みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

駄々っ子な子どもに苦労していませんか?だだをこねるには理由があるんです!

      2016/08/15

cry_girlスーパーで「買ってかってー!泣」と駄々をこねている子どもを一度は見たことありますよね?

もしくは、今その駄々っ子と戦っている真っ最中かもしれませんね。子どもだから駄々をこねるのはしょうがない、そう思ってあきらめている方も多いのではないでしょうか。

ですが、駄々をこねる子供からしてみれば「理由」がちゃんとあるんです。今までたくさんの親子を見てきて駄々をこね続ける子どものお母さんたちに共通するのもを発見しました。そして駄々をこねない子を持つ親の対応にもやはり共通点がありました。

その共通点を知っていれば、駄々っ子の困ったさんをおりこうさんに変身させてあげることができるのではないでしょうか。

お互い気持ちよく過ごしていけるよう、まずは親から変身してみませんか?

どうしてだだをこねるのか考える

子どもがどうして駄々をこねるのか真剣に考えてみたことはありますか?我が子が、いつ・どんな時に駄々をこねるのか知っていますか?

「あぁ、また始まった・・」とうんざりしているだけのお母さんが多いと感じます。どうしてこんなにもぐずるのか・・考えてみてください。

駄々っ子のお母さんに多くみられるのは、「あやふやな対応」です。スーパーの例でいえば、前回はお菓子を買ってあげていたりするのです。

子どもは「駄々をこねたらお菓子を買ってもらえた。」そう学習しています。だから、駄々こねをやめなくなってしまうのです。

前回買ってもらえたんだから・・とびっくりするくらい続ける子もいるかと思います。そこで根気負けして買ってしまうと、次も駄々をこねることになるでしょう。

公園や遊びでのぐずりも同じことが言えます。それとは別に、ただただ駄々っ子になっている子もいますよね。

そういう子は、ちょっとでも駄々をこねれそうな理由を見つけると駄々っ子になります。これは「あれが欲しい」「もっとこうしたい」という欲求があるからではないことが多いです。

「もっとかまってほしい、甘えたい」そういったサインです。
赤ちゃん返りみたいなものです。

お母さんは忙しくて大変ではありますが、少しでもいいのでその子にママとの時間を作るように頑張ってみてくださいね。そうすることで結果、楽しく子育てできるようになると思います。

駄々をこねる子の対処法

一番の問題は駄々をこねられたときの対処法です。対処法の全体に言えることは「毅然とした態度を崩さない」ことです。

そしてまずは、子どもを落ち着かせます。「ぐずぐず泣いていてはなにを言いたいのか分からない。ちゃんと教えて?」ととにかくなだめることが先決です。

これは駄々をこねているうちに子どももなにがなんだか分からなくなってしまうことが多いからです。落ち着かせたうえで、きちんと話を聞いてあげます。

なにを言いたいのか分かっていても「これが欲しいんでしょ?ダメだって言ってるの!」なんて先回りしないで上げてください。欲しいもの、やりたいことがあるなら子どもに言わせないといけません。

そうしないと「やっぱり話を聞いてくれない!」と怒り始める原因にもなりますし、「これからも駄々をこねれば分かってくれるんだ」と間違った理解をしてしまいます。

うまく話をできない場合には、話がうまく進むよう誘導してあげてください。話を聞き、やはりそれは受け入れられないということが多いですよね。

そしたら、そこで初めて「できない」ということを伝えます。「できない」のには理由がありますよね。

なのでその理由を分かりやすい言葉で伝え、その上で「できない」と理解させてあげてください。始めのうちはうまくいかないかもしれませんが、繰り返していくうちに駄々をこねなくなっていきます。

根気が必要になりますが、ここは踏ん張りどころです。

「できないとき・できるとき」を理解してもらう

大人には普通に理解できることでも、子どもにとっては「矛盾」を感じることって多いものです。なんで昨日は公園で遊べたのに今日はダメなの?

