みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

高級掃除機やサプリメントを買ったけど子供のアトピー性皮膚炎が治らなかった。無理に対策するのではなく付き合い方を考えた方が得策です

   

atopy

アトピー性皮膚炎。大人も子供も同じ数の人が耐えがたい痒みと闘っているのではないでしょうか?
とにかく痒い、痒みで夜が眠れいない、、そのために一晩中ぐずる赤ちゃんもいますね。

私の娘もアトピーに悩んだ子供の一人です。生後3ヵ月の頃、突然顔に湿疹が出て真っ赤になりました。すぐさま病院に行くと、脂漏性湿疹と診断されました。ステロイド剤と軟膏が処方され、医師の指示通りに塗布していましたが、その湿疹は引くことなく、どんどんからだの下へと移動していったのです(顔の湿疹も完全になくなった訳ではありませんでした)。

からだのあちらこちらが真っ赤になり、見るからに痒そうです。機嫌も悪く、一日ぐずっているが多かったですね。
私たちが病状について無知だったために娘を苦しめることとなったのです。ここからアトピーとの闘いが始まりました。

 

脂漏性湿疹とアトピー性皮膚炎

赤ちゃんの場合は、大人よりも皮脂の分泌が活発で皮脂が毛穴に詰まりやすいことから炎症を起こすことが多いと言われています。いろんな機能がまだ未熟ですからね。赤ちゃんには決して珍しいことではなく、普通はからだの成長と共に治まっていきます。

発症時のケアとしては毛穴が皮脂や汚れが詰まるわけですから清潔を保つことが一番です。だからといって、からだをゴシゴシ洗うのではなく、なでるようにゆっくりと肌を傷めないように気をつけましょう。

この時期は、脂漏性湿疹とアトピー性皮膚炎の違いが非常にわかりにくいようです。
アトピー性皮膚炎とは、アレルギーを持つ人や肌の抵抗力が弱い人に起こる皮膚の炎症です。

・かさかさした乾燥した肌
・肌からふけのようなものが出る
・赤いブツブツ
・肌のただれ
・腫れたように肌が赤くなる
・掻き毟りを繰り返して、皮膚が浅黒く硬くなる

このような症状があれば、アトピー性皮膚炎で、首回りや関節の内側などにできやすいとされています。
原因ははっきりわかっていないというのが今の現状のようです。

原因がはっきりしないということは治療法も確定されていないということで、西洋・東洋医学療法・民間療法など、アトピー性皮膚炎の治療に関しては様々な情報が混在しています。これが私たちを苦しめることとなりました。

 

アトピー治療

今、思えば痒かったのでしょう。言葉に出せない時期で泣いてばかりいたので「癇癪」と勘違いしてイライラした日々を過ごしていました。からだのあちこちが真っ赤になり、可愛い盛りの時期が台無し。

こんな姿は当然まわりからも「どうしたの?」と心配されました。そして、アトピーに良いとされる、ありとあらゆるものの情報が飛び込んできます。無碍に断ることもできず色々と試しました。
我が家で試した治療法をご紹介します

○ステロイド剤・ワセリン
病院も転々としましたが、どの病院に行ってもだいたいこの薬+アレルギー剤(飲み薬)が処方されていました。

○掃除機購入
見えないダニを吸い取り、布団にも使えるという数十万もする掃除機。訪問販売の上手い口車に乗り、娘のアトピーが治るならと購入しました

○整水器
弱酸性水がアトピーに良いと聞き、家でも作れるようにと数十万もする整水器を両親が購入してくれました

○サプリメント
アメリカ製のもので抗酸化剤のものを食べさせました

○漢方薬
飲み薬+塗り薬、こちらも高価なお値段でした

他、食べ物を全て無添加、無農薬のものに変えたり、石鹸やシャンプーをオーガニックなものに変えたり。
娘のアトピーが治るのなら・・という必死な思いでした。

 

様々な治療をした効果

良くもならず、悪くもならず・・でしたね。もっと言えば、今でもアトピーは治っていません。
大人になっても季節によって、使用した洗剤などによって症状が表れます。
でも、以前と違うことは症状の出る範囲がごく小範囲になったこと、自分自身でコントロールができることです。

過ぎてみて思うことは、アトピーとは「からだの免疫力」が弱いことから症状が起こるのです。普通に過ごして、元気にさえ育っていけば免疫力も高まるので、ある程度は軽減されるということです。
もし、アレルギー体質を完璧に改善することができれば治るのかも知れませんが、難しいようです。

他、注意しなければいけないのこと!
大人になると仕事や家庭において、精神的なストレスが加わることがありますね。これも免疫力が弱るのでアトピー症状が表れますよ。
症状の表れを自己分析して、上手く付き合っていく必要がありそうです。

 

まとめ

もともとアレルギー体質である私も、つい最近「アトピー症状」があることがわかりました。アレルギーを持っている方は、このように大人になって発症する場合もあります。何が原因で、何を機に発症するのかは全くわかっていません。

しかし、無理に治すことばかりを考えるとそのことが強いストレスにとり、逆にアトピーを悪化させる可能性があります。「今、アトピーが出てるなー」くらいの気持ちで症状を緩和させつつ、気長に付き合っていくしかなさそうです。これから素晴らしい効能がある「新薬」が見つかるといいですよね!




おすすめ記事


 - 未分類

  関連記事

どうすれば「できる子」「伸びる子」に育つの?

  夏休み真っ只中。お子さんとどのようにして過ごしていますか? 元気で …

子どもが上手に片付けをするコツってあるの?片付けやすい工夫をしよう!

  まだお片付けを出来ない時期は子どもの散らかしたおもちゃはママが片付 …

妊婦ママ必見!!こんなに簡単に赤ちゃん返りを防ぐ方法!

お腹に赤ちゃんがいると分かるとどうしても意識や考えることがお腹の子・生まれたばか …

他人事ではない自然災害!!子供達を安心させるためにも防災グッズの見直しが必要です!

台風や地震、経験はあるけど大災害は他人事だと思っていませんか? 皆、そう思ってい …

これって赤ちゃん返り?下の子の妊娠出産で気を付けたい上の子への対応とは?

下の子の妊娠がわかって、家族が増えて上の子が「お兄ちゃん」「お姉ちゃん」になる! …

爪噛みやチックなど、子どもの癖が気になる。不安やストレスが原因って本当?

最近、子どもに気になる癖が…ということはありませんか? 爪を噛んで深爪になってい …

立ち会い出産ってするもの?メリットとデメリットは?

ママとパパにとって大切な赤ちゃんをお腹に授かったとわかったら、これからお腹の中で …

犬や猫などのペットを飼うと子供への教育にいい?メリットだけでなくペットを飼う注意点も知っておこう

”犬(猫)を飼いたい”と悩んでいるママ、いらっしゃいますよね? まだまだ子供が小 …

失敗続きの主婦さん必見!「ストレスフリー」な節約術、ここに注目!

今年のシルバーウィークは長い連休を取れる方も多いので、お出かけを予定しているファ …

もうすぐ敬老の日。でもこんな行動になってはNG!感謝を気持ちよく伝えましょう

日頃からお世話になっているおじいちゃん、おばあちゃん。普段は忙しい毎日だからこそ …