みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

里帰り出産した方がいいの?里帰り出産のメリットとデメリットって?

   

syussan_akachan

妊娠がわかったらまずは病院選びが始まりますよね。
健診に通う産婦人科が決まれば、そのままこの病院で出産するのか、実家の近くの病院に里帰り出産するのか。
住んでいる家が実家の近くであれば最初から最後まで同じ病院で診てもらうことが出来ますが、実家から離れた場所に住んでいるとなると、出産時や産後のことを考えて里帰り出産をするのか、しないのかを考える必要があります。
今回は里帰り出産のメリットやデメリットについてご紹介します。

里帰り出産ってどうするの?

まず、妊娠がわかるとご自宅の近くの産婦人科にて妊娠の確定がされることと思います。
それからは指定される頃に通い健診を受け、赤ちゃんの成長を確認し、出産予定日が決まる頃に分娩予約をします。
この時に里帰り出産をするのであれば、里帰り出産の希望を通院中の産婦人科に伝え、里帰り先の産婦人科を決めて、里帰り先にて分娩予約をする必要があります。
そして分娩予約を取った後は、各産婦人科によりますが妊娠中期頃に一度里帰り先の産婦人科で健診を受け、妊娠34週頃を目処に里帰りをするケースが多いようです。

里帰り出産のメリットって?

・家事の負担が軽減されるので産前のお腹の大きい時期にはゆっくりでき、産後は赤ちゃんのお世話に集中できます。
・実母の手を借りれる場合、経験者である実母が傍にいることで安心できます。
・実家に車の運転や荷物を持ったりしてくれる人がいる場合、いよいよ出産というときに心強く、頼りになります。
・上の子がいる場合には、上の子のお世話をお願いすることができます。
・産後、夜中にも及ぶ授乳やオムツ換えなどで寝不足になることも多いですが、赤ちゃんのお世話も手伝って貰うことができ、ママの体調も改善されやすいです。

里帰り出産のデメリットって?

・パパと一緒に子育てをスタートすることができません。
・里帰り後に新たに生活をスタートさせる必要があるので少し慣れて来た頃に、また生活が変わってしまうこともあります。
・産まれてすぐから育児に協力して貰えない分、パパが赤ちゃんのお世話になれるのに時間がかかります。
・産前産後の情緒不安定から実家の家族との関係が悪化することもあるようです。

上の子がいる場合には里帰りした方がいい?

上の子がいる場合の里帰りについてですが、これは上の子の年齢が大きく関係すると思います。
上の子がまだ小さい場合は特にですが、出産前の大きなお腹での生活や出産時、そして産後に上の子を見てくれる人がいなければ困ることも多いですよね。
そして、ママが産まれてくる赤ちゃんにかかりっきりになってしまうので上の子にしっかり手を掛けてくれる人を確保する必要がありますが、パパは仕事もあるでしょうし、里帰りにしておじいちゃんやおばあちゃんなど誰かが上の子の傍にいれる環境を準備できれば安心です。
しかし、年齢差が開くと上の子が幼稚園や小学校などに行っている場合もあります。
その場合、幼稚園では里帰り期間お休みという選択も可能ですがやはり集団生活ですし数ヶ月お休みというのは気になりますし、タイミングによっては行事に出れない場合などもあります。
特に上の子が小学生以上となると学業にも支障が出てしまうので里帰り出産を選択するのは難しくなってしまいます。
なので、上の子がいるから里帰りするのではなく上の子やご自分の置かれている環境で一番良い方法を選択する必要があります。

里帰りをする場合、健診だけを受けるのは気が引ける?!

実はこれ、里帰りをした、または希望している妊婦さんのほとんどが感じているようです。
里帰りをする場合、出産は里帰り先の産婦人科でお願いするので今住んでいる近くの病院では健診のみお願いすることになります。
本来は何も悪いことではないのですが、やはり先生も人間なので自分の病院で産む人と里帰りをする人では対応が違うという病院も一部ではあるようです。
里帰り出産までの間だけ健診をお願いするのがどうしても気が引ける方には産科のない婦人科での妊婦健診がおすすめです。
婦人科では健診のみを引き受けて出産の際には提携先の病院や希望の病院へ紹介するシステムになっているので健診のみでも全く気を遣うこともありません。
ただ、里帰り先に帰省する前に切迫早産などになってしまった場合には婦人科では対応しきれないので、提携先の病院にお世話になるということもあります。
里帰り出産であっても他の妊婦さんと変わらず対応してくれる産婦人科がほとんどですが、もしものときの為にも考えておきたいですね。

メリットとデメリットをよく考えて自分にとって最良の選択を!

出産というのはママだけでなく、赤ちゃん、そして家族にとっても大きな大きなイベントです。
里帰り出産においてのメリットやデメリットを踏まえた上でご自分の環境などを考慮し、一番良いと思える選択をしましょう。
そして少しでも不安へ減らし、安定した気持ちで出産や産後にスタートする赤ちゃんとの生活を迎えたいものですね。




おすすめ記事


 - 未分類

  関連記事

フライング検査って知ってる?メリット3つ、デメリット2つ紹介します!

  妊娠を望んでいる女性にとっては生理予定日が近付くと、「妊娠してるか …

子供(2歳~3歳)のトイレトレーニングってどんなことから始めて行ったらいいの?

2歳を過ぎて、おしゃべりもだんだんできるようになってきたら、そろそろトイレトレー …

子育て中、片付かないお部屋にイライラしてませんか?気持ちがすっきりする「お片づけルール」をご紹介!

育児中は片づけても片づけても部屋が驚くほど汚れますよね。 ですが、それは我慢しま …

「しっかりご近所つきあい」でなにかと騒がしい子育て中も快適ライフ!

みなさん、ご近所つきあいはしていますか?このご時世ですから住んでいる環境によって …

叱るとき・怒るとき・注意するとき、上手に使い分けて怒りんぼママから素敵ママに大変身!

育児中は、叱る・怒る・注意、この3つを無意識に使っていると思います。ですが、無意 …

子どものお昼寝っていつまで必要?お昼寝卒業っていつ?

赤ちゃんの頃は毎日自然としていたお昼寝ですが、大きくなってくるにつれていつまで必 …

高級掃除機やサプリメントを買ったけど子供のアトピー性皮膚炎が治らなかった。無理に対策するのではなく付き合い方を考えた方が得策です

アトピー性皮膚炎。大人も子供も同じ数の人が耐えがたい痒みと闘っているのではないで …

口癖で節約できるって本当!?家計大助かりの「節約口癖」を習慣にして賢い買い物をしていきましょう

毎月の家計簿をつけていると「なんでまた赤字になっちゃうの?…」と、節約を頑張って …

気になる出産費用…三つ子だと126万円も貰える制度があるの、ご存知ですか?

「赤ちゃんが欲しい」と願ったとき、やはり現実に目を向けなくてはいけませんよね。出 …

痒いのもジカ熱も避けたい!蚊を予防する方法と対策ってどんなものがある?

まだまだ暑い日が続きますが、夏といえば暑さはもちろんですが、蚊も気になりますよね …