みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

不規則な生活はこんな病気を引き起こす。確認したい子供の症状6点!!

   

study_wakaranai_girl

小・中学校の実態に愕然とすること、保健室登校、不登校者が全体の1/3近くを占めています。(学校によって差があると思います)
義務教育なのにどうして??

ゲームやSNSなどの普及により、子供たちの睡眠時間がだんだん短くなっていて、かなり深刻なところにきていると思います。
特にスマホはとても便利なものでありながら、一度持たせてしまうと、ゲーム、SNS、インターネットやり放題になり、子どもたちは手元から離さなくなりますね。

いつでも、どこでも、誰かと繋がっていたい。
友達との関係、自分だけ置いていかれるのはイヤ!
そんな思いからなのでしょうか?
夜通しオンラインゲームやSNSを楽しむ子供も少なくないようです。

通信機器はルールを守って使用する

時間を忘れて、ゲーム、SNS、インターネットに没頭する子供たち。2,3時間の睡眠では当然、翌朝起きることが難しいですよね。
連日ともなると、体調を崩すことさえあります。
スマホ・ゲーム機を持たせるということは、親の責任でもあります。

子供が欲しがるから
みんなが持っているから
持たせれば静かにしているから
などと、安易な気持ちで持たせるものではないと思うのです。

子供に持たせる場合は、きちんとしたルールを作り、ルールを守りながら使用する環境を作らなければいけないのです。
無責任に持たせた結果、不登校になったり、体調を崩したり、トラブルに巻き込まれたりする事件も増えています。
便利であるがゆえに、きちんとしたルールが必要なのです。

子供の年齢に合ったルールを作り、守りながら使用することを学ばせましょう!!

 

こんな症状は見られませんか?

○朝、起きれない
夜眠れていなければ当然、起きることができません

○いつもだるそうにしている
生活が不摂生だと生気を失っていきます

○食欲不振
いつも気分がすぐれないため、食欲がありません

○立っていると気分が悪くなる
からだがだるい、食欲がないことにより体力が低下して気分がすぐれません

○夜に寝付けない
生活パターンが昼夜逆転してしまっているためです

○イライラ・集中力低下
上記の症状が続くとこのようになりますね

生活が不規則なことから起こる症状です。朝起きれないため、昼近くになって保健室登校・・というパターンで、繰り返すうちに学校へ行かなくなってしまうケースが多いようです。
しかしこの症状が、実は「病気」であることもあるんです。

 

起立性調節障害

この病名を聞いたことがありますか?正直なところ、私は全く知りませんでした。

特にゲームをしているわけでもなく、SNSなどで遊んでいるわけでもないのに上記のような症状が見られる場合は「起立性調節障害」が考えられます。
小学生高学年から中学生にかけて、主に思春期に多く発症するようです。

病院で血液などの一般的な検査を受けても異常がないときは、起立性調節障害を疑う必要があるでしょう。(この病気の3割が不登校を合併しているそうです。)

起立性調節障害は、思春期時期に急激に身体が発育するため自律神経のバランスがとれなくなる症状だと説明されています。
治療法としては、からだと心の両面にアプローチする方法がとられるようです。

病院関係の方にお話を聞いたところ。。。
やはり、一番の治療は「規則正しい生活」だということでした。生活が不規則なことで、体力が低下するために免疫力が弱ってきます。すると、心も弱ってしまうのです。

入院が必要な場合でも、まずは生活のリズムを整えることから治療を始めるそうですよ。

 

まっすぐ立てなくなる?!

私が起立性調節障害を知ったのは、知人の子供が診断されたことからです。

・朝起きると気分が悪く、頭が痛い(午前中続くそうです)
・昼頃に少しお腹が空く(食べてゴロゴロと過ごす)
・夕方から頭痛もなくなり動けるようになる
・夜間は元気になり、夜中まで眠れず起きている

毎日、この繰り返しだったのです。

でも、病気の内容を聞かされた時、納得できるものでした。
一人っ子でとても大切に育てられていた子ですが、小さい頃から、生活全てが「大人の生活」パターンだったのです。夜は遅くまで両親と一緒にテレビを観たり、ゲームをしたり、、、。

朝はゆっくりと起きてしばらくゴロゴロタイム。動き出すのはお昼を過ぎてから、、といった様子でした。とても自由な生活リズムだったんですね。
それが、幼稚園・小学校と成長するにつれ、子供のからだと精神にダメージを与えていったのだと思います。
小学2年生になる頃には、学校へ行けなくなっていました。

まっすぐ立つことができずに、いつも猫背でダランとした感じ。
(立つことさえ、きついこともあるようです)
それから3年が経過していますが、今でも生活は相変わらずのようで「学校は行ける時に行く・・」という程度です。
お勉強もわからないといいます。。。ご両親にも、危機感は感じられません。これで良いのでしょうか??

 

まとめ

便利なものがたくさんあり、子供たちの生活は変化しています。夜遅い塾通いなども子供たちの生活を変化させている一つだと思います。

だからこそ、小さい頃から規則正しい生活を身に着けることが必要なのではないかと思うのです。一度身についた生活習慣は簡単に取れるものではありません。考えて行動することができるようになります。

何事も初めが大事!!
大人の生活に合わせるのではなく、子供の生活リズムをしっかりと作ってあげることが親の努めですね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

小1プロブレム
小学校に行きたくない!「小1プロブレム」を家庭で解決する方法

幼稚園や保育園の卒園を迎えると、いよいよ小学校へ入学です。ワクワクどきどきしてい …

子供のしつけに脅し言葉は絶対ダメな理由。恐怖は子供の積極性を奪います

いつまでも遊んでいて寝ない子供に「早く寝ないとお化けが出るよ〜!」など、つい脅か …

携帯ゲームに夢中になる子供に対して親はどんなしつけをするべき?ゲームと子育てと親の関係

小学生のみならず、幼稚園児やそれ以下の子供達が、外でゲームをする姿が日常的に見ら …

父親の家庭での役割は子供に仕事について語ること。子供に働く大人の背中を見せよう

近年では、父親が子育てに参加することが当たり前になってきましたが、それでも男性の …

子供の靴の選び方。足のサイズだけでなく公園で遊ぶ時用の靴などTPOを考えて靴を買おう

最近、子供用の靴の種類が増えましたね。 大人が履く人気メーカーさんの子供版だった …

ガチャガチャ
スーパーで子供の目をひくガチャガチャ。買ってあげるべき?我慢させるべき?

3~5歳くらいの子供が、スーパーに行くとガチャガチャの前で立ち止まり、決まって「 …

子育て期はお金がかかる…ちょっとの見直しで「子育て浪費」をグンと減らす方法とは?

赤ちゃんから幼児期になるまでの子供の成長は著しく、すぐに大きくなってしまうので洋 …

妊娠高血圧症候群の危険性!高齢出産でなければ大丈夫!…とも限らない?

妊娠高血圧症候群という病気をご存じですか?妊娠しているママや、そのお腹にいる赤ち …

中間反抗期といわれる「ギャングエイジ」の子供。どうしてイライラするの?

「ギャングエイジ」って聞いた事ありませんか? 小学生になると友達や仲間との結びつ …

アルバム整理術
子供の写真・アルバムの整理術に役立つアイディアをご紹介。

子供が生まれた瞬間から、写真を撮る機会がとても増えます! 一瞬一瞬の表情を残した …