みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

なかなか思う通りに言うことを聞いてくれない!イライラしないためには?

   

kigae_boy

イヤイヤ期に突入すると、今まで思い通りにならなかった我が子が、ますます思い通りにならなくなってイライラしてしまうことも少なくありません。

でも、毎日続く子育て…なるべくならイライラを最小限に抑えながら暮らしていきたいものです。

わたしも朝食から着替えに至るまで、すべてがスムーズに進まなくて…

自分が思い描いていた時間通りに事が進まなくて、つい大きな声を出してしまったり、イライラしてしまう事が多々あります。

でも、子どももまだ成長過程にあるので、決して悪気があってイヤイヤをしているわけではないのです。

そこで今回は、そんなイヤイヤ期に突入したお子さんを育てるママに向けて、毎日をイライラしないように過ごすコツをご紹介したいと思います。

時間に余裕を持って行動をするようにする

子育て以外でも、人は時間に追われてしまうとついイライラしてしまいますよね。

子どもがなかなか言うことを聞いてくれないときの感情って、車移動をしていて渋滞にハマってしまい、約束の時間に間に合うかどうかわからなくなってイライラしているときの感情に似ていると思うのです。

このように時間に余裕がなく生活をしていると、子育てでもイライラしやすくなってしまいます。

わたしは、いつも誰かと約束があるときには約束の時間に間に合うように出かける30分前にはすべての支度が済むように、早め早めに準備をさせています。

2歳くらいになってくると、着替えもお母さんがやってあげたほうが早く済むのですが、まず自分でやりたがるのでそれは無理になってきます。

そのため、子どものペースに合わせる事になるので、いつもよりも倍以上の時間がかかると想定していかなければならないのです。

準備さえ先に済ませておけば、心にも余裕が生まれるので…

「急いで急いで!」といった、子どもを急かすようなセリフも出てこなくなります。

30分前に靴下まで履かせておけば、「出発の時間まで一杯お茶でも飲んでおこうかな」などとリラックスできますよ!

嫌がることは、無理やりやらずに自主性を尊重する

イヤイヤ期の子どもは、自立性が育まれているのでとにかく何でも自分でやりたがります。

先ほど例にした着替えの件についても、本当は急いでいるときはお母さんがパパッと着替えさせるのが一番早く終わるのですが、子どもはそれを拒否するのです。

自分でやりたい!という考えが強く、手伝うことを拒むのでお母さんはつい…

「何でさっさと着替えられないの!」

と、感情的になりやすくなってしまいます。

しかし、子どもは自分で何かを成し遂げる事によって、また一歩成長していっているのです。

最初は袖を通すこともできなかったのに、今では時間はかかるけれど、ひとりで脱ぎ着ができる…

靴下も靴も自分で履くことができる…

長い目で見れば、今だけお母さんが見守っていれば後々子どもだけでできてしまうのですから、お母さんは楽ができるということなのです!

イヤイヤをするということは、何かを自分でやりたいと思っていることなので、ここはグッと我慢して子どもの自主性を尊重するようにしましょう。

明るい未来を提案する

買い物に出かけたとき、お菓子売り場やおもちゃ売り場でバタバタしている子ども、見かけますよね。

おそらく我が子も、そんな子どもの一種です。

こんなとき、ついお母さんは周りの目線もあったりして感情的になり、大きな声で

「これはダメ!!」と言ってしまうことが多いと思います。

しかし、ただ単に「ダメ」というだけでは子どもにとっては「何に対してダメと言われているのかわからない」という状態になってしまうのです。

そこで、お母さんは子どもに「帰ったらもっと美味しいおやつが食べられるからね」

などと、今よりももっと明るい未来が待っているから、今は我慢しようねということを優しく伝えるようにします。

荒れ狂っている子どもをひとまず起こして、肩を抱いて同じ目線に立ち、目を見ながらきちんと伝えます。

すると、子どもなりに「帰ればもっと今よりも楽しいことがあるんだ!」と希望が湧いてきてワクワクしてきます。

これでおとなしくさせるのです。

もちろん、約束通り家に帰ってから「もっと美味しいおやつ」を与えることはしなくてはなりませんので、そこは準備が必要ですが…

お店に入る前に、「お店できちんと良い子にしていられたら〇〇してあげるからね」

などと良い条件を提示することも効果的です。

お店でひっくり返って暴れる子どもには、ぜひ試して欲しい方法です。

我が家でも、いつもこの声かけを忘れずにおこなったところ、あまりかんしゃくを起こさなくなりました。

まとめ

イヤイヤ期真っ只中の言うことを聞かない子どもに対してイライラしない方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

時間には余裕を持って行動することは、子育て以外でもイライラしない秘訣ですよね。

そして子どもの自主性にはなるべく従って、自分のことは自分でさせることも大切です。

また子どもに、明るい未来が待っていることを伝えてかんしゃくを鎮める方法もご紹介してきました。

今よりも楽しいことが待っている、と聞くと子どもの意識はそっちにシフトするものなのです。

ときにはイライラすることもあるかもしれませんが、毎日イライラしているようであれば、ぜひこの方法を試して少しでも笑顔で子どもと楽しく生活できるように工夫していきましょう!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

幼児の英才教育は気をつけないと失敗して「ダメな子」になってしまう!

幼児期にあれもこれも習わせてあげたいと思うのは、将来の子供のことを案じて出来る限 …

「どうして勉強するの?」子供の質問に答えられますか?

子供に毎日「勉強をしなさい」「宿題をしなさい」とオウムのように毎日繰り返し言うこ …

子供に算数力を簡単に教える方法。日常生活で実践してみましょう!

子供の頃から将来にかけて、生活していく上で一生必要になってくる「算数力」。 文字 …

子供に「自分を知る」機会を与えていますか?親の押しつけは子供の希望を奪ってしまう!?

幼児期のお子さんを持つパパママにとって、わが子がどんな大人になるのか心配、あるい …

子供の朝食はなぜ必要?成長期の子供に必要な栄養はどんなもの?

幼児から中学生までの子供の、90%以上は朝食を食べているという調査結果が出ていま …

「間違った褒め方」をしていると「わざと出来ないフリをする子供」になる?

子供だけに限らず、人間は「褒められたい」という欲求を持っていますよね。大人になっ …

小学生の子供にキッズ携帯を持たせるメリット・デメリット・注意点まとめ

子供が小学生になると、学校への行き帰りや習い事の都合などでキッズ携帯を持たせよう …

親の行動が子供の好奇心を奪ってしまうかも?「無意識過保護」に要注意!

自分でいろいろ出来るようになる2〜3才ごろは、親としては心配な時期でもあるし、成 …

子供のコミュニケーション力
コミュニケーション力の高い子供に育てる方法は?外に遊びに行くことの大切さ

近年、文部科学省では「コミュニケーション教育推進会議」を設置し、子供たにのコミュ …

姉妹喧嘩の仲裁
姉妹喧嘩が絶えない子供には共感を示すことで仲裁できる

姉妹の喧嘩は兄弟に比べると比較的おとなしめ・・・と思われがちですが、実はその根は …