みんなの子育てガイドブック

子育てに役立つコラムを掲載しています。

子育て中、片付かないお部屋にイライラしてませんか?気持ちがすっきりする「お片づけルール」をご紹介!

      2016/08/15

souji_kitanai_woman

育児中は片づけても片づけても部屋が驚くほど汚れますよね。
ですが、それは我慢しましょう。

なぜなら、親からするとただおもちゃを出しているだけに見えても、子どもにとってはそれが「勉強であり遊び」なのです。

私の子どもは、1~4歳くらいまでは毎日おもちゃを「全部」出していました。リビングだけでなく家じゅうおもちゃだらけになります。

それがとても嫌で、私は一日中ちょこちょこお片づけをしました。最初のうちはそれでなんとかなったのですが、何回も何回も繰り返しているとイライラしてきてしまうんですね。

親は完ぺきではなく、ただの人間ですから。。そして「遊ぶものだけ出して!!」と言うようになりました。

しかし先ほど書いたように、子どもにとってはポイポイすることも遊びですし、全部出したからこそアイデアも広がるんです。

そう反省し、「お片づけルール」を作ることにしたのです。
「お片づけルール」でイライラとも汚いお部屋ともさよならしちゃいましょう!

子どもが片づけやすい環境かどうか見直す。

今の「お片づけ」を見直してみましょう。まずは、誰がおもちゃをお片づけしていますか?まだ子供が小さいから・・と親が全部片づけをしてしまうのはよくありません。

それが当たり前になってしまい大きくなってもやらなくなってしまうからです。ですが、小さいうちから1人でやらせるなんて無理ですよね。

ですから、「一緒に片づけをする」から「子どもだけで片づけられる」へ導いてあげないといけません。そこで大事になってくるのが、子どもが片づけやすい環境かどうかですね。

「届かない、重い、決まりが多すぎる」という物理的なこともありますが、感情的な部分でも「怒られる、せかされる、目の前でやり直される」など様々なものがあります。

まずは、ここを見直さない限りできるようにはなりません。物理的に片づけにくい場合、大人だったら自分で環境を変えたり工夫したりすることができますが、子どもにはできません。
親が工夫している姿を見せることで子どももいずれできるようになるのです。

そして感情的な部分ですが、ここで特に注目していただきたいのは「目の前でやり直される」というところです。これを当たり前にやってしまっている方が多いように思います。

でもこれを仕事場に置き換えて想像してみてください。あなたがお片づけをした部下です。それを目の前でやり直される・・どういった気持ちになるでしょうか?

間違いを教えてくれるのならまだしも、こういったことが続けば「せっかく頑張ったのに、だったら最初から上司がやってくれたらいいのに」そう思いませんか?

この部下と上司の関係は、子どもと親の関係に似ています。子どもだって感情豊かな人間です。そのことを忘れないよう気を付けてあげましょう。

まずは、「なぜ片づけができないのか」と「なぜイライラしてしまうのか」を紙に書き出してみてください。すると頭の中もすっきり整理されどうしたらいいかも見えてくるはずです。

お片づけルールを決める「物理的なこと」

まず、おもちゃは子どもの手の届くところに置いておくのが理想です。遊びやすいですし、お片づけもしやすいですよね。

でも、収納場所的に無理があるときには、あまり遊ばないものや箱のものを上の方に置きます。

これと同じように、「よく遊ぶものを手前に・あまり遊ばないものほど奥へ」を基本に考えます。

一番大きな問題は、どれほど大まかに分類するかです。細かい分類が得意な子や好きな子もいるとは思いますが毎日のことなので大まかなほど片づけは楽になります。

我が家は、子どもが小学校に上がるまでは衣装ケース4つをおもちゃ箱にして4分類にしていました。それプラス衣装ケースの上に箱のおもちゃと大きなおもちゃを置いていました。

遊ぶ時には衣装ケースの中に入ったりテーブル代わりにしたりと、おもちゃ入れ自体でも楽しんでいました。一つ一つの衣装ケースの前面には分かりやすい分類の絵を書いて貼っておきます。

そしてお片づけの時には、最初に4つ並べて置きます。すると子どもが絵を見ながらおもちゃをどんどんポイポイ入れていけるんです。

お片づけが終わったら教えてね~と言って終わったら親が引き出しをケースにしまって褒めておしまいです。ここまでのポイントは「とにかく分類を少なくする」です。

次は、いつお片づけをするかですよね。
私はいろいろ試してみて、寝る前の一度だけにしました。

子どものお仕事は遊ぶこと。仕事道具を一日に何度も片づけては出すなんてしませんものね。ただ、ご飯の時にはすっきりとした場所で清潔に食べさせたかったのでテーブル周りのおもちゃを他に移動していました。

