みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子どもの仕上げ磨きっていつまで必要?仕上げ磨きは親子のスキンシップにもなる!

   

hamigaki_akachan

歯が生えて来たら、歯磨きをしてあげたり、子どもが自分で磨くようになっても仕上げ磨きをしたりと虫歯にならないようにと気を付けてあげたいですよね。
子どもは歯磨きだけに集中していないことも多く、きちんと磨けていなかったり、磨き残しが心配です。
子どもの集中はなかなか続かないので目を離すとテレビを見たり、ウロウロしたり、絵本を見たりなど何かしながら歯磨きをするということも多く、こうなると何となくでしか歯磨きを出来ていないことも多いので早い時期から何かをしながらの歯磨きはさせないように習慣付ける必要があります。
特に歯ブラシを咥えながら歩き回るのは思わぬ事故に繋がることもあるので要注意です。
子どもだけの歯磨きで落とせなかった汚れは仕上げ磨きでしっかり落として虫歯になるのを予防してあげる必要があります。
さて、ではこの仕上げ磨きっていつまでしたらいいのかと疑問を持ったことはないでしょうか?
今回は仕上げ磨きについて紹介したいと思います。

 

仕上げ磨きってどうやるの?

まだ歯磨きが必要ではないくらいの赤ちゃんの時期でも歯が生え始めたらママがガーゼで拭いてあげたり、おもちゃ代わりに赤ちゃん用の歯ブラシを持たせて口に含ませたりして歯磨きの習慣を付けることは大切です。
この時期ではまだ綺麗にするというよりも歯磨きを嫌がらないように練習するといった意味合いの方が強いですが、その後歯が生え揃って来たり離乳食が進んで来ると今度は綺麗にする為に仕上げ磨きが必要不可欠となります。
まずは子ども自身に歯ブラシを持たせて歯磨きをさせて、どのように磨くか、特に気を付けて磨きたいところはどこか、磨き残しのないように子どもの横について教えながら歯磨きが出来ると尚良いですね。
歯磨きが終わったら、ママの膝を枕のようにして寝かせて口の中をしっかり見ながら仕上げ磨きをしましょう。
立たせながらの仕上げ磨きは歯の裏が見えにくかったり、特に上の前歯には虫歯が出来やすく、初期の段階では寝かせての仕上げ磨きでは発見しやすいのですが立たせてではわかりにくいとのことで寝かせての仕上げ磨きを推奨していると歯科検診でもおすすめされていました。

仕上げ磨きをするときに特に気を付けて磨きたいポイントとは?

特に気を付けて磨きたいのは、歯の裏側と奥歯の裏側です!
歯の表面や前歯の表側はまだ子どもの歯磨きでも汚れを落とせていることが多いですが、歯の裏側はしっかり歯ブラシの向きを変えたりしながら磨かないと汚れを落とせないので子どもの歯磨きだけでは不十分です。
また、奥歯の裏側はなかなか歯ブラシが届かない上に食べ物が挟まりやすいのでこちらも仕上げ磨きでしっかり綺麗にする必要があります。

仕上げ磨きはいつまでやった方がいいの?

仕上げ磨きをいつまでするべきかについては、実際に歯医者さんからの指導も歯医者さんによって違うそうで、いつまでしなくてはならないという決まりはないようです。
子ども自身が自分でしっかりと綺麗に歯磨きが出来るようになるまで必要といえるでしょう。
特に6歳臼歯の生え始めは虫歯になりやすいそうなので6歳臼歯が生え揃うまでは仕上げ磨きをした方が良いという意見が多いそうです。
しかし、仕上げ磨きの時間は親子のスキンシップとも言えるので子どもが嫌がるまではしてあげるというのもおすすめです。
6歳臼歯が生え出したら家庭や歯医者さんで子ども自身できちんと歯磨きが出来るように指導を受け、練習し出すと良いでしょう。

仕上げ磨きを嫌いにさせない為に気を付けたいポイント!

子どもの歯が生え出したら虫歯にならないように!とママも歯磨きに気合いが入ることと思いますが、まだ生え出した歯が小さいうちからゴシゴシ磨くと歯茎に当たって痛みを感じてしまい、歯磨きが嫌になってしまうこともあります。
私は娘のときにこれで失敗してしまい、仕上げ磨きは痛いというイメージが付いてしまって、仕上げ磨きが大嫌いになってしまいました。
また、口を開かない、嫌がるなど子どもが歯磨きをさせてくれないときに、ママの口調がきつくなってしまうのも気を付けたいですね。
「早く口を開けて!」「もっと大きく!」などママが怒っていると思うと余計仕上げ磨きの時間が嫌になってしまうものです。
このような場合、お喋りをしたり、口を開けるような歌を歌ったり、動物の鳴き真似をして口を大きく開けさせるなど工夫をしながら仕上げ磨きの時間も楽しく過ごしましょう!

出来るだけ長い期間、仕上げ磨きで親子のスキンシップを取りつつ、自分で磨く練習も!

小学校中学年や高学年になると、いつまでも仕上げ磨きをするのは恥ずかしいなどという思いも出て来ることと思いますが、子ども自身が仕上げ磨きを嫌がるようになるまではスキンシップの時間としても、虫歯の予防の為にも、仕上げ磨きを続けれたらいいですよね。
しかし、その後は子ども自身でしっかり歯磨きを出来るようになって虫歯を予防して貰わないといけないので、歯医者さんに指導して貰ったりしながら、自分でしっかり磨く練習もしていきましょう!




おすすめ記事


 - 未分類

  関連記事

クレジットカードでスマートに会計してお得をゲット!年間2万円節約になるクレジットカード活用術

日々の生活の中では食費に光熱費、住居費、学費…あげるとキリがないほどの出費をして …

もうすぐ敬老の日。でもこんな行動になってはNG!感謝を気持ちよく伝えましょう

日頃からお世話になっているおじいちゃん、おばあちゃん。普段は忙しい毎日だからこそ …

離乳食を食べてくれない!進まない離乳食、どうすればいい?

産まれてからずっと母乳やミルクだけだった赤ちゃんが生後半年頃から開始する離乳食。 …

テレビが子どもに悪影響って本当?どんな影響があるの?

「子どもにテレビを見せると良くない」と聞いたこと、みなさん一度はあるのではないで …

ママになった途端「おしゃれ」を制限されている気がしませんか?おしゃれママたちはどうしてる?

ママになったらミニスカートはだめ? ママになったらハイヒール禁止? ママになった …

子育て中、片付かないお部屋にイライラしてませんか?気持ちがすっきりする「お片づけルール」をご紹介!

育児中は片づけても片づけても部屋が驚くほど汚れますよね。 ですが、それは我慢しま …

赤ちゃんの肌がカサカサに!乾燥肌を防ぐ方法とは?

赤ちゃんの肌というと、ぷにぷにしていて柔らかく滑らかなのを想像しますが… 実は肌 …

子供への絵本
子供におすすめの絵本や教本ベスト7!心を育てる読書をしよう

子供にとって幼少期には、ママが絵本を読んであげることで本に親しむことが心の成長に …

失敗続きの主婦さん必見!「ストレスフリー」な節約術、ここに注目!

今年のシルバーウィークは長い連休を取れる方も多いので、お出かけを予定しているファ …

子どものお昼寝っていつまで必要?お昼寝卒業っていつ?

赤ちゃんの頃は毎日自然としていたお昼寝ですが、大きくなってくるにつれていつまで必 …