みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

先輩ママの体験談<ピアノ>幼少期の習い事のメリット・デメリット。

   

electone_girl

成長が著しい幼少期にどんな習い事をさせるか悩む親御さんも多い中、常に人気の習い事として上位にランキングしているピアノ。英才教育に熱心に取り組むママにも大変人気で、東大生ママへのアンケート調査でも第2位にランキングしています。第1位のスイミングや第3位の英会話と違い、「体力がつく」「学習能力があがる」などといったはっきりとわかりやすい理由があるように感じられないのに人気なのはなぜでしょうか。体験談とともにその理由をさぐってみましょう。

 

 

①幼少期のわが子にピアノを習わせる理由

スイミング、英会話と並んで人気の習い事の上位に必ずランクインするピアノ。今では男の子、女の子関係なくとても人気です。その理由を聞いてみました。

  • 反復練習により根気良さが身につく。
  • 指先を左右バラバラに動かすので、幼少期の早い時期から始めると脳の発達が促される。
  • 3歳までの聴力発達期に始めると、聴く力が育つ。
  • ピアノが弾けると素敵だから。
  • (親御さん本人が)ピアノを弾ける人をうらやましく思い、わが子には弾けるようになって欲しいから。
  • 音楽に触れあうことで人生が豊かになりそうだから。

具体的なものからやや漠然とした理由もみうけられます。

 

 

②東大生のママ(教養学部生)の体験談

私自身、ピアノも弾けず楽譜も読めないので、弾けるようになったら素敵だな~。それぐらいの感覚で始めさせました。年を重ねるごとにコンクールなどがありましたが、最初のほうは入賞もできませんでした。入賞できる子は「素質のある子」だと思いながらも、うらやましく思う自分もいました。ですが、子供には練習しなさいと口うるさくは言いませんでした。ピアノを好きだな楽しいなと本人が思わないと意味がないと思ったからです。

 

 

練習しているはずなのに入賞できなかったり、先生の前でうまく弾けずにくじけそうになったこともありました。落ち込むわが子に「少し器用じゃないだけ。あと少しだけみんなより多く練習したらいいかもね」とアドバイスしました。すると、朝や帰宅後の空いている時間を見つけては練習するようになりました。練習の甲斐あって、今までうまく弾けなかったところが弾けるようになりました。その時の喜びが大きかったのでしょうか「何事もあきらめずに挑戦し続ければできる」という自信につながり、コンクールなどの大舞台でも緊張しない度胸も身についたように思います。今振り返ってみると、このピアノでの経験が受験にも生かせていたのかもしれません。

 

 

③メリット・デメリットは?

メリット

  • ピアノを習っておけば音楽の基礎が身につく。
  • 指先を動かすことで脳が発達する。
  • 両手分のパートの楽譜が読めるようになるので、他楽器へも変更しやすい。
  • コンクールなどでステージに立つことが多いので、度胸がつく。
  • コツコツと努力する根気良さが身につく。
  • 目標を持って頑張れるようになる。

 

デメリット

  • 自宅での練習のために楽器を購入しなければいけない。
  • 練習の音で近所迷惑にならないか気をつかう。
  • コンクールや発表会などは費用がかかる。(ドレス代、先生へのお礼代など)

 

④まとめ

ピアノの一番の注目点は持続率です。幼少期から初めて大人になった今も続けているという話も聞きます。継続させることによって身につくものが磨きあげられ、それが自信となる。そこに至るまで根気よく努力することで鍛えられる忍耐力。そしてやり遂げた時だけに得られる達成感。大舞台でも緊張しない、一人でも頑張れるといったメンタルが鍛えられるという点が人気の理由なのかもしれませんね。

 

 




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

赤ちゃんに健やかな「眠育」を!眠りやすい環境の作り方とは?

産まれたばかりの赤ちゃんは、眠って起きての繰り返しを一日中していますよね。それは …

子供の靴の選び方。足のサイズだけでなく公園で遊ぶ時用の靴などTPOを考えて靴を買おう

最近、子供用の靴の種類が増えましたね。 大人が履く人気メーカーさんの子供版だった …

服飾品、レジャー、家族旅行…やりたい事はきりがない!浪費体質から脱出する方法とは?

「私って浪費家主婦かしら…」毎月の家計簿を見て赤字が多かったりすると、お金のやり …

子供の問題で迷った時は夫婦で決断する。妻に子育てを丸投げしない事が大切です

小学生や保育園、幼稚園などに通っている子供がいる家庭では、毎日、実に多くの仕事が …

「家庭内事故」に気をつけて!赤ちゃん乳幼児の事故で多いものって何?

「まだそんなに動くことはできないから大丈夫!」そう思って赤ちゃんを安全な場所へ寝 …

集中力のない子供。勉強も習い事も毎日の「ちょっとずつ」で集中力を高めましょう

家で遊んでいる子供の様子を見ていると、やはり好きな事をしている時は「集中している …

兄弟姉妹
親が兄弟姉妹みんなに平等に接することって大切なの?子供が複数いる家庭での子育て術

子供が2人以上いるお母さんにとって、兄弟姉妹全員に『平等』に接することは、はたし …

直したい子供の「人見知り」。社会性を育む方法を考えてみましょう

2才を過ぎる頃になると、激しい人見知りをする子供が出てきます。お買い物へ出かけて …

発達障害の子供との付き合い方。子供にどう説明したらいい?

ここ数年、育児をしている方は「発達障害」という言葉を必ずと言って良いほど耳にして …

親は思春期の女の子にどう接するのが正しいの?思春期の子供との付き合い方

女の子は早くて4年生頃から、平均して高学年のうちに思春期がやってきます。 親に向 …