みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

叱り方を間違えて「無気力な子供」になってしまう育て方していませんか?

      2015/07/28

imanges
子供は環境で育つと言われています。
どんなふうにパパやママと関わって来たのかは、その子の人格や性格にも大きく影響していきます。

近年「無気力な子」が増えていると懸念されることもありますが、それは育て方に関係しているのかもしれません。

「怒られてばかりいる子供の将来は危険だ」というのを聞いた事はありませんか?

大切なお子さんですから、些細なことにもパパママは敏感になってしまうのが親心ですよね。
「早く片付けなさい!」「ちゃんと勉強しろ!」子供の事を思えばこその言葉ですが、ちょっと心配なのは「怒りすぎていないか」ということです。

「怒られてばかりいる子供」の将来には危険が潜んでいるという話もよく聞きます。では、どうしたリスクがあるというのでしょうか?

子供は「嫌な気持ち」から解放されません

パパやママからいつも怒られているということは、子供はその度に「嫌な気持ち」になっていますよね。
「あれやれ!これやれ!」と怒られたとき、言う事を聞かなくてはまた怒られますから、ちゃんと言われたことはやるでしょう。

だけど、この時の子供の気持ちの中では、「また怒られるのが嫌だから言う事を聞いているだけ」で、自分の気持ちで行動しているのではないのです。

怒り続けると子供の「自主性」を妨げることになります

そうして常に怒られて育ってしまった子供は、自分の気持ちで行動しなくなります。
もっと言ってしまえば、「怒られなくては何もやらない子供」になってしまうのです。

これは、自分で考えて行動する力が乏しくなっていると言わざるをえない状況です。結果、怒られて育つ子供は「自主性」が育たなくなってしまうのです。

全ての行動の基準が「恐れ」になってしまうリスクがあるのです

子供って、興味を持ったことに対してまず行動してみますよね。「あれやりたい!これやりたい!」と、自由な発想で物事に取り組むのが、本来の子供の姿です。

しかし、怒られ続けて育った場合の子供はどうでしょうか?まずパパママに「怒られないかどうか」を判断基準にしてしまいますよね?「あれやりたいけど、怒られるかもしれない…」という「恐れ」の方が興味関心よりも勝ってしまうのです。これは子供にとっては本当につらいことです。

「怖いから何もできない」はいずれ「何もしたくない」に変わっていき、最終的には何もしない「無気力な子」になってしまうのです。

今まで怒り過ぎたかも…でもまだ間に合います!

これまでのお子さんとの関わりで「もしかすると怒り過ぎてきたかもしれない」と反省した方もいらっしゃるかもしれません。
だとするど、子供はずっと「否定」され続けたことになるので、まずは「その子自身を受け止める」ところからスタートして下さい。

子供の話を最後まで聞いてあげて「それでいいんだよ」と「肯定」してあげましょう。
そのことが子供の心をほぐす一番いい方法です。

子育てに遅すぎることはありません。その子を思いやる気持ちがあれば、きっと伝わるはずです。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子どもの幼稚園、何を基準にして決める?プレに入らないと入園できないってホント?

子どもの幼稚園、どうやって決めれば良いのか悩みますよね。 家から近い方がいいのか …

子供の爪噛み
子供の爪を噛む癖を止めさせたい!爪噛み習慣の原因と辞めさせる方法

たまに大人の人にも見かけますが「爪を噛む」というこの行為、あまり気持ちのいいもの …

「昼間はトイレでおしっこ出来るのに…」おねしょは子供を叱っても意味がありません

トイレトレーニングを始めるようになり、順調に「ママ!おしっこ出る〜!」と昼間教え …

先回りし過ぎて子供の「表現力」を潰してしまっていませんか?豊かな表現力を身につける為にできる事とは?

世の中を見渡してみると、社会で成功していたり、家庭で幸せを築いている人たちって、 …

どうすればいいの?上手な「ママ友付き合い」をする方法とは?

幼稚園や保育園に入園すると、子供も心配ですが、「ママ同士」のお付き合いも気になっ …

お出かけ前のゲリラ豪雨対策。お天気チェックは前日からしっかりと

最近の気象状況はとても複雑で、突然のゲリラ豪雨に困らされた経験、きっとあると思い …

子育てに重要な生活リズム。子供の生活の質を考えていますか?

QOLとは「Quality of Life」の略で「生活の質」を意味します。 あ …

子供のお手伝いにお駄賃は必要?お金の管理能力はお小遣い制がおすすめ!

「お駄賃」の意味をご存じでしょうか。昔は頼まれ事などで足と時間、労力を使って動い …

コミュニケーション能力が低下する?気をつけよう!幼児期の『夜更かし』

赤ちゃんの頃は眠る感覚が短いので、夜も昼も眠る生活でしたが、1〜2歳になると体も …

赤ちゃんのデリケートなお肌を守りたい。どんな石鹸を使えばいいの?

赤ちゃんの肌はつるつる・すべすべで、ぷくぷくしていて真っ白で何といってもみずみず …