みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

暑い夏休み、低予算で子供と一緒に遊ぶ方法まとめ

   

cooking_ryouri_oyako

ながいながい夏休み。さらにここ数年、外の気温は異様なまでに上昇しています。
暑さと気忙しさとご飯の準備と、おやつまで、、ママはちょっぴり憂鬱になりますね。憂鬱を通り越すと怒りモードになることさえあります。

過ぎてしまえば、あっという間なのですが毎日「今日は何をしよう?」「今日はどこへ行こう?」と考えるのが大変です。
何もしない、どこへも行かないというのも子供がかわいそうだし・・。
でも、外出ばかりしていると経済的にも大変だし・・。

そこで、ママの工夫やアイデアが必要となってきます。夏休みはママの宿題のようなものですね。お金をかけず、子供を飽きさせず、楽しく遊ぶ方法、たくさん知っておくといいですね。

 

お家で遊ぶ

◎お絵かき
子供は基本的に書くことが大好きです。長続きするようにアプローチ方法を変えてあげたいですね。広用紙、色用紙、フリーダウンロードしたイラスト入りの紙など。また、書くものについても色鉛筆、ペン、クーピー、時には絵の具など。
同じことをするでも品が変われば、子供は飛びつきます。秘密兵器を用意しましょう。

◎ままごと
100均に行くと、色々なままごと用品がりますね。実際のキッチン用品なども取り入れてあげると子供は大喜び!本物により近いものが好きですね。

◎本読み
絵本はたくさん読むにこしたことはありません。一緒に図書館へ行って選ぶのも、子供にとっては楽しみですね。時にはママが仕掛け絵本などを隠し持っておくのも新鮮です。

◎お菓子作り
子供にとってはままごとの延長になるでしょうが、今日のおやつを一緒に作るというのも楽しく、ママとの思い出になります。

◎ビデオを観る
ディズニーやジブリなど、大人も子供も楽しめる映画を一緒に観る。カーテンを閉めて暗くし、ポップコーンやジュースを手に持ち、映画館さながらの上映会にするといいですよね。

夏の暑い間は、日中家の中で過ごすことが多くなりますね。ママの工夫とアイデアをたくさん取り入れていきたいです。秘密兵器はできるだけたくさん用意して下さいね!

 

外で遊ぶ

◎水遊び
庭先での水遊びは長い時間遊ぶことができまが、子供は少量の水で転んだだけでも溺れてしまいます。十分注意が必要です。

◎早朝・夕方散歩
正直、真夏に散歩できるのは早朝くらいではないでしょうか?あまりにも日差しが強く、小さな子供にはリスクが高いですね。
とても早起きなお子様であれば、5:00頃の散歩はオススメですよ。ママも気分爽やかになれます。

◎どろんこ遊び
公園でのお砂場遊びですが、それにお水を加えたもの。夏は濡れても、汚れてもシャワー直行できるので絶好のチャンスです。何をしているのかよくわかりませんが、どろんこを使っての遊びはとても喜びますね。
しかし、想像通りの汚れんぼになってしまうのでママに勇気が必要です。。。

外での遊びはママも目が離せません。いつ、どんな事故が起きるかわかりませんよね。例え涼しくても熱中症の危険は十分ありますので定期的に水分補給をしましょう。
太陽に当たることを覚悟して、子供もママも日焼け対策バッチリで外遊びして下さい。

 

お出かけする

◎児童館
子供が遊べる無料の施設を利用したいですね。お友達もいるし、ママ同士の交流も広がります。時間を決めて、曜日を決めて定期的に通うのもいいですね。

◎ショッピングモール
少々、コストがかかりますが涼しいお店で子供の行きたいところを優先に楽しむ。駄々っ子が始まらないように、ここで大事なことは「お約束をつくる」ことです。
・おもちゃは買いません
・時間がきたら帰る準備をします
・お友達と仲良くします
など。
集団生活を送るための社会勉強にもなるので、必ず守れるお約束を作って出かけて下さい

◎映画やショーを観る
テレビやビデオだけではなく、時には迫力ある大スクリーンでお子様と映画を楽しむのも良いですね。

◎お友達の家に行く
場所が変われば、子供は新鮮な気持ちで過ごすことができます。仲良しママ友と相談して行き来して遊ぶのは良い気分転換ができますね!

外出はママの気分転換にもなるので、行先があれば積極的に出かけましょう。

 

短い時間でした

子供が小さい頃に、あれこれ悩み実行してきたことをまとめてみました。当時、頭を痛めながら、できるだけコストを落として遊べる方法を考えていました。
苦労のかいあって意外にも子供たちの記憶には残っているようです。

なかでも、「おやつ作り」「水遊び」「ビデオ」などは鮮明なようです。そして何よりも楽しかったのは、「どろんこ遊び」ということです。
子供ってママが嫌がる遊びが大好きなんですよね。玄関がどろだらけになる可能性があるので、心の広いママはチャレンジしてみて下さい!

一人一人楽しいことは違うので、色々と試してみて下さい。日替わりで遊びを変えると、長い夏休みもいつの間にか「終わり」を迎えるはずです。

子供と一緒に遊んだ時間がとても愛おしく、今思うと、とても短かかったです。子供と一緒に遊ぶ時間はママが考えているよりもずっと短い時間ですよ。
大変ではありますが子供と遊ぶ貴重な夏休み、楽しい思いでを作ってください!!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供同士の喧嘩・トラブルに親はどこまで介入すべき?親には知られたくない子供の気持ち

小学生、特に3年生頃になると、子供は自分の意見をしっかり持つようになります。それ …

ハイハイせずに歩きだしちゃった!このままで大丈夫?

赤ちゃんを育てていくうえで、どうしても気になってしまうのが体の発達面です。 首が …

過保護すぎる親「ヘリコプター・ペアレント」になっていませんか?子供の自立心を奪うダメ親の代表です

子供の成長を願うあまりに、手をかけ過ぎてしまったり、何でも先回りしてやってあげた …

子供がトイレトレーニングを始める時期・年齢はいつから?

2才を過ぎて幼稚園入園を意識しはじめると、「そろそろおむつはずしも始めないと…」 …

子供のご褒美におもちゃがダメな理由とは?おねだりを許すとわがままになる

「これ買って〜!」と子供におもちゃをおねだりされて、つい買ってしまうことはありま …

姉妹喧嘩の仲裁
小学生女子のおしゃれ、親はどこまで認めるべき?禁止する前に親として教えるべきこと

街を歩いていると、可愛い!というより、まるで大人のようにキレイに着飾った女の子た …

子育て期はお金がかかる…ちょっとの見直しで「子育て浪費」をグンと減らす方法とは?

赤ちゃんから幼児期になるまでの子供の成長は著しく、すぐに大きくなってしまうので洋 …

子供に「自分を知る」機会を与えていますか?親の押しつけは子供の希望を奪ってしまう!?

幼児期のお子さんを持つパパママにとって、わが子がどんな大人になるのか心配、あるい …

もしかしてウチの子左利き?!右利きに直したほうがいいの?そのままにする?

    全国には、10〜20%の割合で左利きの人が存在しています。 これは、三万 …

赤ちゃんの「乳幼児揺さぶられ症候群」が増えている!?その「あやし方」…気をつけて!

産まれて間もない赤ちゃんは、言葉を発する代わりに「泣く」という行動で周りの人に自 …