みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

犬や猫などのペットを飼うと子供への教育にいい?メリットだけでなくペットを飼う注意点も知っておこう

      2016/08/02

flying_disk_dog_pet

”犬(猫)を飼いたい”と悩んでいるママ、いらっしゃいますよね?
まだまだ子供が小さくて手もかかるし、、という迷いが頭を駆け巡ります。命を預かるのですから存分に悩んで下さい。大切なことですね!
イギリスの有名なことわざをご存じでしょうか?

「子供が生まれたら犬を飼いなさい。
子供が赤ん坊の時、子供の良き守り手となるでしょう。
子供が幼年期の時、子供の良き遊び相手となるでしょう。
子供が少年期の時、子供の良き理解者となるでしょう。
そして子供が青年になった時、
自らの死をもって子供に命の尊さを教えるでしょう。」

イギリスはペット先進国であるため、日本でのペットルールとは異なります。とても大切に扱われています(ちなみに日本では、物=貨物と同じ扱いになります)
これは、ことわざなのでしょうか?私は個人的に全く同意で事実だと思います。

子供だけでなく、パパやママにとっても大切な家族の一員になってくれるはずです。では、犬や猫を飼うことで得られるメリットや注意点を考えてみましょう。

子供へのメリット

○心や表情が豊かになります
動物は言葉が喋れません。でも、自分の気持ちや感情をからだ全体で表現します。飼い主には最高の愛情を注いでくれます。一緒に暮らすと、その子の感情や表情が読み取れるようになります。その愛情返しとして人間(子供)も表現が豊かになるのです。

○一緒にいてくれることで気持ちが安定します
動物は飼い主と触れ合うことで、たくさんのオキシトシンを(愛情ホルモン)を分泌します。その幸せいっぱいの動物がそばにいてくれることで気持ちが安定します。気持ちが安定することで、頑張るチカラが芽生えるのです

○ルールを守る理由を学びます
動物が人間社会で暮らしていくためには、様々なルールを覚えなければいけません。守らなければいけません。ルールを守れない場合は動物を手放すことになりますね。そうしたことから「ルールを守る大切さ」を学びます。

○責任感を身に着けます
動物は生き物です。ご飯も食べれば、排泄もするし、病気をすることもあります。それは全て
飼い主が責任を持ってお世話をしていくことです。自分の都合に合わせて飼っていれば、動物は死に至るでしょう。命を預かる「責任感」を身に着けることができます。

ペットを飼うことで色々なルールを学んだり、ペットを飼うことで心が豊かになったり、ペットを飼うことで「命」の尊さを学びます。教科書では学べないことばかりですね!

 

ペットは生き物です

どんなに小さい生き物でも、たった一つしかない尊い命を持って生まれてきます。その命はからだの大きさに関係なく、皆同じなのです。

ペットショップにいるペットはほとんどが赤ちゃん。ちっちゃくて、あどけない表情にノックアウトを食らうのです。時には、雑貨を買ったり、おもちゃを買ったりする感覚でペットを飼う人がいます。

初めは可愛さあまりに遊んであげるけど、躾も何もできないままに成長し、飽きたり、大きくなったら可愛くない・・とか、人間の勝手な理由でペットの飼育放棄をしてしまう人もいます。虐待を受けたり、捨てられたり、命の尊さを全く学ばない、感じない人です。
大人がこんな飼育風景を見せれば、子供は「命の尊さ」がわからない同じ子育てをしてしまうかも知れませんね!

ペットショップやインターネットで動物さえも簡単に購入できます。
でも、動物は生き物だということを忘れないでください。飼った以上は最期まで家族の一員です。

 

物理的な問題もある

気持ち的には十分に覚悟ができています!!子供たちともたくさん話し合って、ペットを飼うことになりました。気持ち的な問題は解決できましたが、物理的な問題はクリアできているでしょうか?

○ペットを飼うスペースは確保できていますか?
大きさにもよりますが、寝床・排泄スペース・遊ぶスペースが必要です

○隣近所の方にペット嫌いはいませんか?
これは意外に重要な問題です。嫌いな方は見るのもいや、近くにいるのもいやと敬遠されるのでそれとなくリサーチしておきましょう

○経済的なことは大丈夫ですか?
ペットを育てるにはお金がかかります。食事・予防接種・予防薬。他病院代や美容院代など、動物の種類によって異なるので事前に調べておきましょう

飼う前に考えておいた方が良いことです。これらの問題も重要で、クリアできなかったために泣く泣くペットを手放す方もいます。新しい家族をストレス無しで育てることができるように、万全の準備をしましょう。

 

まとめ

生き物を飼うということは、責任があります。子供が欲しがるおもちゃやゲームとは訳が違います。何の考えもなしに軽い気持ちで飼われて不幸な目にあう動物たちもたくさんいます。

自信がなかったり無理を感じた時は、子供にも正直に理由を話してあげて下さい。全てがクリアできて新しい家族を迎え入れた方は、子供と同じように全力で愛してあげて下さい。

動物たちは限りない愛情を私たちに注いでくれます。動物たちが子供の成長に、私たち大人に与える影響はとてつもなく大きなものになるでしょう!!




おすすめ記事


 - 未分類

  関連記事

貯金のためにしているのに無意味だった!?貯金しているつもりでやりがちな事とは?

「貯金しているはずなのに、何故かお金が無くなってしまう…」そんな悩みはありません …

症状別!子どもの体調が悪いときにできるホームケアって?

子どもが風邪を引いてしまったとき、とても不安ですよね。 病院で薬はもらって来たけ …

喜ばれる出産祝いって何がいい?おすすめ7選!

友だちや知り合いに赤ちゃんが生まれた!とても喜ばしいことですね。 母子共に無事に …

どうすれば「できる子」「伸びる子」に育つの?

  夏休み真っ只中。お子さんとどのようにして過ごしていますか? 元気で …

爪噛みやチックなど、子どもの癖が気になる。不安やストレスが原因って本当?

最近、子どもに気になる癖が…ということはありませんか? 爪を噛んで深爪になってい …

子どもはいびきをかかないって本当?そのいびき、睡眠時無呼吸症候群かも!

子どもが大人のようにガーガーと大きないびきをかいていたら、寝苦しいのかな?と気に …

子どものお昼寝っていつまで必要?お昼寝卒業っていつ?

赤ちゃんの頃は毎日自然としていたお昼寝ですが、大きくなってくるにつれていつまで必 …

子連れで電車はマナーが心配。どこまで大丈夫??

子連れでお出かけはたくさんしたいですよね。でも電車に乗るときにちょっとドキドキハ …

もうすぐ敬老の日。でもこんな行動になってはNG!感謝を気持ちよく伝えましょう

日頃からお世話になっているおじいちゃん、おばあちゃん。普段は忙しい毎日だからこそ …

「しっかりご近所つきあい」でなにかと騒がしい子育て中も快適ライフ!

みなさん、ご近所つきあいはしていますか?このご時世ですから住んでいる環境によって …