みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子供が歯みがきを嫌がらないように低月齢の頃から歯磨きトレーニングしよう!

   

body_ha_good

1歳半から2歳くらいで、だんだんと歯が生え揃ってきて、それと同時に虫歯になりやすくもなります。

そこで大切なのが、歯みがきです。

しかし、多くの子どもが歯みがきを嫌がってしまうという現実があります。

実際、歯ブラシを口に入れることを頑なに拒否する子に手を焼いている…という人も多いのです。

 

これは、実は歯も生えていない低月齢の頃からのトレーニングが必要なのです!

歯ブラシという未知のものに対して、赤ちゃんが恐怖心を持たないようにしていく必要があるのです。

そこで今回は、これから赤ちゃんの歯が生えてくる、というお母さんのために今からできる歯みがきトレーニングのやり方をご紹介します。

これからのために、ぜひ参考にしていってくださいね。

歯みがきを嫌がるのはどうして?

 

子どもが歯みがきを嫌がるのは、歯ブラシという「異物」が口の中に入ってくることに拒否することが理由として挙げられます。

離乳食が始まってから、スプーンをなかなか口に入れてくれないのと同じように、無機質なものが口に入ると嫌がるのです。

 

しかし、歯みがきをしないと赤ちゃんの乳歯は虫歯になりやすくて弱いので、毎日きちんと歯みがきをしてあげないといけません。

でも、よくテレビでやっているようにおとなしくお母さんの膝の上に頭を乗せて…とはいかないのが現実なのです。

ここまでおとなしく歯みがきをさせるには、ある程度のトレーニングで慣れさせなければなかなかうまくいかないのです。

次の項目で、わたしが実践した歯みがきトレーニングのやり方をご紹介します!

 

わたしが実践した歯みがきを嫌がらない方法!

 

イヤイヤ期などに歯みがきを嫌がらないように、わたしがやっていた低月齢からできるトレーニング方法を順番に見ていきましょう。

 

・早くから歯ブラシを渡しておく

わたしの場合は、4ヶ月くらいのオモチャに興味を持って遊びだす低月齢の頃から歯ブラシを渡してオモチャ代わりに与えていました。

この月齢の子どもは、とにかくなんでも口に入れたがるので、歯ブラシを口に入れることに慣れさせる絶好の機会なのです。

そして、歯が生えていない頃からガーゼなどで歯茎をぬぐうようにしていたので、口に異物が入ることに慣れさせていました。

最初は歯ブラシの毛がボロボロになってしまうので、シリコンゴム製の歯ブラシを与えると良いですよ。

 

・自分が歯みがきをしている姿を見せる

もう少し月齢が進むと、赤ちゃんはモノマネが得意になります。

そのため、親がしていることをすぐにやりたがるので、歯みがきをしている姿を見せてあげましょう。

わたしは朝昼晩の歯みがきタイムは、子どもに歯ブラシを持たせて真似できるようにしておきます。

おかげで2歳になった今は、ご飯を食べ終わると一連の流れのように歯ブラシを持ってくるようになりましたよ!

 

歯ブラシに興味をもたせてあげよう!

 

ある程度の月齢になってからトレーニングをする場合には、まずは歯ブラシに興味を持ってもらうことから始めてみましょう。

嫌がる子どもを相手に無理やり歯みがきをしてしまうと、余計に歯みがき=嫌なことだと刻み込まれてしまいます。

そうならないように、頑なに嫌がる時には子どもがその気になった時を見計らってチャレンジしてみましょう。

 

子どもに興味を持ってもらうために与えたのはシリコンゴム製の歯ブラシだったのですが、実際にわたしが持って磨く歯ブラシは毛のタイプでした。

実際に磨くとわかるのですが、シリコンゴム製のものだと歯をきちんと磨くことができません。

そのため、子どもには「練習用」として与えるのが一番です。

仕上げ磨きには、毛の歯ブラシでしっかりと磨いてあげると虫歯を予防するのに最適です。

歯ブラシを怖いものだと思わせないように、面白い興味対象として認識させることが大切なのです。

わたしも歯ブラシを何本もボロボロにされて、買い替えまくりましたが…

そのおかげで今、歯みがきに苦労しなくて済んでいます。

 

まとめ

 

イヤイヤ期に苦労しないように、早いうちからの歯みがきトレーニングをオススメするために効果的な方法をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

月齢が低いうちから、歯ブラシをオモチャ代わりに与えて口の中に異物が入る感覚に慣れてもらうというのが効果的な方法でした。

歯ブラシは、乳児用の喉につっかえないようリングのついたタイプを使用しましょう。

また、歩けるようになって活発になってきたら、歯ブラシをくわえたまま歩くことのないように注意して見守ってくださいね。

歯は一生の大切なものです。

乳歯だし抜けてしまうから…と考えがちですが、小さい頃からの歯みがきの習慣は大きくなってからもずっと引き継がれます。

だんだんと歯が生え、大人と同じものを食べていくうちに虫歯のリスクは上がっていきます。

歯が生えてきた時に毎日しっかりと歯みがきができるように、小さなうちから慣れさせていきましょう。

1年半後、きっとスムーズに歯みがきをしていると思いますよ!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

ダラダラ叱るのは逆効果!?「一発」で子供に届く叱り方に切り替えよう!

子供を叱るのは、今後、同じ間違いをしないようにして欲しい…という親の気持ちを子供 …

過保護の違い
子供への「過保護」と「過干渉」の違い、分かりますか?

子供を可愛いと思うあまり、つい「過保護」になったり「過干渉」になってしまったりし …

最初は良かったのに…苦手になってしまったママ友との付き合い、どうする?

子育てをするうえで必ずと言っていいほどついて回る「ママ友」という存在。 あるとき …

オムツが外れるまではダメ?赤ちゃんと温泉に入れる時期について

赤ちゃんのお世話をしていると、たまにはほっと一息つけるようなたいけんをしたくなり …

子どものおもちゃ、厳選したほうがいい?それともたくさんあったほうがいいの?

子どものおもちゃは、赤ちゃん用品店などに行くと実に様々なものが売られていて、次か …

七五三って、数え年がいいの?それとも満年齢がいいの?

夏が過ぎれば、本格的に七五三シーズンに入りますね。 多くの写真館が、早い段階で七 …

「叩いちゃダメ!」は効果なし?友達に手が出てしまった時の対処法とは?

子供同士で遊んでいるとき、わが子がお友達を叩いてしまってビックリしてしまったこと …

雨で外遊びが出来ない…!家で子どもに満足してもらえる遊び方3つを大公開!

雨の日だと、公園で思いっきり外遊びが出来ないので、パワーを持て余している子どもは …

直したい子供の「人見知り」。社会性を育む方法を考えてみましょう

2才を過ぎる頃になると、激しい人見知りをする子供が出てきます。お買い物へ出かけて …

子供のアレルギー対策
赤ちゃんのアレルギー対策。自治体主催のアレルギー予防教室で守る方法を学びましょう

アレルギーを持つ子供は年々増えていますよね。 原因はさまざまですが、なってしまっ …