みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供の食べ物の「好き嫌い」を克服するには?

      2015/07/27

0ピーマンage_023
お子さんが成長して大きくなるにつれて、食べ物の好き嫌いは、パパママにとっても悩み事のひとつになってきますよね。

そこで、好き嫌いを少しでも減らすために出来ることを、考えてみましょう。

好き嫌いは「味覚」が発達している証拠です

そもそも、好き嫌いが出てくるのはどうしてなのでしょうか?それは2〜3歳の頃になると、心も体もさまざまな分野が成長著しい時期ですが、「味覚」もさらに発達をし、自分の「好き」「嫌い」という自覚も加わるのですね。ですから、食べ物の好き嫌いは、子供の健やかな成長のひとつでもあるのです。まずは、大きくなった我が子の成長を喜んであげましょう。

嫌いなものを「ひとくち」だけ食べてみよう

成長の表れとはいっても、「あれ嫌!これも嫌!」では栄養面でも心配になってしまいますよね。そこで、まずは「ひとくち」だけ食べる習慣を作ってみたらいかがですか?
もちろん、嫌いなものなので、イヤイヤすると思いますが、ほんの少しでもいいのです。ちょっとでも口に入れることができたら褒めてあげてくださいね。

野菜が嫌いな子は「育てる」ところからやってみよう

特に多いのが「野菜嫌い」の子供です。こうしたお子さんには、お家でパパママと一緒に野菜を種や苗から育てるのがオススメです。

自分の手で育てた野菜は愛着もわきますし、何より「食べてみよう!」というきっかけになります。プチトマトなど、プランターなどでも育つ野菜はたくさんありますから、ぜひパパママと一緒にチャレンジしてみてください。

意外なものに変身!?「調理方法」を変えてみよう

嫌いなものがそのままの形で出てくるだけで、子供は「嫌だ」という気持ちになってしまうことがあります。そこで取り組んでみて欲しいのが「調理方法を変える」ということです。

ニンジン嫌いの子供に、ニンジンのケーキを作ったら食べてくれた、というのを聞いた事はありませんか?こんなふうに、子供の好きそうなおやつに変身させてみることは、とても効果的です。
食べ終わってから「実はニンジンのケーキだったんだよ!」と伝えると「え〜〜!」と驚くと同時に、抵抗なく食べられたことに喜びも味わえます。「食べられた!」という経験が子供にとっては自信になりますから、食べる事ができたら、いっぱい褒めてあげるといいですね。

「楽しい食卓」が何よりの克服への近道です

お子さんが食べ物の好き嫌いがあると、パパママも神経質になってしまいがちですよね。だけど、無理矢理食べさせようとするのは逆効果です。怒られながら食べる食事ほど、美味しくないものはありません。食卓が楽しくないと、食べる事自体が嫌いになりかねませんので、注意しましょう。

よく考えてみると、誰しも嫌いな食べ物のひとつやふたつ、あるのではないでしょうか?ですから、パパママも頑張って嫌いなものをひとくち食べた!など、見せてあげることも、子供には凄く励みになるはずです。

「一緒にがんばろう!」その気持ちを持って、楽しい食卓にして下さいね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供がテレビばかり見ていて心配な親御さん必見。簡単な室内遊びで子供の集中力を育てよう!

雨の季節は外遊びも出来ないので、家にこもりがちになってしまいますよね。何もするこ …

授乳ケープおすすめ
赤ちゃんへの公共の場での授乳は反対が6割!授乳スペースを活用しよう

愛おしそうに赤ちゃんを抱っこするお母さん。街で見かけるたびに、その幸せなオーラに …

エリート家庭ほど危ない!?子供が非行に走ってしまう原因を親が作っていませんか?

子供が親に暴力をふるうなどの事件が増えていて、その原因はさまざまですが、中には何 …

評判の良い小児科探しのコツ。子供のかかりつけのお医者さんを見つけるには?

子供が病気になった時のために、“かかりつけ”の小児科を早いうちに決めておくのはと …

子供が歯みがきを嫌がらないように低月齢の頃から歯磨きトレーニングしよう!

1歳半から2歳くらいで、だんだんと歯が生え揃ってきて、それと同時に虫歯になりやす …

服飾品、レジャー、家族旅行…やりたい事はきりがない!浪費体質から脱出する方法とは?

「私って浪費家主婦かしら…」毎月の家計簿を見て赤字が多かったりすると、お金のやり …

直したい子供の「人見知り」。社会性を育む方法を考えてみましょう

2才を過ぎる頃になると、激しい人見知りをする子供が出てきます。お買い物へ出かけて …

子供に薬を飲ませるのが大変なママ必見!子供に薬を飲ませるアイデア集

風邪をひいてしまったり、熱を出したり…とにかく小さい子供はよく病気にかかります。 …

子どもは親の行動をよく見ている!真似っこ上手な1、2歳児の特徴とは?

普段の何気ない行動でも、完全コピーをしてくる侮れない子どもの観察力。 挨拶だった …

子供にお金の教育をする上手な方法は小学生の頃からお小遣いを与えること

子供には“お小遣い”をあげていますか? また、それはいつからですか? 我が家では …