飲食店に行って、市販のベビーフードや手作りの離乳食を持ち込むのは大丈夫なのか気になりますよね。

お店によっては、手作りのものは食中毒のリスクがあるということで断られることも多々あります。

市販のベビーフードの場合はオッケーということもありますので、外食するときには市販のベビーフードを用意しておくといいかもしれませんね。

このとき、一度にたくさん開封してしまうのではなく、食べられる分のみ食べさせるようにしておくと安心です。

わたしは良く、低月齢のときは瓶入りのベビーフードにしていました。

少し食べられるようになると、おかずとご飯がセットになっているお弁当タイプのベビーフードを利用していました。

ただ、赤ちゃんが食べられるようなメニューがある場合や、ベビーフードや離乳食がメニューに記載されているようなお店では、持ち込みはしないようにしていました。

我が家では子どもが離乳食を始めたくらいからだんだん外食をする機会が増えていったので、利用する際は先にお店のホームページに記載されているメニューなどで、赤ちゃんが食べられそうなものがあるかチェックしていました。

お母さんたちが書き込む、とある掲示板で見たのですが…意外とベビーフードを飲食店に持ち込むことを良しとしない感覚のお母さんも多かったので、ここは周りの雰囲気を感じとって気をつけていきたいですね。

店員さんに一言、聞いてみましょう!

まず、飲食店に行ったときには…当たり前のように持ち込みの離乳食を広げるのではなく、あくまで「外食」だということを頭に入れておきましょう。

そこで、一番手っ取り早い方法は店員さんに離乳食の持ち込みは大丈夫かどうか尋ねることです。

席につく前に聞いてしまえば、お互いに嫌な思いをせずに済みますし、お互いに悪い印象は持たないのではないでしょうか。

ファミレスでも、暗黙の了解と言った感じで離乳食を当たり前のように食べさせてしまいがちです。

しかし、店員さんに一言「離乳食持ってきたものを食べさせても大丈夫ですか?」と聞くだけでとても好印象になります。

この一言が、いくら一期一会の店員さんとお客さんの出会いであってもお互いに良い記憶として残るのです。

そしてできれば、食べ終わった離乳食はそのままにせずに持って帰るくらいはしたいですね。

飲食店は、一度働いたことのある人はわかるかもしれませんが、キッチン内でゴミの分別をしています。

そのため、できれば自分たちが持ち込みをして出したゴミは責任を持って持ち帰る気遣いは必要だと思います。

まとめ

まだ離乳食を始めて間もない赤ちゃんと外食をする際の注意点や、飲食店での配慮のポイントなどをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

赤ちゃんと外食するのは、なかなか気を遣う部分もあってちょっと疲れてしまいますよね。

でも、必ずしも家で食べているようにする必要はありません。

お母さんがうまく食べられるようにサポートしてあげれば、赤ちゃんの自信にもつながります。

そして、離乳食の持ち込みに関しては店員さんに一言持ち込みの可否について尋ねるようにして、トラブルが起こらないように配慮していきましょう。

赤ちゃんと、ぜひ楽しい外食タイムを過ごしてくださいね!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

集団学習塾
家庭教師と集団学習塾のメリット・デメリット比較。子供に合っているのはどっち?

お子さんの将来のことを考えると、やはり教育には力を注いであげたいものです。 です …

避けられないママ友とのお付き合い…上手にこなしてストレスを無くしませんか?

幼稚園、小学校など、子供が大きくなるにつれて「ママ友」の存在は頼もしいと感じる一 …

子どもの散髪
小さな子供の髪を自宅でカットする時に心得たいポイント4つ

子供が小さいうちは、子供自身が美容院に行きたがらない、費用を節約したい等の理由か …

育児腰痛
育児腰痛を和らげる4つのコツとおすすめストレッチ

産後、腰痛に悩まされる女性はとても多いと言われています。 その原因のひとつが“骨 …

「赤ちゃん言葉」は子供の言語発達に効果的!子育ての時は赤ちゃん言葉を使おう

「赤ちゃんに話しかけるときは、大人の使う言葉の方が良いのでは?」という考えを聞い …

長所子ども
子供の直したい「マイナス行動」短所も裏を返せば長所になる

「落ち着きがない」 「あれもこれも人にやってもらう」 などなど、子供の行動には「 …

ファーストフードを子供に食べさせて栄養は大丈夫?外食するときの注意点

子供と出かけた時に、帰宅してご飯を作るのが面倒なことってよくありますよね。だから …

自分の意見をハッキリ言える意思の強い子供を育てる方法とは?

日本には「奥ゆかしい」「以心伝心」など、古来より独自の文化を育んできました。 こ …

子供の五感は外遊びで鍛える事ができる!自然とのふれあいが子育てに役立つ理由とは?

人間の「五感」はお母さんのお腹の中にいる胎児のころに原形が形成されると考えられて …

子供のやる気を引き出す
子供のやる気を引き出すのは「がんばれ!」ではなく「あなたにしか言えない褒め言葉」

子供が勉強や運動を一生懸命取り組む姿を見て「がんばれ!」と声をかけることは良くあ …