みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供(2歳~3歳)のトイレトレーニングってどんなことから始めて行ったらいいの?

   

kids_toilet_training_toitore

2歳を過ぎて、おしゃべりもだんだんできるようになってきたら、そろそろトイレトレーニングを考えたい時期です。

我が子も、今まさにトイレトレーニングの最中なのですが、最初にトイレで用をたすということを覚えさせるのがとても大変でした。

トイレで水を流すのが怖かったみたいで、一時期トイレに近づかなくなってしまったのです。

1歳10ヶ月〜2歳くらいまでは「おしっこが出た」とか「ウンチが出た」ということは教えてくれるのですが…

なかなかトイレに行きたがらなかったので、しばらくトイレトレーニングはお預け状態になりました。

でも、急がずに子どものペースでやらせたおかげで、無事にトイレ恐怖症を克服できて、今ではトイレに行けるようになりました。

そこで今回は、今トイレトレーニングの最中であるわたしの体験談を織り交ぜながら…

「トイレトレーニングの始め方」について、説明していきたいと思います。

まずはトイレの存在を教える

今までオムツを24時間つけているのが当たり前の生活だった子どもですが、これからは「トイレで用をたす」ということを教えていかなければなりません。

そこでまず、トイレという存在を知らせることから始めていくと子どももスムーズにトイレトレーニングに入りやすいと思います。

 

例えば、お母さん自身がトイレに行く時には「お母さん、ちょっとトイレに行ってチー(おしっこ)してくるね」と伝えるようにします。

そのことで子どもなりに「チーはトイレに行ってするものなんだ」と認識してきます。

まだうまくおしゃべりができない子どもでも、なんとなくこちらの言ったことを理解できる月齢が、2歳近くというわけなのです。

そして、子どもと一緒に手をつないで「お家の中探検」をしてみてください。

トイレのドアを開けたら「お母さんたちはここでチーをしてるんだよ、〇〇くん(ちゃん)も、もうすぐトイレでチーできるようになるからね」と声をかけます。

このようなことの積み重ねで、子どもはだんだんとトイレという場所を認識していって興味を持つようになるのです。

 

トイレトレーニングを始める目安

 

トイレトレーニングを始める目安としては、主に2つの項目をクリアしていると親子共にスムーズに始められるのではないでしょうか。

順番に見ていきましょう。

 

・おしゃべりで意思疎通ができる

言葉をしゃべるということは、子どもによってかなり個人差があります。

1歳半でペラペラしゃべるような子どももいますし、2歳でも一語文のみという場合もザラです。

そこは、ゆっくりお母さんが見守っていって子どもがうまく意思を言葉で伝えられるようになってからトイレトレーニングを始めれば良いと思います。

例えば、お母さんが「チー出た?」と聞いて、子どもが「出た」といった風に、お返事ができればもうバッチリです。

 

・おしっこをする間隔が2時間以上空く

子どもは膀胱がだんだん大きくなってくると、おしっこをある程度の時間膀胱に溜められるようになります。

オムツを交換して、次におしっこをしたタイミングで時間が2時間以上空いていた場合には、トイレトレーニングを始める目安になります。

お母さんは、次のおしっこの時間を見極めながら子どもにトイレへ誘導させるようにしましょう。

 

一緒に「ウンチばいばい」をしよう!

 

我が家の場合、子どもがトイレに対して恐怖心があったので、まずはそこから消し去ってあげないといけない状態でした。

トイレは怖くない、わたしたちにとって日常的な場所なんだと教えるためにどうしたら良いか…。

まずは、無理にトイレトレーニングを実施することなく、お家の中探検だけ続けてみました。

子どもは、トイレの水を流さなければ怖がることはなかったので、とりあえずちょっとトイレを覗く程度にしていきました。

そして慣れてきた頃に、子どもがウンチをしたら、一緒にトイレに行って「ウンチさん、ばいばい」と言いながら水で流すようにしたのです。

そうしたら、怖がっていた子どももスムーズにトイレを受け入れて、一緒に「ばいばい」と言いながら手をふっていました。

今では、ウンチが出そうになると教えてくれるくらいになったのでそのときに一緒にトイレに行きますが、今でも「ウンチさん、ばいばい」は続けています。

 

まとめ

 

トイレトレーニングのきっかけを作るにはどうしたら良いのかな…

このことで悩んでいるお母さんに向けて、今回はトイレトレーニングの始め方をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

まずは、言葉で意思疎通を図れることが一番です。

子どもの成長は個人差があるので、そこは焦らずに子どものペースで進めていくのが良いでしょう。

トイレという場所を子どもに知ってもらうためにわたしがおこなっていたことは…

 

・自分がトイレに行くときには、子どもに声をかけること

・お家の中探検をして、トイレで用をたすことを教えること

・ウンチをしたときに、一緒にトイレに流しに行くこと

 

この3つをおこなったおかげで、トイレトレーニングがスムーズに進んでいると思います。

ぜひ、そろそろトイレトレーニングかな…という時期のお子さんに試してみてくださいね!




おすすめ記事


 - 未分類

  関連記事

痒いのもジカ熱も避けたい!蚊を予防する方法と対策ってどんなものがある?

まだまだ暑い日が続きますが、夏といえば暑さはもちろんですが、蚊も気になりますよね …

他人事ではない自然災害!!子供達を安心させるためにも防災グッズの見直しが必要です!

台風や地震、経験はあるけど大災害は他人事だと思っていませんか? 皆、そう思ってい …

失敗続きの主婦さん必見!「ストレスフリー」な節約術、ここに注目!

今年のシルバーウィークは長い連休を取れる方も多いので、お出かけを予定しているファ …

クレジットカードでスマートに会計してお得をゲット!年間2万円節約になるクレジットカード活用術

日々の生活の中では食費に光熱費、住居費、学費…あげるとキリがないほどの出費をして …

子供への絵本
子供におすすめの絵本や教本ベスト7!心を育てる読書をしよう

子供にとって幼少期には、ママが絵本を読んであげることで本に親しむことが心の成長に …

立ち会い出産ってするもの?メリットとデメリットは?

ママとパパにとって大切な赤ちゃんをお腹に授かったとわかったら、これからお腹の中で …

炊飯器でご飯とおかず、一緒に作って節約生活!時間短縮の炊飯器活用していきましょう

仕事に家事に子育てに…と、毎日忙しくて自分の時間を作ることでさえ難しい主婦業は、 …

これって赤ちゃん返り?下の子の妊娠出産で気を付けたい上の子への対応とは?

下の子の妊娠がわかって、家族が増えて上の子が「お兄ちゃん」「お姉ちゃん」になる! …

学校での様子が気になるときは、子どもの友達を積極的にお家に招こう。

学校での子どもの様子、お友達はいるのか?勉強についていけているのか?などなど心配 …

もうすぐ敬老の日。でもこんな行動になってはNG!感謝を気持ちよく伝えましょう

日頃からお世話になっているおじいちゃん、おばあちゃん。普段は忙しい毎日だからこそ …