みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

娘に質問してみました!!「子育て中のママたちに言いたいことってどんなこと?」

   

quiz_woman_batsu

同じ屋根の下に一緒に住んでいる以上、子供のことを気にしないっていうのは無理!!
だからといって、目についたこと、感じたこと、気づいたことを全て口にするのも、子供は息が詰まってしまいます。いっそのこと一緒にいなければいいのにと思うこともありますよね。
ほどほどって難しい・・・。

成長した娘に質問してみました。「子育て中のママたちに言いたいことってどんなこと?」
返ってきた返事は「自分の価値観を子供や、子供の友達にも押し付けるなってこと。これだけは辞めてほしい」ということでした。(私のことではないみたいで安心しました)

うん、わかるわかる!!

この気持ちは子供の頃、正に自分が感じていたことなのです。当時は「価値観」とか「押し付ける」なんてこと理解できなかったけど、母親に言われることが”グサリグサリ”と胸に突き刺さっていました。とっても嫌な気持ちになっていました。

思春期にでも入れば、これは反発心へと変わっていきます。
当事者だとわからないことも多いのですが、どんな時に・どんな事で価値観を押し付けているのでしょうか?

おともだちのこと

私が子供の頃、母に言われることで一番嫌だったのは「おともだち」のこと。
友達と楽しく遊んだあと帰宅すると

「あの子は目つきが良くないから一緒に遊ばない方がいい」とか

「あの子はみんなに嫌われているんでしょ?他の人と遊んだら?」とか

「あの子の兄弟は不良らしいよ。巻き込まれるといけないから一緒にいるのは辞めなさい」

極めつけは「あなたまで不良と思われるよ」

こういった感じでちょくちょく友達に関して口出しをされていました。
これが、ほんとに嫌で嫌でたまらなかったんです。

心の叫び
「ママには関係なーい」
「私の友達なんだから放っておいて」
「そんなに私のことが信用できないの?」

そうなんです。私は自分が選んだ友達を信じていました。
だから、ママは信じる子供が選んだのであれば、それを信じていれば良いのです。
自分が育てた子供、信じていればまっすぐに自立していくはずです。
幸い私は反抗することができなかったので心の叫びで終わりましたが、行動力のある子供だとすごい勢いで反抗してくるでしょう。

私の母が言っていることは全て彼女の価値観です。自分の価値観で憶測で注意しているのです。真実を知っているわけでも、調べたわけでもありません。
本人の生活が落ち着いていて、特にトラブルがない場合は黙って見守ってあげましょう。
子供には子供の付きあいがあるのです。広い心で受け入れてあげたいものですね。

 

園生活での取り組みについて

同じ年代の子供が集まって一つの暮らすが編成されるので、ママはついつい小さなことまで気になってしまいますね。

うちの子はどうしてぼ~っと突っ立っているの?
うちの子はどうしてみんなと一緒にお片付けできないの?
うちの子はどうして食べるのが遅いの?
うちの子はどうしてお帰りの準備がさっさとできないの?
うちの子はどうして・・がたくさんありませんか?

これって、言い換えれば○○ができなければいけない!!のです。親の、、大人の価値観ですよね。おそらく、まわりと比べた結果の「自分価値観」なのです。
子供には何かの理由があってできなかった・・・としたらどうなりますか?

たまたま今日だけ気分が向かなかった
たまたま今日は遊ぶことに没頭していた
たまたま嫌いな食べ物がたくさん入っていた

益々、自分の価値観を押し付けて子供を叱ることになります。
「うちの子はどうして○○ができてないの?」と思ったら、まずは原因を考えて下さい。原因を知った上で何等かの対処をしましょう。
決して、自分の価値観を押し付けることがないように気をつけたいものです。

 

勉強が始まったら

学力優秀だったママほど、学業への価値観を押し付ける場合が多いようです。

・テストの成績は○○点以上でなければいけない
・○○大会は一位でなければいけない
・お友達が塾を始めたからあなたも始めなさい

ありきたりのことに思えますが、これ意外にママが言っていることです。「○○でなければいけない」というのも価値観を押し付けることになりますね。
子供本人はそこを重視していないかも知れません。自分なりに精一杯頑張った結果だったかも知れません。
結果で何かを言うよりも、結果が出る前に一緒に取り組む姿勢が子供にとっては励みになると思います。

・目標を一緒に考える
・そこに向かう計画を立てる
・○○に対する考えを確認する

自分の価値観ではなく、子供のやる気を大切にしたいですね!

 

まとめ

私は子供が生まれた時、祖母からこんなことをアドバイスされました。

”赤ちゃんはママの分身ではないよ。
どんなに小さくても、一人の人間だということを忘れずに子育てしてね”

この言葉は新米ママの心にズズーンと響き渡りました。とても重い言葉であり、深い責任を感じたのです。

決して完璧ではなく、失敗から子供を傷つけたこともたくさんあります。でも、トラブル発生のたびにこの言葉を思い出すようにしています。
一人の人間として何をしなければいけないか?どう行動したら良いか?を考えるようにしています。ママの価値観ではなく、子供の自主性を大切にしていかなければいけませんね!




おすすめ記事


 - 子育てお役立ちコラム

  関連記事

子供の靴のサイズ
間違った方法で子供の靴選びをしていませんか?サイズが合わないと足の指が曲がってしまう危険性あり

小さな子供に靴を買う時、「すぐに履けなくなってしまうから…」と大きめな靴を買って …

子供の話を聞く事の重要性。子供との信頼関係は聞くことから始まる

子供にとって、親に話を聞いてもらうことはとても大切なことです。親子のコミュニケー …

「いつまで寝てるの!」子供がひとりで起きられるようにするには?

生活のリズムを整えるためにはやはり「早寝早起き」が大切ですよね。だけど、前の日早 …

ルール無視な親の行動が子供をマナーを守らない悪い子にしてしまう?

社会には「犯罪者」が多く存在しますが、その人たちも元を正せば「子供」だったわけで …

直したい子供の「人見知り」。社会性を育む方法を考えてみましょう

2才を過ぎる頃になると、激しい人見知りをする子供が出てきます。お買い物へ出かけて …

不規則な生活はこんな病気を引き起こす。確認したい子供の症状6点!!

小・中学校の実態に愕然とすること、保健室登校、不登校者が全体の1/3近くを占めて …

暑い夏休み、低予算で子供と一緒に遊ぶ方法まとめ

ながいながい夏休み。さらにここ数年、外の気温は異様なまでに上昇しています。 暑さ …

1歳のお祝い!一升餅のやり方と意味とは?

子どもが1歳になったら、自宅や飲食店などで家族が集まって一升餅のお祝いをします。 …

娘の子育て思春期
友達のような関係の親子に潜む危険性。娘は母親のコピーじゃありません

女の子はママにとっても「同性」なので、とにかく仲良しで、まるでお友達みたいな感覚 …

運動会シーズン到来!つい言ってしまう「頑張れ!」は子供には逆効果かもしれません

10月になると運動会を行なう幼稚園や小学校もたくさんあり、パパもママもおじいちゃ …