このとき、子どもが一生懸命並べる等した跡があるのに勝手にどかしてしまうのはご法度です!!声をかけどうしても今回はどかしたくないという場合にはご飯を別の場所で食べたり、今日だけと言えばいいと思います。

そして次回からごちゃごちゃにされたら困る仕事は別の場所でやるように言いましょう。

お片づけルールを決める「感情的なこと」

物理的なことはどうにかなっても難しいのが感情的なことです。どうしても細かめに分類したかったり、おもちゃを出す量を減らしてほしかったり・・いろいろあると思います。

どこまで許せる・我慢できるかは人によって違います。
日々の感情に任せてしまっていませんか?

それでは、子どももどこまで許されるのかいつ片づけるのか等分からないままです。
感情的なことは自分の中でお片づけルールを作ります。が、それだけだと忘れてしまいます。

なので必ず紙に書き、目につくところに貼ったり置いておくようにしましょう。そうすると、イライラ!っとしているときでも感情的に怒ったり普段と違うことを言わずに済みます。

しかしこれは「親は完璧でないといけない」というわけではありません。普段と違うことを言ったり、怒鳴ってしまたりしてしまうにきまっています。

それでいいのです、問題なのは頻度とその後の対応です。しまった・・と思ったら、子どもに謝る・紙を改めて読みなおし反省するなどすればいいのです。

それでも頻度の多い時には、お片づけルールを見つめなおし変えたっていいんです。

私も、親子だからとその関係に甘えすぎないことが大切だなっとつくづく感じる日々です。
この考えは大きくなっていく子どもにも通じるとても大切なことです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
イライラなんてしたくてしてるわけではないですよね。それを思うと、どうしてイライラするのか・じゃあどうしたらいいのかを考えた方がお得です。

できるだけ早い時期から「一緒に片づけをする」を実行することでお片づけは格段に楽になります。

感情的なところは最初は難しいかもしれませんが、これがスムーズにできるようになるとお片づけだけでなく子育てそのものがとっても楽しいものになります。

また、しっかりとルールを決めることで親はもちろん子どももお片づけがはかどるはずです。

お部屋も気持ちもすっきりする「お片づけルール」始めてみませんか?




おすすめ記事


 - おすすめ, 子育てお役立ちコラム, 未分類

  関連記事

親は思春期の女の子にどう接するのが正しいの?思春期の子供との付き合い方

女の子は早くて4年生頃から、平均して高学年のうちに思春期がやってきます。 親に向 …

フィンランドの教育
フィンランドに学ぶ北欧流子育て「長所を伸ばすのびのび教育」を見習いましょう

フィンランドでは子供の学力がとても高いということをご存知ですか? 先進国の中では …

英語を話せる子供に育てる為の教育法!英語教育は恥ずかしがり屋にならない事が大切です

英語が世界共通言語であるのはみなさん知っていると思いますが、日本の子供たちは、先 …

子供が喜ぶホットプレートを使った簡単アイデアレシピ

毎日の食事に、どれくらいの頻度でホットプレートを活用していますか? 大きな調理器 …

旭山動物園
夏休みは北海道旅行がオススメ!家族で楽しめる人気スポット6選

夏休みは風がからっとした北海道へ、遊びに出かけませんか? 北海道で美味しい物を食 …

「叩いちゃダメ!」は効果なし?友達に手が出てしまった時の対処法とは?

子供同士で遊んでいるとき、わが子がお友達を叩いてしまってビックリしてしまったこと …

失敗続きの主婦さん必見!「ストレスフリー」な節約術、ここに注目!

今年のシルバーウィークは長い連休を取れる方も多いので、お出かけを予定しているファ …

我が子を大学まで進学させたい…無理なく貯金するのはいつがベスト?

お子さんが産まれると、その子の将来を考えたり夢を見たり…親御さんの期待は膨らむで …

子供の育てたい「個性」は生後3年間で決まる!赤ちゃんにはいっぱい触れましょう

今は時代もグローバル化が進み、どんどん世界へ進出していく人たちが増えています。こ …

過保護の違い
子供への「過保護」と「過干渉」の違い、分かりますか?

子供を可愛いと思うあまり、つい「過保護」になったり「過干渉」になってしまったりし …