みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

叱り方を間違えて「無気力な子供」になってしまう育て方していませんか?

      2015/07/28

imanges
子供は環境で育つと言われています。
どんなふうにパパやママと関わって来たのかは、その子の人格や性格にも大きく影響していきます。

近年「無気力な子」が増えていると懸念されることもありますが、それは育て方に関係しているのかもしれません。

「怒られてばかりいる子供の将来は危険だ」というのを聞いた事はありませんか?

大切なお子さんですから、些細なことにもパパママは敏感になってしまうのが親心ですよね。
「早く片付けなさい!」「ちゃんと勉強しろ!」子供の事を思えばこその言葉ですが、ちょっと心配なのは「怒りすぎていないか」ということです。

「怒られてばかりいる子供」の将来には危険が潜んでいるという話もよく聞きます。では、どうしたリスクがあるというのでしょうか?

子供は「嫌な気持ち」から解放されません

パパやママからいつも怒られているということは、子供はその度に「嫌な気持ち」になっていますよね。
「あれやれ!これやれ!」と怒られたとき、言う事を聞かなくてはまた怒られますから、ちゃんと言われたことはやるでしょう。

だけど、この時の子供の気持ちの中では、「また怒られるのが嫌だから言う事を聞いているだけ」で、自分の気持ちで行動しているのではないのです。

怒り続けると子供の「自主性」を妨げることになります

そうして常に怒られて育ってしまった子供は、自分の気持ちで行動しなくなります。
もっと言ってしまえば、「怒られなくては何もやらない子供」になってしまうのです。

これは、自分で考えて行動する力が乏しくなっていると言わざるをえない状況です。結果、怒られて育つ子供は「自主性」が育たなくなってしまうのです。

全ての行動の基準が「恐れ」になってしまうリスクがあるのです

子供って、興味を持ったことに対してまず行動してみますよね。「あれやりたい!これやりたい!」と、自由な発想で物事に取り組むのが、本来の子供の姿です。

しかし、怒られ続けて育った場合の子供はどうでしょうか?まずパパママに「怒られないかどうか」を判断基準にしてしまいますよね?「あれやりたいけど、怒られるかもしれない…」という「恐れ」の方が興味関心よりも勝ってしまうのです。これは子供にとっては本当につらいことです。

「怖いから何もできない」はいずれ「何もしたくない」に変わっていき、最終的には何もしない「無気力な子」になってしまうのです。

今まで怒り過ぎたかも…でもまだ間に合います!

これまでのお子さんとの関わりで「もしかすると怒り過ぎてきたかもしれない」と反省した方もいらっしゃるかもしれません。
だとするど、子供はずっと「否定」され続けたことになるので、まずは「その子自身を受け止める」ところからスタートして下さい。

子供の話を最後まで聞いてあげて「それでいいんだよ」と「肯定」してあげましょう。
そのことが子供の心をほぐす一番いい方法です。

子育てに遅すぎることはありません。その子を思いやる気持ちがあれば、きっと伝わるはずです。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供の食べ物の「好き嫌い」を克服するには?

お子さんが成長して大きくなるにつれて、食べ物の好き嫌いは、パパママにとっても悩み …

乳幼児の噛み付く、歯ぎしり、歯をカチカチ…考えられる原因は何?

子供と一緒に寝ている時、突然「ぎしぎし」と耳障りな音が聞こえてビックリした!なん …

0才の赤ちゃんでもお片づけ出来るの!?無理なく「片付け上手」な子供に育てましょう

愛おしい我が子の笑顔は、パパママにとってなによりの宝物ですよね。おもちゃで遊ぶ姿 …

なかなか思う通りに言うことを聞いてくれない!イライラしないためには?

イヤイヤ期に突入すると、今まで思い通りにならなかった我が子が、ますます思い通りに …

「奴隷おじさん」が書類送検された事件…こうした事件から子供を守るにはどうしたらいいのでしょうか?

最近のニュースで「奴隷おじさん」と呼ばれる50代の男性が女性に声をかけ、書類送検 …

子供のマナー
挨拶や靴揃え、言葉遣いなど正しいマナーを子供に教える方法

子供は親の行動をよく見ています。そして、子供は親を無意識のうちにお手本にして育ち …

ダラダラ叱るのは逆効果!?「一発」で子供に届く叱り方に切り替えよう!

子供を叱るのは、今後、同じ間違いをしないようにして欲しい…という親の気持ちを子供 …

子どもの髪の毛を自宅で切る!上手いやり方とは?

気が付くとすぐに伸びてきてしまう子どもの髪の毛、美容院に行こうにもまだ静かに座っ …

自分を許してあげると家族も幸せに!?「シャンパンタワーの法則」で幸せ時間を過ごそう

「子育てをするのが辛い…」「失敗ばかりで落ち込んでしまう」子供を持つママにはさま …

赤ちゃんに健やかな「眠育」を!眠りやすい環境の作り方とは?

産まれたばかりの赤ちゃんは、眠って起きての繰り返しを一日中していますよね。それは …