みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供の食べ物の「好き嫌い」を克服するには?

      2015/07/27

0ピーマンage_023
お子さんが成長して大きくなるにつれて、食べ物の好き嫌いは、パパママにとっても悩み事のひとつになってきますよね。

そこで、好き嫌いを少しでも減らすために出来ることを、考えてみましょう。

好き嫌いは「味覚」が発達している証拠です

そもそも、好き嫌いが出てくるのはどうしてなのでしょうか?それは2〜3歳の頃になると、心も体もさまざまな分野が成長著しい時期ですが、「味覚」もさらに発達をし、自分の「好き」「嫌い」という自覚も加わるのですね。ですから、食べ物の好き嫌いは、子供の健やかな成長のひとつでもあるのです。まずは、大きくなった我が子の成長を喜んであげましょう。

嫌いなものを「ひとくち」だけ食べてみよう

成長の表れとはいっても、「あれ嫌!これも嫌!」では栄養面でも心配になってしまいますよね。そこで、まずは「ひとくち」だけ食べる習慣を作ってみたらいかがですか?
もちろん、嫌いなものなので、イヤイヤすると思いますが、ほんの少しでもいいのです。ちょっとでも口に入れることができたら褒めてあげてくださいね。

野菜が嫌いな子は「育てる」ところからやってみよう

特に多いのが「野菜嫌い」の子供です。こうしたお子さんには、お家でパパママと一緒に野菜を種や苗から育てるのがオススメです。

自分の手で育てた野菜は愛着もわきますし、何より「食べてみよう!」というきっかけになります。プチトマトなど、プランターなどでも育つ野菜はたくさんありますから、ぜひパパママと一緒にチャレンジしてみてください。

意外なものに変身!?「調理方法」を変えてみよう

嫌いなものがそのままの形で出てくるだけで、子供は「嫌だ」という気持ちになってしまうことがあります。そこで取り組んでみて欲しいのが「調理方法を変える」ということです。

ニンジン嫌いの子供に、ニンジンのケーキを作ったら食べてくれた、というのを聞いた事はありませんか?こんなふうに、子供の好きそうなおやつに変身させてみることは、とても効果的です。
食べ終わってから「実はニンジンのケーキだったんだよ!」と伝えると「え〜〜!」と驚くと同時に、抵抗なく食べられたことに喜びも味わえます。「食べられた!」という経験が子供にとっては自信になりますから、食べる事ができたら、いっぱい褒めてあげるといいですね。

「楽しい食卓」が何よりの克服への近道です

お子さんが食べ物の好き嫌いがあると、パパママも神経質になってしまいがちですよね。だけど、無理矢理食べさせようとするのは逆効果です。怒られながら食べる食事ほど、美味しくないものはありません。食卓が楽しくないと、食べる事自体が嫌いになりかねませんので、注意しましょう。

よく考えてみると、誰しも嫌いな食べ物のひとつやふたつ、あるのではないでしょうか?ですから、パパママも頑張って嫌いなものをひとくち食べた!など、見せてあげることも、子供には凄く励みになるはずです。

「一緒にがんばろう!」その気持ちを持って、楽しい食卓にして下さいね。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供のやる気を引き出す
子供のやる気を引き出すのは「がんばれ!」ではなく「あなたにしか言えない褒め言葉」

子供が勉強や運動を一生懸命取り組む姿を見て「がんばれ!」と声をかけることは良くあ …

子供がトイレトレーニングを始める時期・年齢はいつから?

2才を過ぎて幼稚園入園を意識しはじめると、「そろそろおむつはずしも始めないと…」 …

0才の赤ちゃんでもお片づけ出来るの!?無理なく「片付け上手」な子供に育てましょう

愛おしい我が子の笑顔は、パパママにとってなによりの宝物ですよね。おもちゃで遊ぶ姿 …

ランドセルの選び方のコツ!何色がいい?

子供が幼稚園の年長さんになって数か月・・・夏休み明けにはランドセルが店頭に並び始 …

絵本の読み聞かせは、いつ頃から本格的に始めたらいいの?

子どもへの絵本の読み聞かせについて、具体的にいつ頃から始めたら良いのかイマイチわ …

子供服を安く手に入れる方法。フリーマーケットやリサイクルショップを使う時のコツは?

子供の服ってサイズアウトが本当に早い!今の季節にしか着れない服は、買っても着るの …

声掛け変換
発達障害の子供にオススメの「声かけ変換表」は大人でも使えて凄い!

みなさんは「声かえ変換表」って聞いたことありますか? これは発達障害を持つお子さ …

子供の料理の腕を磨くコツ。子供が料理をやりたい!と言った時はチャンスです。

子供に料理をさせることは、正直、大変です。包丁を持つたどたどしい手つきは、見てい …

どうすれば本を読んでくれるの?本が大好きな子どもにするためにできること。

本をたくさん読む子になってほしいと思う親は多いと思います。どうしてうちの子は本を …

お父さんにも育児に参加してほしい!心強いパートナーに育てよう!

今はもはや当たり前の存在になりつつある「イクメン」。 しかし、まだまだイクメンに …