みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供の五感は外遊びで鍛える事ができる!自然とのふれあいが子育てに役立つ理由とは?

      2015/07/27

0もりード
人間の「五感」はお母さんのお腹の中にいる胎児のころに原形が形成されると考えられています。
そして産まれてからもさらに発達をとげるのです。

改めて「五感」について考えてみましょう。

人間の感覚を司る素晴しい「五感」の存在

みなさんもよく知っていると思いますが、「視覚」「聴覚」「味覚」「嗅覚」「触覚」これを総合して「五感」とよびますよね。
一番最初に発達するのは触覚で、お腹の中で指をしゃぶったりしている赤ちゃんのエコー写真など見た事ありませんか?

それも立派に感覚が育っている証拠だというのです。凄いですよね!

「五感」の発達は脳の活性化につながります

先ほどの触覚では、「指しゃぶりをすること=心地いい」すなわち「指に触れた刺激=脳へ伝達」されるのです。
体からの感じる全てのことが脳への伝達信号となり、その繰り返しで脳の神経回路が発達していきます。ですから、五感が刺激されるということは、脳も活性化することにつながるのですね。

昔からの遊びは「五感」を育てるのに最適だったのです

現代の子供たちの遊びと言えば「携帯ゲーム」などの機械的なものが代表になってしまっています。
時代の流れといってしまえばそれまでですが、五感を鍛えることに適合しているとは言えないでしょう。

子供にとって「五感」を鍛えるのに最適なこと、それは「外遊び」です。

とってもシンプルですよね!
どろんこでベタベタになったり、自然の花のにおいを感じたり、山の清々しい緑を見たり…雨やカミナリ、虫に刺されるなどの危険も含めて、自然からは多くの事を学んできました。

友だちと遊ぶことでコミュニケーション能力も身に付きますし、元気に走り回ることで体力もつきます。外へ出て、自然の中で遊ぶことは、五感をフル活用していることになるのです。

テレビやゲームの時間を減らすだけでも効果はあります

現代を生きる子供たちに、テクノロジーを全く与えないで育てるというのも、なかなかできないのが現実ですよね。とはいえ、やはり自然を感じて子供の感性を育ててあげたいとは思いませんか?

ですから、今までのテレビやゲームの時間を少し、外遊びの時間にするだけでいいのです。それだけでも脳の発達が著しい子供は、気持ちも切り替わりますし、外の風や空を感じるだけでも、五感は十分働くでしょう。
もちろん、存分にどろんこもさせてあげたいですね。汚れてもいい格好でのおでかけをおすすめします。

いかがでしたか?
「五感」を鍛えることは、昔から誰もがしてきた「外遊び」の中にあったんですね。
何でも不自由なく遊びを与えられる現代のこどもたちだからこそ、率先して「外遊び」をすることが、改めて必要となってしまっているのかもしれません。

五感が育つということは、アイデアがひらめくための直感力だったり、相手の気持ちを汲み取る力だったり、人間の繊細で最も大切な部分を養うことだと思います。

自然の力を、お子さんにもいっぱい吸収させてあげましょう。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供とふれあう時間が少ない共働きのママは『絵本の読み聞かせ』をしてみよう。心を豊かにする絵本の話

ママの一日は忙しい。朝からお弁当を作って(家庭によっては数個作る場合もあります) …

嘘
反省のない子供の「嘘」はママの心の問題が大きく関係している

「嘘つきは泥棒の始まりだよ!」子供が何か「嘘」をついてしまったとき、親として悲し …

卒乳のやり方とベストな時期は?授乳を卒業するまでの道のりを大公開!

母乳育児をしているお母さんにとっては、卒乳の時期というのはとても悩ましいところだ …

妻でも女!何気ないモテ行動で旦那さんを「ドキッ」とさせると子育ても上手くのです

結婚して子供を産んで、毎日バタバタと過ぎてゆく…。ママ業はとっても忙しいので、自 …

子供の話を聞く事の重要性。子供との信頼関係は聞くことから始まる

子供にとって、親に話を聞いてもらうことはとても大切なことです。親子のコミュニケー …

「良く噛んで食べなさい!」は子供の集中力をアップするのに最適だった!

昔からお母さんに「食べ物は良く噛んで食べなさい!」と言われてきましたよね。 実は …

赤ちゃんのデリケートなお肌を守りたい。どんな石鹸を使えばいいの?

赤ちゃんの肌はつるつる・すべすべで、ぷくぷくしていて真っ白で何といってもみずみず …

活発な子どもを見ながらご飯支度…どうしたらいいの?

10ヶ月くらいになると、子どももだんだん行動範囲が広がってきて、活発になってきま …

集団学習塾
家庭教師と集団学習塾のメリット・デメリット比較。子供に合っているのはどっち?

お子さんの将来のことを考えると、やはり教育には力を注いであげたいものです。 です …

叱るとき・怒るとき・注意するとき、上手に使い分けて怒りんぼママから素敵ママに大変身!

育児中は、叱る・怒る・注意、この3つを無意識に使っていると思います。ですが、無意 …