みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

育児を一人で抱え込まないことが大切。母親の育児ノイローゼを防ぐ方法は?

      2015/07/27

育児ノイローゼ対策
毎日かわいいお子さんとの生活。話しかけたらにっこり微笑んでくれたり、作ったものを美味しそうにパクパク食べてくれたり、え~んって泣いている時ぎゅっと抱っこしてよしよしをしたら泣き止んだり・・・。(やった~。)と思いながら自分がママなんだと実感しますよね。

ママの育児は24時間体制。労働の重さにしたら絶対に重労働だと思います。
でもかわいい子供のためと思えば、パワー全開で頑張ってしまう。ママはすごいと思います。

でも、頑張っているママ達も思わず、(はあ〜。)と大きなため息をつきたくなることがありますよね。

育児中は自然とイライラが溜まる

例えば、今日のスケジュールを立てたものの子供がぐずり、なだめても怒っても言うことを聞いてくれず計画をキャンセルしたり、作ったものを全然食べてくれなっかったり、夜なかなか寝てくれなかったり、急な熱を出したり・・・など突発的なことで思い通りにいかず、疲れもピークになることはありませんか?

ふと気づくと『なんで?』『どうして?』『頑張っているのに?』『私ばっかり』『いい加減にしてよ』・・・と言葉にはしないものの、頭の中に浮かぶ回数がどんどん増えていませんか?

今までより頻度が増えてきたら要注意。言葉がどんどん自分に向けられて身動きが取れなくなってしまい知らず知らずのうちにイライラがたまり、言葉を跳ね返す力もなくなってやがてノイローゼへ。

ママの対応が直接関係するお子さんもつらいですがママ本人にとってもつらいですよね。言葉は『言霊』とも言います。言ったことが自分に向いてきてしまい心身ともに病んでしまいます。
もし言葉が増えてきたなと思い始めたらその思いを外へ向けてしまいましょう。なぜ? どうして?自分で解決できればいいですが、解決出来ずもやもやしている時は解決策を人に託してしまいましょう。

子育て支援などのサービスを利用しよう

最近、子育て環境を良くするためにいろいろな対策が考えられています。例えば『子育て支援』役所・保健所を窓口として保健師・相談専門員への相談が出来ます。

また、地域の幼稚園・保育園が園内で食や生活に対して話を聞かせてくれたり、相談にものってくれます。ある保育園では親子遊びを教えてくれたり、それぞれ困っていることを聞き合い、保育士が答えるなど取り入れているところもあります。

他に参加している親子がいますので園庭でお子さんを遊ばせながらちょっとした立ち話もできます。同い年ぐらいのママと悩みを共有することも出来るかもしれませんね。幼稚園・保育園にいる子供達を見る機会でもあります。手強い先輩・同年齢のお子さんを見て(うちばかりではないんだ。)(他にもうわてが・・・。)と参考になる機会があるかもしれません。

公園デビューはいつも同じ方と顔を合わせ、気疲れしてしまうと思うママには幼稚園・保育園で遊ばせてもらうのはいいかもしれません。もし外に出るのがおっくう、人とのかかわりが苦手というママにも電話相談窓口があります。全部自分で!と頑張りすぎないで人をどんどん頼りし、イライラ・もやもやを蓄積しないようにしましょう。相談にのってほしいママ達を待っていますよ。

ママの笑顔がいっぱい見られますように。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

赤ちゃんが離乳食を食べてくれない理由とは?はじめての離乳食ガイド

母乳やミルクが卒業に近づくと『離乳食』が待っています。早く1人で食べてほしい、大 …

子供の努力を褒める
子供に必要なのは勉強よりも自己肯定感。テストの点数より努力の過程を褒めることが大切

0歳からの英才教育という言葉を聞いたことはありますか? 子供にとって将来を左右す …

義務化された小学校での英語授業。親御さんは子供の早期英語教育に賛成?反対?

「英語」が小学校教育で義務化されたことはご存知ですか? 今までのカリキュラムより …

子供の地頭力を鍛える
ピアノを習っている子供は頭が良くなる。音楽が子供の地頭力を鍛えるのに役立つ理由とは?

英語、体操教室、リトミック…。 お子さんに「何か習い事をさせてあげたいけど、どれ …

娘に質問してみました!!「子育て中のママたちに言いたいことってどんなこと?」

同じ屋根の下に一緒に住んでいる以上、子供のことを気にしないっていうのは無理!! …

自分の意見をハッキリ言える意思の強い子供を育てる方法とは?

日本には「奥ゆかしい」「以心伝心」など、古来より独自の文化を育んできました。 こ …

子供の靴の選び方。足のサイズだけでなく公園で遊ぶ時用の靴などTPOを考えて靴を買おう

最近、子供用の靴の種類が増えましたね。 大人が履く人気メーカーさんの子供版だった …

クーラーなしでもこんなに涼しい!上手なエコで楽しく節電しよう!

何かと電気代のかさむ夏だから、少しでも節電したいものですね。中でも一番電気代にか …

暑い夏休み、低予算で子供と一緒に遊ぶ方法まとめ

ながいながい夏休み。さらにここ数年、外の気温は異様なまでに上昇しています。 暑さ …

ぐずる子ども
朝の忙しい時に子供をぐずらせない方法。スムーズに幼稚園まで送り届けるコツとは?

子育てをされているご家庭にとって、朝の忙しさと言ったらありません! 共働き家庭な …