みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供の五感は外遊びで鍛える事ができる!自然とのふれあいが子育てに役立つ理由とは?

      2015/07/27

0もりード
人間の「五感」はお母さんのお腹の中にいる胎児のころに原形が形成されると考えられています。
そして産まれてからもさらに発達をとげるのです。

改めて「五感」について考えてみましょう。

人間の感覚を司る素晴しい「五感」の存在

みなさんもよく知っていると思いますが、「視覚」「聴覚」「味覚」「嗅覚」「触覚」これを総合して「五感」とよびますよね。
一番最初に発達するのは触覚で、お腹の中で指をしゃぶったりしている赤ちゃんのエコー写真など見た事ありませんか?

それも立派に感覚が育っている証拠だというのです。凄いですよね!

「五感」の発達は脳の活性化につながります

先ほどの触覚では、「指しゃぶりをすること=心地いい」すなわち「指に触れた刺激=脳へ伝達」されるのです。
体からの感じる全てのことが脳への伝達信号となり、その繰り返しで脳の神経回路が発達していきます。ですから、五感が刺激されるということは、脳も活性化することにつながるのですね。

昔からの遊びは「五感」を育てるのに最適だったのです

現代の子供たちの遊びと言えば「携帯ゲーム」などの機械的なものが代表になってしまっています。
時代の流れといってしまえばそれまでですが、五感を鍛えることに適合しているとは言えないでしょう。

子供にとって「五感」を鍛えるのに最適なこと、それは「外遊び」です。

とってもシンプルですよね!
どろんこでベタベタになったり、自然の花のにおいを感じたり、山の清々しい緑を見たり…雨やカミナリ、虫に刺されるなどの危険も含めて、自然からは多くの事を学んできました。

友だちと遊ぶことでコミュニケーション能力も身に付きますし、元気に走り回ることで体力もつきます。外へ出て、自然の中で遊ぶことは、五感をフル活用していることになるのです。

テレビやゲームの時間を減らすだけでも効果はあります

現代を生きる子供たちに、テクノロジーを全く与えないで育てるというのも、なかなかできないのが現実ですよね。とはいえ、やはり自然を感じて子供の感性を育ててあげたいとは思いませんか?

ですから、今までのテレビやゲームの時間を少し、外遊びの時間にするだけでいいのです。それだけでも脳の発達が著しい子供は、気持ちも切り替わりますし、外の風や空を感じるだけでも、五感は十分働くでしょう。
もちろん、存分にどろんこもさせてあげたいですね。汚れてもいい格好でのおでかけをおすすめします。

いかがでしたか?
「五感」を鍛えることは、昔から誰もがしてきた「外遊び」の中にあったんですね。
何でも不自由なく遊びを与えられる現代のこどもたちだからこそ、率先して「外遊び」をすることが、改めて必要となってしまっているのかもしれません。

五感が育つということは、アイデアがひらめくための直感力だったり、相手の気持ちを汲み取る力だったり、人間の繊細で最も大切な部分を養うことだと思います。

自然の力を、お子さんにもいっぱい吸収させてあげましょう。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供を入れるなら幼稚園と保育園どっちがおすすめ?預ける施設の違いと選び方

幼いお子さんを持つパパママにとっては、家族以外の人の所へ預ける場所となる、幼稚園 …

運動会シーズン到来!つい言ってしまう「頑張れ!」は子供には逆効果かもしれません

10月になると運動会を行なう幼稚園や小学校もたくさんあり、パパもママもおじいちゃ …

「間違った褒め方」をしていると「わざと出来ないフリをする子供」になる?

子供だけに限らず、人間は「褒められたい」という欲求を持っていますよね。大人になっ …

幼児期の子供に見せたいおすすめのテレビ番組5つ。ピタゴラスイッチなど教育に役立つテレビ番組とは

テレビを見ることが子供の脳や知能に悪影響を及ぼすという話題が大きく取り上げられる …

潤ってると思われがちな赤ちゃんの肌の皮脂量…実は大人の半分!赤ちゃんの乾燥肌対策していきましょう

よくキレイで潤いのあるお肌のことを「赤ちゃん肌」などと表現する事がありますが、実 …

子供がテレビばかり見ていて心配な親御さん必見。簡単な室内遊びで子供の集中力を育てよう!

雨の季節は外遊びも出来ないので、家にこもりがちになってしまいますよね。何もするこ …

子育てならぬ「孤育て」に悩むママが増えている…「孤育て」にならない為に出来る事を実践していきましょう

「何で私だけが子育てしなくちゃいけないの?」「子供と二人きりの毎日で社会から取り …

集団学習塾
家庭教師と集団学習塾のメリット・デメリット比較。子供に合っているのはどっち?

お子さんの将来のことを考えると、やはり教育には力を注いであげたいものです。 です …

ママも子供も幸せになれる方法は「下から目線」の子育て

寝返りができて、お座りが出来るようになって、歩けるようになって…どんどん成長して …

駄々っ子な子どもに苦労していませんか?だだをこねるには理由があるんです!

スーパーで「買ってかってー!泣」と駄々をこねている子どもを一度は見たことあります …