みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

犬や猫などのペットを飼うと子供への教育にいい?メリットだけでなくペットを飼う注意点も知っておこう

      2016/08/02

flying_disk_dog_pet

”犬(猫)を飼いたい”と悩んでいるママ、いらっしゃいますよね?
まだまだ子供が小さくて手もかかるし、、という迷いが頭を駆け巡ります。命を預かるのですから存分に悩んで下さい。大切なことですね!
イギリスの有名なことわざをご存じでしょうか?

「子供が生まれたら犬を飼いなさい。
子供が赤ん坊の時、子供の良き守り手となるでしょう。
子供が幼年期の時、子供の良き遊び相手となるでしょう。
子供が少年期の時、子供の良き理解者となるでしょう。
そして子供が青年になった時、
自らの死をもって子供に命の尊さを教えるでしょう。」

イギリスはペット先進国であるため、日本でのペットルールとは異なります。とても大切に扱われています(ちなみに日本では、物=貨物と同じ扱いになります)
これは、ことわざなのでしょうか?私は個人的に全く同意で事実だと思います。

子供だけでなく、パパやママにとっても大切な家族の一員になってくれるはずです。では、犬や猫を飼うことで得られるメリットや注意点を考えてみましょう。

子供へのメリット

○心や表情が豊かになります
動物は言葉が喋れません。でも、自分の気持ちや感情をからだ全体で表現します。飼い主には最高の愛情を注いでくれます。一緒に暮らすと、その子の感情や表情が読み取れるようになります。その愛情返しとして人間(子供)も表現が豊かになるのです。

○一緒にいてくれることで気持ちが安定します
動物は飼い主と触れ合うことで、たくさんのオキシトシンを(愛情ホルモン)を分泌します。その幸せいっぱいの動物がそばにいてくれることで気持ちが安定します。気持ちが安定することで、頑張るチカラが芽生えるのです

○ルールを守る理由を学びます
動物が人間社会で暮らしていくためには、様々なルールを覚えなければいけません。守らなければいけません。ルールを守れない場合は動物を手放すことになりますね。そうしたことから「ルールを守る大切さ」を学びます。

○責任感を身に着けます
動物は生き物です。ご飯も食べれば、排泄もするし、病気をすることもあります。それは全て
飼い主が責任を持ってお世話をしていくことです。自分の都合に合わせて飼っていれば、動物は死に至るでしょう。命を預かる「責任感」を身に着けることができます。

ペットを飼うことで色々なルールを学んだり、ペットを飼うことで心が豊かになったり、ペットを飼うことで「命」の尊さを学びます。教科書では学べないことばかりですね!

 

ペットは生き物です

どんなに小さい生き物でも、たった一つしかない尊い命を持って生まれてきます。その命はからだの大きさに関係なく、皆同じなのです。

ペットショップにいるペットはほとんどが赤ちゃん。ちっちゃくて、あどけない表情にノックアウトを食らうのです。時には、雑貨を買ったり、おもちゃを買ったりする感覚でペットを飼う人がいます。

初めは可愛さあまりに遊んであげるけど、躾も何もできないままに成長し、飽きたり、大きくなったら可愛くない・・とか、人間の勝手な理由でペットの飼育放棄をしてしまう人もいます。虐待を受けたり、捨てられたり、命の尊さを全く学ばない、感じない人です。
大人がこんな飼育風景を見せれば、子供は「命の尊さ」がわからない同じ子育てをしてしまうかも知れませんね!

ペットショップやインターネットで動物さえも簡単に購入できます。
でも、動物は生き物だということを忘れないでください。飼った以上は最期まで家族の一員です。

 

物理的な問題もある

気持ち的には十分に覚悟ができています!!子供たちともたくさん話し合って、ペットを飼うことになりました。気持ち的な問題は解決できましたが、物理的な問題はクリアできているでしょうか?

○ペットを飼うスペースは確保できていますか?
大きさにもよりますが、寝床・排泄スペース・遊ぶスペースが必要です

○隣近所の方にペット嫌いはいませんか?
これは意外に重要な問題です。嫌いな方は見るのもいや、近くにいるのもいやと敬遠されるのでそれとなくリサーチしておきましょう

○経済的なことは大丈夫ですか?
ペットを育てるにはお金がかかります。食事・予防接種・予防薬。他病院代や美容院代など、動物の種類によって異なるので事前に調べておきましょう

飼う前に考えておいた方が良いことです。これらの問題も重要で、クリアできなかったために泣く泣くペットを手放す方もいます。新しい家族をストレス無しで育てることができるように、万全の準備をしましょう。

 

まとめ

生き物を飼うということは、責任があります。子供が欲しがるおもちゃやゲームとは訳が違います。何の考えもなしに軽い気持ちで飼われて不幸な目にあう動物たちもたくさんいます。

自信がなかったり無理を感じた時は、子供にも正直に理由を話してあげて下さい。全てがクリアできて新しい家族を迎え入れた方は、子供と同じように全力で愛してあげて下さい。

動物たちは限りない愛情を私たちに注いでくれます。動物たちが子供の成長に、私たち大人に与える影響はとてつもなく大きなものになるでしょう!!




おすすめ記事


 - 未分類

  関連記事

赤ちゃんの肌がカサカサに!乾燥肌を防ぐ方法とは?

赤ちゃんの肌というと、ぷにぷにしていて柔らかく滑らかなのを想像しますが… 実は肌 …

お金を「貯められない人」はお財布の中身を要チェック!スッキリさせて「貯まる人」に変えていきましょう

「黄色いお財布はお金が貯まる!」など、お財布にまつわる縁起事をよく聞きますが、デ …

駄々っ子な子どもに苦労していませんか?だだをこねるには理由があるんです!

スーパーで「買ってかってー!泣」と駄々をこねている子どもを一度は見たことあります …

高級掃除機やサプリメントを買ったけど子供のアトピー性皮膚炎が治らなかった。無理に対策するのではなく付き合い方を考えた方が得策です

アトピー性皮膚炎。大人も子供も同じ数の人が耐えがたい痒みと闘っているのではないで …

痒いのもジカ熱も避けたい!蚊を予防する方法と対策ってどんなものがある?

まだまだ暑い日が続きますが、夏といえば暑さはもちろんですが、蚊も気になりますよね …

離乳食を食べてくれない!進まない離乳食、どうすればいい?

産まれてからずっと母乳やミルクだけだった赤ちゃんが生後半年頃から開始する離乳食。 …

子育て中、片付かないお部屋にイライラしてませんか?気持ちがすっきりする「お片づけルール」をご紹介!

育児中は片づけても片づけても部屋が驚くほど汚れますよね。 ですが、それは我慢しま …

これって赤ちゃん返り?下の子の妊娠出産で気を付けたい上の子への対応とは?

下の子の妊娠がわかって、家族が増えて上の子が「お兄ちゃん」「お姉ちゃん」になる! …

気になる出産費用…三つ子だと126万円も貰える制度があるの、ご存知ですか?

「赤ちゃんが欲しい」と願ったとき、やはり現実に目を向けなくてはいけませんよね。出 …

クレジットカードでスマートに会計してお得をゲット!年間2万円節約になるクレジットカード活用術

日々の生活の中では食費に光熱費、住居費、学費…あげるとキリがないほどの出費をして …