みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

離乳食を食べてくれない!進まない離乳食、どうすればいい?

   

akachan_rinyusyoku

産まれてからずっと母乳やミルクだけだった赤ちゃんが生後半年頃から開始する離乳食。
アレルギーの心配や離乳食を進める順番など初めてのママは不安もあることでしょうが、美味しそうに離乳食を食べ進めてくれる姿を見ると嬉しくなったり、もっとあんな物やこんな物を食べさせたいなとワクワクしてママも楽しく離乳食を進めることが出来ますよね。
しかし、食べるのを嫌がってしまったりなかなか離乳食が進まない子もたくさんいます。
仰け反って嫌がったり、ブーッと口から出してしまったり、泣いて泣いて離乳食どころではなくなることも少なくなく、アレルギー反応のような発疹や赤みが見られて思うように離乳食が進まないということもあります。

離乳食を嫌がる子にはどうしたらいいのでしょうか?

せっかく食べてくれるかな?とワクワクしながら作った離乳食を、泣いて仰け反り嫌がられるとママも参ってしまいますよね。
でも、今まで母乳やミルクなど水分だけで栄養を摂っていた赤ちゃんなのでいくら裏ごしをして食べやすくしている離乳食でも違和感を感じるのは仕方ないことです。
無理に食べさせたり、ママがイライラしてしまうとせっかくのご飯の時間を赤ちゃんも嫌いな時間になってしまうこともあります。
まずは、ご飯の時間を嫌いな時間にならないようにと意識して、食べてくれたらラッキーくらいの気持ちで食べさせてあげるようにして下さい。

食べてくれるコツってあるの?

赤ちゃんが離乳食を嫌がる理由は様々です。

その理由に気付けると、離乳食を食べてくれるようになるかも知れませんがなかなかわからないものですよね。

離乳食を始めたばかりの赤ちゃんは今まで母乳やミルクのみで栄養を取って来たので本能的に離乳食を警戒することもあるそうです。

赤ちゃんが離乳食を食べてくれない場合には、赤ちゃんの前でママが離乳食を美味しそうに食べてみると赤ちゃんも食べてくれるようになるかも知れません。

また、スプーンが嫌な子もいるそうなので赤ちゃんに合うスプーンを探すことや、手であげてみることで食べるようになることもあります。

嫌な理由を見付けるのは難しいことですが色んなことを試行錯誤しながらやってみて、その中で理由が見付かったり、理由はわからなかったけどこれなら食べてくれる!という方法が見つかればいいですね。

よそはよそ!うちはうち!を忘れないようにしましょう。

今は育児書だけでなく、インターネットでも簡単に育児についてなど調べることもでき、同じくらいの月齢のママさんたちとも簡単に繋がることが出来ます。
支援センターや健診などで同じくらいの月齢のママさんのお友達などが出来れば、悩みを共感してもらったりアドバイスを貰うことが出来るのですが、周りに同じくらいの赤ちゃんが多ければ多いほど周りの赤ちゃんと自分の赤ちゃんを比べてしまうものです。
でも、離乳食の開始時期とされている生後5ヶ月や6ヶ月というのはあくまでも目安で、その子その子によって離乳食にもペースがあります。
まだ離乳食自体が早い場合や、ペーストが苦手な赤ちゃん、とろみが苦手な赤ちゃんなどもいます。
平均や周りの赤ちゃんと比べるのではなく我が子のペースでゆっくり進めて行きましょう。

どうしても食べないときは諦める勇気も必要です!

どれだけ時間をかけても、工夫をしても食べてくれない・・・そういうときは、いっそ諦めてしまうのも手です!
・離乳食を始めた頃であれば、まだ早いんだなと一時期お休みをする。
・中期以降に進めた後の場合には、一つ前の離乳食の状態に戻してみる。
・ペーストやとろみなど苦手な物に気付いたら排除してみる。
・好きな物なら食べてくれるなら、いっそ好きな物ばかりをあげて食べることに興味を持たせる。
こんなやり方でいいのだろうかと不安に思うこともあるでしょうが、離乳食だけでなく子育てには正解はないのです。
何より大切なことは、食べることやご飯の時間を嫌いにならないことです。
私の娘が離乳食をなかなか食べてくれなかった時に、保健師さんから離乳食の初期にペーストが嫌で食べてくれなかった赤ちゃんがしばらく離乳食をお休みして、10ヶ月頃からペーストの状態を飛ばして離乳食を進めたところスムーズに進んだという話も聞いたことがあります。
どうしても食べてくれないときには諦めて我が子にとっての離乳食の進め方を模索するのがおすすめです。

だらだらと遊び食べをするときは時間を決めて切り上げましょう。

泣きながらだったり、他のことに気を取られたり、遊んでみたり、そんなことをしながらでも少しずつでも食べてくれていたらそのまま食べさせたくもなりますが、だらだらと食べさせるのはよくありません。
食べることに集中していなくても、食べさせてくれるということを覚えてしまうからです。
そのような場合には時間を決めて、その時間を過ぎると片付けるようにして行くと今食べなければもうご飯を貰えないということに気付くようになります。
小さいうちからご飯を食べる時の約束をきちんと決めて行きたいものですね。

離乳食の進め方はその子次第!のんびりした気持ちで進めましょう

食べてくれないことに焦りや不安を感じることはもちろんあると思います。
でも、ママのそういう気持ちは赤ちゃんに伝わり悪循環を起こしてしまうものです。
必死に食べさせようとしているときは全然食べてくれなかったのに、案外突然食べるようになったりするものです。
食べてくれればラッキー!食べなければ仕方ない!くらいの気持ちでのんびり進めましょう。




おすすめ記事


 - 未分類

  関連記事

もうすぐ敬老の日。でもこんな行動になってはNG!感謝を気持ちよく伝えましょう

日頃からお世話になっているおじいちゃん、おばあちゃん。普段は忙しい毎日だからこそ …

痒いのもジカ熱も避けたい!蚊を予防する方法と対策ってどんなものがある?

まだまだ暑い日が続きますが、夏といえば暑さはもちろんですが、蚊も気になりますよね …

赤ちゃんの肌がカサカサに!乾燥肌を防ぐ方法とは?

赤ちゃんの肌というと、ぷにぷにしていて柔らかく滑らかなのを想像しますが… 実は肌 …

貯金のためにしているのに無意味だった!?貯金しているつもりでやりがちな事とは?

「貯金しているはずなのに、何故かお金が無くなってしまう…」そんな悩みはありません …

子どもが上手に片付けをするコツってあるの?片付けやすい工夫をしよう!

  まだお片付けを出来ない時期は子どもの散らかしたおもちゃはママが片付 …

テレビが子どもに悪影響って本当?どんな影響があるの?

「子どもにテレビを見せると良くない」と聞いたこと、みなさん一度はあるのではないで …

妊婦ママ必見!!こんなに簡単に赤ちゃん返りを防ぐ方法!

お腹に赤ちゃんがいると分かるとどうしても意識や考えることがお腹の子・生まれたばか …

子供への絵本
子供におすすめの絵本や教本ベスト7!心を育てる読書をしよう

子供にとって幼少期には、ママが絵本を読んであげることで本に親しむことが心の成長に …

立ち会い出産ってするもの?メリットとデメリットは?

ママとパパにとって大切な赤ちゃんをお腹に授かったとわかったら、これからお腹の中で …

叱るとき・怒るとき・注意するとき、上手に使い分けて怒りんぼママから素敵ママに大変身!

育児中は、叱る・怒る・注意、この3つを無意識に使っていると思います。ですが、無意 …