どうしてこの前は4時まで遊べたのに今日はダメなの?
どうして?どうして?

もしもあなたが旦那さんや友人に理由も言われず、有無をも言わさずこのようなことをされたらどう思うでしょうか?どうして?・・って思いますよね。

子どもも同じなのです。ただ、それを上手く言葉にして伝えられないので駄々をこねるしかないのです。どうしたらいいのか、、答えは簡単です。

勝手に決めるのではなく、最初に説明してあげればいいのです。いつもは買わないお菓子を買うときには「今日は運動会頑張ったから特別に一つ選んでいいよ」とかです。

こうして説明しておけば、次回「買って!」と言われても「前回は特別だったよね?」と説明でき子どもも理解します。

といっても子どもですからすぐには引き下がらないかもしれませんがそれもしつけですから徐々に覚えてもらうしかありません。

私は公園に行って遊ばせるとき、時計の読めない我が子にも「今日は4時までだよ」と伝えていました。約束の時間になったら帰る、それだけ。

もし何かあって時間が早まったら子どもにすぐに伝えます。さっきは4時と言ったけど○○ということがあって3時半に帰らなきゃいけなくなったよ」

子どもは不満を言いますが、理由が分かっているのでそこまで駄々をこねるということはありませんでした。

そして大きくなるにつれて理由の意味をどんどん理解できるようになり、我慢もできるようになるのでとっても楽に育児ができました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「あやふや」にすることが一番子どもを惑わせてしまい駄々っ子を助長させてしまうので気を付けてくださいね。

そして、まだ分からない年齢でも優しく説明することで子どもは結構納得してくれるものです。大人と対等にとまではいいませんが、「子ども」ではなく「小さな人」として接していれば自然にできるようになります。

子育ては根気のいることだらけですが、いろんなところで息を抜きながら笑顔いっぱい育児を目指しましょうね。




おすすめ記事


 - おすすめ, 子育てお役立ちコラム, 未分類

  関連記事

暑い夏にご用心!子供の大敵「あせも」を防ぐ方法3つ

じめじめした梅雨が終わるとやってくる暑〜い夏!レジャーも楽しくてわくわくしますが …

子供パソコン注意点
小さな子供に自宅でパソコンを使わせる際の注意点。これだけは絶対に覚えておきたい3つのポイント!

小学校の指導要綱にパソコンが導入され、自宅では一家に1台・・・いえ1人1台パソコ …

叱るとき・怒るとき・注意するとき、上手に使い分けて怒りんぼママから素敵ママに大変身!

育児中は、叱る・怒る・注意、この3つを無意識に使っていると思います。ですが、無意 …

読書
子供の言語理解力やコミュニケーション力も高める「素話」を始めましょう!

「本を読む子」は就学後の学習においてもスムーズに勉強出来るので、読まない子に比べ …

赤ちゃんの「イタズラ」は怒っちゃダメ!?脳が育っているって本当?

赤ちゃんがハイハイ出来るようになり、歩けるようになり…と、だんだん行動範囲も広が …

親の行動が子供の好奇心を奪ってしまうかも?「無意識過保護」に要注意!

自分でいろいろ出来るようになる2〜3才ごろは、親としては心配な時期でもあるし、成 …

先輩ママの体験談<ピアノ>幼少期の習い事のメリット・デメリット。

成長が著しい幼少期にどんな習い事をさせるか悩む親御さんも多い中、常に人気の習い事 …

子どもの関節に湿疹が…!素早く治すには皮膚科に行くことが大切!

ふと気付くと、子どもの関節のところに湿疹ができていること、ありませんか? うちの …

幼稚園の選び方
幼稚園の選び方。園の強み(運動や音楽や芸術など)に注目しよう

子供が3歳になる頃、どこの幼稚園に通わせようかと考え始めますね。 幼稚園によって …

リビング勉強法
小学生の勉強場所はリビングが最適!リビング学習のススメ

子供が小学1年生になると、新しいピカピカのランドセルと一緒に新品の立派な学習机を …