みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

育児を一人で抱え込まないことが大切。母親の育児ノイローゼを防ぐ方法は?

      2015/07/27

育児ノイローゼ対策
毎日かわいいお子さんとの生活。話しかけたらにっこり微笑んでくれたり、作ったものを美味しそうにパクパク食べてくれたり、え~んって泣いている時ぎゅっと抱っこしてよしよしをしたら泣き止んだり・・・。(やった~。)と思いながら自分がママなんだと実感しますよね。

ママの育児は24時間体制。労働の重さにしたら絶対に重労働だと思います。
でもかわいい子供のためと思えば、パワー全開で頑張ってしまう。ママはすごいと思います。

でも、頑張っているママ達も思わず、(はあ〜。)と大きなため息をつきたくなることがありますよね。

育児中は自然とイライラが溜まる

例えば、今日のスケジュールを立てたものの子供がぐずり、なだめても怒っても言うことを聞いてくれず計画をキャンセルしたり、作ったものを全然食べてくれなっかったり、夜なかなか寝てくれなかったり、急な熱を出したり・・・など突発的なことで思い通りにいかず、疲れもピークになることはありませんか?

ふと気づくと『なんで?』『どうして?』『頑張っているのに?』『私ばっかり』『いい加減にしてよ』・・・と言葉にはしないものの、頭の中に浮かぶ回数がどんどん増えていませんか?

今までより頻度が増えてきたら要注意。言葉がどんどん自分に向けられて身動きが取れなくなってしまい知らず知らずのうちにイライラがたまり、言葉を跳ね返す力もなくなってやがてノイローゼへ。

ママの対応が直接関係するお子さんもつらいですがママ本人にとってもつらいですよね。言葉は『言霊』とも言います。言ったことが自分に向いてきてしまい心身ともに病んでしまいます。
もし言葉が増えてきたなと思い始めたらその思いを外へ向けてしまいましょう。なぜ? どうして?自分で解決できればいいですが、解決出来ずもやもやしている時は解決策を人に託してしまいましょう。

子育て支援などのサービスを利用しよう

最近、子育て環境を良くするためにいろいろな対策が考えられています。例えば『子育て支援』役所・保健所を窓口として保健師・相談専門員への相談が出来ます。

また、地域の幼稚園・保育園が園内で食や生活に対して話を聞かせてくれたり、相談にものってくれます。ある保育園では親子遊びを教えてくれたり、それぞれ困っていることを聞き合い、保育士が答えるなど取り入れているところもあります。

他に参加している親子がいますので園庭でお子さんを遊ばせながらちょっとした立ち話もできます。同い年ぐらいのママと悩みを共有することも出来るかもしれませんね。幼稚園・保育園にいる子供達を見る機会でもあります。手強い先輩・同年齢のお子さんを見て(うちばかりではないんだ。)(他にもうわてが・・・。)と参考になる機会があるかもしれません。

公園デビューはいつも同じ方と顔を合わせ、気疲れしてしまうと思うママには幼稚園・保育園で遊ばせてもらうのはいいかもしれません。もし外に出るのがおっくう、人とのかかわりが苦手というママにも電話相談窓口があります。全部自分で!と頑張りすぎないで人をどんどん頼りし、イライラ・もやもやを蓄積しないようにしましょう。相談にのってほしいママ達を待っていますよ。

ママの笑顔がいっぱい見られますように。




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

雨で外遊びが出来ない…!家で子どもに満足してもらえる遊び方3つを大公開!

雨の日だと、公園で思いっきり外遊びが出来ないので、パワーを持て余している子どもは …

育てたい子供の「決断力」。見極める力をトレーニングしよう!

人間が生活を営んで行く上で、大切な場面では必ずといっていいほど「決断」を迫られま …

子供を公園デビューさせる時の注意点!ジャングルジムや滑り台で怪我をしないよう親がするべきこと

子供が1歳を過ぎ、歩き始めるようになると公園デビュー!という親子は多くいるでしょ …

子供の食べ物の「好き嫌い」を克服するには?

お子さんが成長して大きくなるにつれて、食べ物の好き嫌いは、パパママにとっても悩み …

子供を支配していませんか?子供は親の所有物ではありません!!

自分自身がお腹を痛めて生んだ我が子。 何よりもかけがえのない存在です。 愛して止 …

赤ちゃんが離乳食を食べてくれない理由とは?はじめての離乳食ガイド

母乳やミルクが卒業に近づくと『離乳食』が待っています。早く1人で食べてほしい、大 …

子供の「言葉遣い」気になりませんか?ママの言葉や話し方が子供のコミュニケーションに影響します!!

子供が使う「言葉」について考えたことがありますか?また、ご自身が使っている「言葉 …

フィンランドの教育
フィンランドに学ぶ北欧流子育て「長所を伸ばすのびのび教育」を見習いましょう

フィンランドでは子供の学力がとても高いということをご存知ですか? 先進国の中では …

無駄遣いしていないのに貯金ゼロ…貯金の「出来る」「出来ない」の差のある家庭は何が違うのでしょうか?

「無駄使いなんてしていないのに、全然貯金が出来ないんです…」と、悩む子育て世代の …

子供に「自分を知る」機会を与えていますか?親の押しつけは子供の希望を奪ってしまう!?

幼児期のお子さんを持つパパママにとって、わが子がどんな大人になるのか心配、あるい …